スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


1000000HIT御礼企画「HISTORY OF POO-MONO ver.2」。



さて、記念すべき大台に到達した今回のお馴染みアクセスキリ番御礼企画100回目は、
50回に一度しか出現しない超レア企画「当ブログの歴史」画像企画であります。

いやぁ、この数字までアクセスあったのに改めて自己紹介するのも変テコな感じですが、
当ブログの管理人である三十路・POOはデザイン業を生業にしておりまして。
デザインっても「エディトリアル」、いわゆる雑誌や本の紙媒体のデザイナーやってましてな。
そんな仕事柄、何かやれる事はないかのぅ?と思い立って始めたのが、
キリ番到達時の御礼独白記事のTOP画像の自作だったりした訳なんですな、コレが。
で、今回はその自作画像の一挙展示&解説などをやらせて頂こうかと思う訳で。
ver.1は50万HIT到達時にやったんですが、今回は51万からのTOP画像50枚に、
スペシャル2枚を追加した、当ブログの足跡を独り語りするという趣旨でして。
ま、当時の心境などを思い出しながらの懐古な企画ですが、よろしくお付き合い下さいませ。

続きを読む >>

990000HIT御礼企画「Macな壁紙」。



さてさて、連日連夜お届けしてますお馴染みのアクセスキリ番御礼企画99回目は、
直前の御礼独白「前」にインスピレーションを得まして、Macの壁紙21選をお届けします。
う?何でMacが前なの?というとですな、三十路がここまで前に進んでこれたのは
職業柄、という事もありますが愛機MacG3のおかげな訳でしてな。
雪豹じゃなくて未だにあのもっさい緑色?プププそれでプロのデザイナーってヤヴァくね?
と笑ったヤツはコラァァアッ!この三十路が全力でぶちのめ〜っスですDEATH!!!
弘法筆を選ばず、ということわざを知らんのかぁぁつ!あぁん!?
…この場合の弘法はG3で、腐れ三十路が筆だっうのはちょっと御内密に頼むわ(爆
何はともあれ、こっちの無茶な注文だな文句ひとつ言わずに時間は随分掛かるんだけど、
忠実に実行してくれる緑の相棒が居てくれたおかげで、今の三十路は在るのだよ。
100万を目前にしたこの晴れ舞台で、そんな愛機にも日の目を当ててやりたくてなぁ…
どや、感動するやろ?ごっつええ話やん(嘲

む、脱線脱線。
数は21枚と少な目ですが、×102と×1680の2サイズ御用意致しました。
よろしければ御笑納戴けると、ウチのG3も(文字通り草葉の陰で)喜んでくれるかと。

続きを読む >>

980000HIT御礼企画「光あれ」。

000.jpg

さてさてと、連日連夜お届けしてますお馴染みのアクセスキリ番御礼企画98回目は、
直前の御礼独白「在」にお題を戴きまして、全72枚の光ある風景壁紙特集をば。
在が光?という方に御説明すると、旧約聖書創世記の第一章第一節ですな。
神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
この世の初めに在ったものは光。
ここから引用意訳しまして光在る風景、いわゆる夜景をチョイスしたのが今回の特集で。
地に満ちる光こそ、人がそこに人で在るという存在の証。
貴方がただそこに居るだけで、どこかの誰かにはちゃんと光となって届いている。
人生は暗闇ではなく、ただ独りで過ごすものでもなく、重なり合った無数の存在が光となり、
確かにそこに在るんだ、と証明しているもんじゃないかと思うのですが、ね。

続きを読む >>

970000HIT御礼企画「OVER THE RAINBOW」。



さてさてと、連日連夜お届けしてますお馴染みのアクセスキリ番御礼企画97回目は、
直前の御礼独白「列」に乗っかりまして自然現象の列、すなわち「虹」壁紙特集を。
純粋に虹、ってなると準備してた画像が少なくて心許ない感じでしたので、
前半は自然の虹壁紙を固め打ち、後半は人工(デザイン的)の虹を数点織り交ぜで、
そしてファイナルには三十路がその人生で最強に悶絶した、空前絶後の虹壁紙を御用意。
全33枚の美の競演、日頃の生活における一服の潤いとしてぜひ御刮目あれ。

続きを読む >>

960000HIT御礼企画「全員集合」。



さてさって、連日連夜お届けしておりますお馴染みのアクセスキリ番御礼企画96回目は、
直前の独白御礼「陣」に着想を得ました、陣容な壁紙特集などを。
陣容?前回の団体さんと何が違うの?と言いますと、前回はお姉ちゃんな団体でしたが、
今回はアニメ・ゲーム系の団体さん、いわゆる二次ってヤツで固めてみましたよん。
まぁ三十路の趣味ですから、随分と偏った陣立てではあるんですがの(苦笑
あまり数は多くはありませんが、クオリティは厳選してみたつもりです。
何かしら良さ気なのが見つかるようでしたら、幸いでありまっス。

続きを読む >>

950000HIT御礼企画「団体さん、いらっしゃ〜い」。



さてと、連日連夜お届けしておりますお馴染みのアクセスキリ番御礼企画95回目は、
直前の御礼独白「皆」から題材を得た「みんな」な画像、要は団体さんな壁紙特集を開催。
で、ですな。三十路は聖人君子じゃねぇんだな、ホントただの助平オッサンなんだな。
最近はなんか真面目くさって良い子ちゃん的な画像セレクトばっかしてて、
正直ストレスが溜まりに溜まって自分の中の何かが怒髪天ですよ、エレクチオンですよ!
んだよ、ヤなんだよ、真面目ぶったこんなブログなんて味気無くてよぉおお!!!
っう訳で今回はなにかが解禁。箍が外れたってヤツだ、許せ皆の衆。
だから先んじて忠告っうか厳命しとくんで頼む、よく聞いてくれ。
何かが見えてても騒ぐなよ?絶対ぜったぁいに騒ぐなよぉおおおおおお!!!??(爆

続きを読む >>

940000HIT御礼企画「者ならざる者」。



さぁて、連日連夜お届けしておりますお馴染みのアクセスキリ番御礼企画94回目は、
直前の御礼独白「者」に則りまして者ならざる者、まだ誰にも者として確認されていない
いわゆる「UMO」の画像特集などとお届けいたそうかと思った次第で。
…うん苦しい、苦しいお題の絡め方だがそこは武士の情け、ツッコミ御免で頼む(苦笑
確認されていないのなら何故に画像を持ってるんだ、この腐れ三十路め!
そういう声も聞こえてきそうですが、まぁアレだ、気にすんな。
いくら人生が一炊の夢といえ、無駄と妄想がなけりゃ味気なくてつまらんじゃないか(爆
御紹介する画像群の前半はね、UMOというよりも突然変異体に近いのかなぁ。
本当に世の中に存在するモノ、実は存在していないモノ、そしてその境界線上にいるモノ。
この三者が入り乱れての登場と相成ります。ドレが本物で、ドレが偽物か?
そういった解釈は今回は割愛。どうぞ、空想と現実の境目を御堪能下さればと。
だってさぁ夢がないじゃん、いちいちバラすと(笑

続きを読む >>

930000HIT御礼企画「たたかうおねえさん」。



さてさて、連日連夜お届けしておりますお馴染みのアクセスキリ番御礼企画93回目は、
直前の独白テーマ「闘い」に題材を得まして、闘う(軍人)お姉さん画像特集などを。
今回は二部構成になってまして前半は軍属のお姉さん、後半は銃を持つお姉さんな感じ。
どちらも単独で開催するには画像が少なかったので合体させてみました。
しかしなんだろなぁ、最近の流行に便乗して「美人すぎる軍人」とかタイトルつけりゃぁ、
もそっと検索アクセスが稼げるような感じもするんだがどうかね?安易すぎ?
この文章を書いてる今、明け方の六時過ぎでさぁ、頭廻ってないんだよね。
頭がふにゃふにゃになってて、なんか思考がひらがなで限界、みたいなさ(苦笑
そんな状態でも思わず喝が入る、目が覚めるような美人さん揃えました。
どうぞ、心ゆくまで御鑑賞くださりませ。

過去の同系画像企画→【540000HIT御礼企画「世界各国の美人兵士&オバカ兵士」】

続きを読む >>

920000HIT御礼企画「つわもの絵巻」。



さて、連日お届けしております毎度お馴染みアクセスキリ番御礼企画92回目は、
直前の御礼独白テーマ「兵(つわもの)」に則りまして、つわものなイラスト壁紙特集なぞ。
「つわもの」っていう言葉の響きにはなんだろな、泥臭い汗まみれな印象を感じてさぁ、
「ファイター(fighte)」ってよりも「ウォリアー(warrior)」なイメージがしない?
いやいや兵士だから「ソルジャー(soldier)」だろ、この腐れ三十路!とか言うなよ?
だってもう「ウォリアー(warrior)」な画像ばっかで固めちゃったんだもん(笑
今回のオープニングTOP画像はつわもの中のつわもの、三十路狂愛の「コナン」でやんス。
冒頭数枚は海外の色んな画家が描いたつわものコナンが続きまして、
最後の大トリには、三十路の人生で最大の衝撃を喰らわされた「つわもの」が登場。
ですが、今回の白眉は実はソコじゃあこざいやせん。
ラスト2枚目に実に意外な「古つわもの」が見参。しっかしコレが実は色々ヤヴァくてですな。
誰かから一回でもツッコミが来たら即削除っう、チョー諸刃の剣。
熱烈なファンの人でも、おそらく日本ではほとんどお目に掛かった事のないであろう、
まさかのアイツの勇姿、保存しておくならどうぞお早めに。

続きを読む >>

910000HIT御礼企画「リアル・ハンティングpart.2」。



毎度恒例となりましたキリ番独白とセットでお届けするアクセスキリ番御礼企画91回目、
これまた三年振りの復活で写真で見る動物達の狩り、生きるためのリアルな現実企画を。
前回の該当企画時の前文をちょっと引用。

何時の間にやら、こういった血とか肉とかって汚いだとか刺激が強過ぎるとかって、
僕らの目の見えないトコロに追いやられてしまって、今では観る事すら許されません。
そうやって【リアルな生】を穢らわしいと断罪したこの時代、結局ナニが残ったか?
僕ら自身の生活とは、生き物の肉を喰い、血を流させる事の上で成り立っているのに。
隠された【リアルな死】が人として【生きる】という事をぼやかしている気がします。


うむ、なんぞ良いこと書いてんじゃねぇか俺も(爆

最近の諸々でなんだっけ、mixiでクマについて騒いでるって聞いたんだがホントなのか?
mixiはアカウント持ってるけどこのブログへのリンク貼った記事ひとつだけ載せて
もう三〜四年ログインしてない(するつもりもない)ので真偽の程は確かめてないけど
ホントにクマが可哀想だとか騒いでんだったら、マジで大莫迦だよなぁと。
現実にきちんと臨んでないよな、想像力が足らな過ぎるにも「ほど」ってもんがある。
真にクマを想うのなら、今すぐ死ね。
人間が捕食する訳でもない動物と平和共存なんて完全に不可能だ。
人間がそのテリトリーを広げるから追いやられる種族が存在する訳で、
裏を返すと、異種族を追いやって初めて人間が生活するエリアが確保出来る訳で。
クマが追いやられて可哀想だと想うなら、そう想う人間が自分のテリトリーを放棄しろ。
そうやってみんなが現実の世界から退場し、数を減少させて、
人間のテリトリーが縮小して初めて、クマのテリトリーがようやく復活する。
この道理、摂理も理解せずに可哀想だからで役場に電凸しまくるとかアホすぎる。
クマと人のテリトリーの境目、自分が其処にいないから出来るんだろうな。
クマと隣り合わせで生きる現実を知らず、それを欠片でも想像する能力に欠けている、
だから寝言が言えるんだろうと。非常に醜悪な思想だと思う。
どこまでお前等は上から目線やねん、と。
クマのためだ!と、現地の人間を大量虐殺でもしたらそこで初めて本物って認めるわ。
本物の平和共存主義者であり、本物のクマ愛好家であり、本物の基地外ってな。
それぐらいやってみろっての。なにがドングリ送ろう運動じゃ。死ねボケ。

見ろよ、動物を。
恨みもせず、恐れもせず、ただ目の前の生と向き合うひたむきな姿をよ。
可哀想だとか矮小で上位種族としての優越感に浸りきった腐った思想なぞ持たない、
ただ純粋に生きるためだけに生きてる姿をその目でがっしと見てみろってぇの。
人間には持ち得ない、真に美しい姿じゃねぇかなぁと思うんだけどさ。
残酷だとか思うヤツは、そう思うお前の手をただ自分で汚していないだけで、
本当は血塗れなのを忘れてしまって、現実に臨んでいないだけのただの愚か者だ。
動物の内奥する美しさの欠片も持ち合わせていない、ただの醜いケダモノだ。

前回の該当企画はこちら→【210000HIT御礼企画「リアル・ハンティング」】

続きを読む >>

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
  • デパートの屋上、少年、袋いっぱいのヌイグルミ。
    さち (04/24)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    POO (04/09)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    しば漬 (04/09)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    POO (03/25)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    藤白台 (03/25)
  • “知的障害者”は合法的に犯罪が許されるのだろうか。
    POO (11/23)
  • “知的障害者”は合法的に犯罪が許されるのだろうか。
    三段box (11/23)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    アキゴジ (11/06)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    POO (08/28)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    POO (08/28)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM