スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【ニッポン井戸端会議.11】「映画館の明日はコッチだ!銀幕起死回生への提言」。



ネットの井戸端会議から垣間見える、今この瞬間のニッポンに何が起こっているのか?
それらをなるべくわかりやすく編集してお伝えしようと始めた「ニッポン井戸端会議」企画。
過去全10回に渡りお届けしてから消息を絶ってましたが、二年ぶりに再開しようかなと。
もともと昨今でいう「2chまとめサイト」的な記事をやりたかっただけなんですがね。
しかしそれも二番煎じでつまらんなぁと、過去10回分は「社会に対する告発・弾劾」的側面、
正直ぶっちゃけると、オラオラなめた真似してたら吊るし上げるぞゴラァ!ってな怒りや義憤を
強く全面に押し出す編集ばかりになって、それに疲れたってのが休止の真相でして(苦笑

またもや不定期(正確には気が乗らない限り書かないw)というスタンスでの再開ですが、
過去10回分とは方向性をぐるん!と変えて、今までのようなただの問題提議に終わらせず、
『こんな問題があるらしい。ではそれをどうやって解決していけば皆幸せになるか?』
ってな、これからの日本の新しい方向性を模索・提言していく企画としてやっていこうかなと。
その時の怒りのままに筆を走らせ、解き放つだけ放ってポイするのは三十路で仕舞い。
四十路になった今年からは、じゃあどうすんだよ?ってトコを自分なりに掘り下げていって、
自分が生まれ育った日本社会に対する「責任と義務」を果たしていこうじゃないか!
こういう前向きな流れに変更していきたいなぁとは三十路の時から考えていたんだけど、
日々の雑事が煩わしくて予定してたコトを全然このブログに反映出来ていなくて。
まぁ焦らず慌てず、じっくりゆっくりと自分の言葉に責任を背負っていこうかと思う次第。
うむ。激情に身を焼いて吠え猛る、ただ熱いだけの三十路POOとはオサラバ、
四十路POOになった今年からは、困難をブチ壊して前に進む重機の如く邁進する所存。
いわばオトナになった新型POO、そのお披露目をこの企画からやってみせるZE!
む?こんな決意表明じみたコト書いてたら、ちょっと自分がカッコいい大人な感じがする(苦笑
いやぁ、まぁ、ねぇ?ぶっちゃけ逐一怒る気力というか若さが無くなっただけな気も。
最後に書いたのは38の時か。今になって思えば三十路ってまだまだパワーあったなぁ(爆

さてさて、長い前置きで申し訳なか。
今回再開するニッポン井戸端会議は「これからあるべき映画館の姿」を題材にしてみます。
POOは映画が好きで、まぁそれ自体はこのブログの至る所に書いてきたんだが、
好き!だけを吠えるなら、それはまだまだコドモじゃないかと。
好きならばこそ、その存在の未来に対して責任を背負える、もしくは背負う覚悟ってのが、
ホントの「大人」になるためには必要なんじゃないか?と思う訳でありましてな。
大好きな映画を上映する映画館という場所が、これからのニッポンにも必要とされる未来を
ネットの井戸端会議で集まった声の中から導き出してみよう、という試みです。
興味があれば是非、ご一読を。
続きを読む >>

【ニッポン井戸端会議.10】「お役人、冥府魔道に天下り」。



ネットの井戸端会議から垣間見える、今この瞬間のニッポンに何が起こっているのか?
それらをなるべくわかりやすく編集してお伝えする新シリーズも第十弾目に突入、
報道自体は丁度1ヶ月前、お盆休み直前っていう少し古いネタですが、
ど〜しても取り上げたくて、修羅場が一段落するこの時期まで引っ張ってしまいました。
冥府とは死後の世界・地獄の事で、魔道とは邪で人の歩むべき道ではないという意味。
死後の世界に天下り?はて、なんの事じゃろかい?
何の事か分かんないでしょ?もちろんPOOも我が目を疑った訳でしてなぁコレが。
昨日、民主党総裁選も終わり、管総理が続投となった日本の国政ですが、
ひっそりと(でもないなw)とんでもない迷走を続けているのが実情のようでして、
日本の行く末は一体どうなるんだろう?そんな不安を一層強めるかもしてない実態。
民主党政権というより、もはや国そのものが冥府に続く魔道を歩き始めているのかも…。
まさに地獄の沙汰も金次第、その裏側を垣間見る井戸端会議をどうぞ。

続きを読む >>

【ニッポン井戸端会議.9】「アウトブレイクを放置する、狂気の沙汰」。



ネットの井戸端会議から垣間見える、今この瞬間のニッポンに何が起こっているのか?
それらをなるべくわかりやすく編集してお伝えする新シリーズの第九弾目は、
以前にウチではもう書かない宣言した「宮崎県口蹄疫/アウトブレイク問題」を前言を撤回、
同じ日本に居て、地獄絵図が繰り広げられているのを座視したままではいかんと思い、
ようやく三十路も重い腰をあげて、記事にして残すべき問題だと考えを改めまして。
というのも今朝、口蹄疫関連のあるニュースを見て怒りの感情が瞬間沸騰、
さすがにそれだけはイカンだろ?と腑煮えくり返ると同時に、異様な恐怖を感じたからで。
ここまで来るとおかしいどうこういうレベルじゃない。狂ってる。

−疫学において、アウトブレイク (outbreak) は、ある限定された領域の中で感染症にかかった人間、またはその他の生物の小集団を指す分類語である。そのような集団は村などの区域内に隔離されることが多い。また、アウトブレイクは、国家もしくはいくつかの国家を含んだ地域内で流行している伝染病、あるいは世界的な病気の流行を示すパンデミック(汎発流行)のことも指す。


全世界の常識として、疫病や感染病が大流行のあげくにアウトブレイク化すると、
その飛び火を浴びないようにするために国家間の争い等は一旦棚上げにして全力で
必ずそのアウトブレイクを封鎖・鎮圧するのです。例え憎しみ合う国家同士であろうとも。
今、宮崎県で起きてる口蹄疫(牛や豚等の蹄が二つに分かれてる動物がかかる伝染病)も
凄まじい数に跳ね上がり収束する気配が見えず、完全にアウトブレイク化しています。
そのアウトブレイクを前に政府は何をしたか?その裏側を垣間見る井戸端会議をどうぞ。

続きを読む >>

【ニッポン井戸端会議.8】「出版業界に迫る滅亡のカウントダウン、雑誌の明日はどっちだ!?」。



ネットの井戸端会議から垣間見える、今この瞬間のニッポンに何が起こっているのか?
それらをなるべくわかりやすく編集してお伝えする新シリーズの第八弾目は、
「衰退する紙文化、破滅寸前の雑誌媒体」について取り上げてみようかと思います。
今一番ホットな井戸端会議のネタは民主党政権についての諸々一択だとは思うんですが、
んなもん、検察なり国税局なりが「結」を出すまでは論評の仕様も無いから今は放置。
んな事よりもだ、自分自身もフリーという立ち位置ながら、紙媒体…出版という業界には
現在進行形で携わっており、そっちの存亡の方が大事じゃわい!ってな感じで主題選択。
…と息巻いてみたのは良いが、やっぱ世間の興味は雑誌にはあんまり無い感じで、
該当ニューススレッドも仕事後に読もうとブクマして放置してたら、二日持たずにDAT落ち。
しかも総レス数が200行かないんでやんの。…ひでぇんじゃねぇかな、君ら(爆
真面目な話、ホントに今の雑誌媒体の衰退は危機的です。マジで滅亡寸前の恐竜気分。
エディトリアルデザイン(雑誌・紙媒体のデザイン)で喰ってる俺には他人事じゃねぇ…。
良いよ、良いよ、俺一人でも盛り上げてやんよ!ってな事で、今回は特別編集版。
2chのスレを纏めてるのはいつもの手法ですが、文中に入る緑字のツッコミはPOOです。
業界に片足だけ突っ込んでいるPOOが、噂やテンプレ的質問にガチで答えてます。
えぇ、この腐れ三十路が久々にチョー本気になって内情を暴露しまくりです(笑
諸君等の愛してくれた雑誌は死んだ!何故だ!?その裏側を垣間見る井戸端会議をどうぞ。

続きを読む >>

【ニッポン井戸端会議.7】「拉致被害者なぞ知らぬわ!亡国の死刑宣告」。



ネットの井戸端会議から垣間見える、今この瞬間のニッポンに何が起こっているのか?
それらをなるべくわかりやすく編集してお伝えする新シリーズの第七弾目は、
「民主党が遂に北朝鮮による拉致被害者を見捨てた」ことについて取り上げようかと。
…こいつら、ホントになんなんだ?
呆れたいんだけど呆れてる場合じゃないんで仕事の合間を縫って、
とにかく今の日本の本当に危機的状況をしっかりと皆様方にお伝えしようかと思います。
日本政府が日本人を遂に見捨てた、その裏側を垣間見る井戸端会議をどうぞ。

続きを読む >>

【ニッポン井戸端会議.6】「天皇陛下を中国に売り飛ばした男、小沢一郎」。



ネットの井戸端会議から垣間見える、今この瞬間のニッポンに何が起こっているのか?
それらをなるべくわかりやすく編集してお伝えする新シリーズの第六弾目は、
「天皇を政治的利用する民主党」について、是が非にでも取り上げねばなるまいと。
これはいかん。マジにこれだけはやっちゃいかん。
ここまできたらもう「民主憎し」とか「中国嫌い」とかそういうレベルの話じゃねぇ、
「売国」なんて可愛いレベルでもねぇぞ、「解国」とか「潰国」とかの致命的問題だっうの。
小沢が600人も引き連れて中国詣でをした席で何か売ってくるんじゃねぇか?と勘ぐったが、
まさかもまさか、『天皇陛下』を中国に売り飛ばしてくるとは思いもしなんだわッ!
もうね、なんか声が出ん。
が、この問題は日本の土台を揺るがすので、声を大にして取り上げねばならん。
皇室外交の在り方そのものを揺るがす謀略、その裏側を垣間見る井戸端会議をどうぞ。

続きを読む >>

【ニッポン井戸端会議.5】「何がクニだよ、クンニしろオラァァァ」。



ネットの井戸端会議から垣間見える、今この瞬間のニッポンに何が起こっているのか?
それらをなるべくわかりやすく編集してお伝えする新シリーズの第五弾目は、
「鳩山総理大臣、究極の失言」について取り上げてみようかなと。
ま、これまでの流れでこのブログの管理人が民主党政権にむかっ腹立まくりなのは
読んでいる皆様方にでも一目瞭然かと思うのですが、正直にいうとですね、
それでもまだその辺の話題に触りたくなかった、というのが本音で。
…政権の致命傷が暴かれて、もっともっと泥沼になった時にようやく重い腰をあげて、
塩を傷口に擦り込む様に、市中引き回しの上打ち首獄門的に残酷に糾弾したかった(苦笑
そのためにはまだベストタイミングを虎視眈々と狙っていたんですが、
少年漫画誌に発禁用語を堂々と掲載するよりも、遙かに強烈な失言が飛び出したので
このタイミングで一度、軽めに糾弾してみようかというのが今回の記事の趣旨で。
事前に振り分けられた出来レースの仕分け事業なんぞに誤魔化されて、
この期に及んで民主党を支持するヤツの気が知れん。
お前が支持する政党の党首であり総理大臣は、こんなにもバカなんだぜ?
そのバカを支持してるヤツは、同じように、いや、それよりも遙かにバカだと認定させてくれ。

続きを読む >>

【ニッポン井戸端会議.4】「リニア、牙を剥く地方のエゴ」。



ネットの井戸端会議から垣間見える、今この瞬間のニッポンに何が起こっているのか?
それらをなるべくわかりやすく編集してお伝えする新シリーズの第四弾目は、
「リニア中央新幹線・長野ルート騒動」を取り上げてみたいなと思います。
ちょくちょく話題になっていたこの問題、実は前々から扱ってみたかったんだよね…
と思っていた矢先に、思わず飲んでたコーヒー吹き出してしまうほどの続報ニュースが
飛び込んで来たのでタイムリーとばかりに記事を仕立て上げる事にしました。
橋や高速道路を整備し鉄道や空港を誘致する、いわゆる「土建屋政治」というスタイルが
長らく日本の経済成長を支えてきたのは、まぎれもない事実ではあります。
が、しかし。この急激な時代の転換期にそのままのスタイルが有効なのかどうか?
いつまでも「オラが町が栄えれば…」という思考では問題があるんじゃないだろうか?
その絶好のモデルケースが、長野を通過するリニアルート選定問題かと。
一億総中流時代などという幻想は破れさった今、誰もが富めるというのは叶わぬ夢。
それでも富を追い求め他人を蹴落とし、自分達さえ、自分達の町さえ富めば良い…
そのエゴが捨てないと、いつか自分たちのクビを自分たちで締め上げる事になりそうで。
日本を変えるターニングポイント、それが案外このリニア問題の様な気がします。
地方のエゴイズム、その醜くも滑稽な姿を垣間見る井戸端会議をどうぞ。

続きを読む >>

【ニッポン井戸端会議.3】「法を守らぬ、法の番人」。



一見では自分に関係が無い…そう思っているニュースの裏側に潜む点と点を結ぶと、
実はとんでもないレベルで自分の生活に直結していて、まるで他人事ではないという事実。
ネットの井戸端会議から垣間見える、今この瞬間に何が起こっているのか?
それをなるべくわかりやすくお伝えする新シリーズ、第三弾目の今回は「法律」について。
国籍・移民問題、という直接は自分たちとは関係のないニュースに見えますが、
この事によって起こり得るだろう事態を想定すると、ガチで身震いするほどの危険性大。
案の定、テレビや新聞では表面しかサラッと触れずに流して、もう埋没してしまってますが、
ここで声を大にして喧伝しておかないと、【法律が貴方を守らない】という未来が…。
そして何より、日本が法で人を治めるという法治国家で有ることを止めてしまった、という
非常にショッキングで有り得ない事態に陥っているという証でもあります。
記事内では専門的な難しい単語ばかり並びますが、なるたけ意味が伝わるような
レスの編集を心掛けたのでぜひ、頑張ってお読みいただければ幸いです。
たった一人の感情や思想で、法律という国の根幹を守るモノを崩せば、まさに無法状態。
今の日本、この瞬間の日本に何が起こっているのか?
明日は我が身、そうなる前に知っておけるだけの事を知っておく必要性を感じてもらえれば。
では無法国家・ニッポンの現状を語る井戸端会議、どうぞ。

続きを読む >>

【ニッポン井戸端会議.2】「児ポ法という鬼門に蠢く、魑魅魍魎」。



前回の【ニッポン井戸端会議.1】「世界恐慌前夜、売国奴の暗躍」が概ね好評だったようで
日本のこれからについて考えるきっかけをもういっちょ、という事で第二弾記事を。
今回のテーマとして取り上げるのは、ウチでは初めてじゃないかな?
「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」、
いわゆる児ポ法についての2ch井戸端会議を編集してみました。
この法案、超『鬼門』に近いんで何かと恐ろしくて今まで扱ってなかったんですが、
ロリコンポルノ禁止〜!!子供を大事にしよ〜!!とかっていう単純なモノじゃないんですよね。
下手すりゃ国という概念が吹っ飛ぶくらいの超弩級地雷爆弾に近い代物でして。
その辺の背景や、法案を巡って策動を続ける魑魅魍魎の姿を暴き出してみたいなぁと。
ま、しょせんはネットの井戸端会議なのであまり鵜呑みにしないように。
真実を見抜く事を放棄して他人まかせにすると、それは危険で厄介な目に遭いますぜ?

続きを読む >>

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM