スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


8度目の開催、おばかでゆる〜い初笑い「VOWなニッポン」。



当ブログのお正月恒例VOW画像展示会が、2年ぶりに帰って参りました!
なんぞそれ?という初見の方に、改めて主旨説明しますと、
決して爆笑はできないが、なんとなく吹き出してしまいそうになる…
そんなユル〜い笑いを御提供するという、おバカ画像大集合企画でありまっス。
VOW(Voice Of Wonderland)という、昔々にそんな雑誌がありまして、
加工無し・作り無し、あるがままにして、なんともおかしい現実世界の妙、
それを集めて、ぷっクスクスとささやかに笑う、という理念をPOOが継ぎまして、
「笑う門には福来る」というコトワザにもありますように、
お正月な時期に、一年かけて集めたバカ画像を大編集してお届けする。
そんな、1年にたった1度だけ開催する、画像展示企画という訳でございまっス。

昨年、楽しみにお待ち頂いていた方には御無沙汰しておりました。
いやぁ〜、去年は年越し→正月とインフルエンザにヤラれておりまして。
諸々のスケジュールが狂ったまま、このブログの更新も覚束なかったのですが、
今年も正月早々風邪ひいてましたが何とか復活、まぁやるか、と。
2年分のVOW画像ストックから、より選りの精鋭たちを掻き集めてきました。
なもんですから、昨年度の欠番はぜひ御容赦いただければと。

9年連続・8度目の開催となる今年は、2013年度版200枚のVOW画像を超える、
当ブログ史上最大点数となる205枚のバカ画像を御用意。
新春のこの時期、まぁ初笑いは済ませた方も多いのではないかと思いますが、
ゆるゆると、のんびり心をほぐせる時間を御提供いたしますので、
どうぞお時間の許す限り、にやにやしていってもらえれば幸いでありまっス。
では本年も皆様方に、福、多からんことを。

 
続きを読む >>

【開設7周年御礼企画】POO-MONO SHORT FILM FESTIVAL。


当ブログ「POO MONOLOGUE」が今年の6月で何と満7歳を迎える事が出来ました。
ひとえに読者皆様の生温〜い御愛顧のおかげと管理人POO、感謝感激でありまっス。
今回は7年間も、よくもこんなつまらぬ書き殴りを御訪問いただいた御礼として、
POOが開設時から密かにコツコツと蒐集していた秘蔵の動画群を一挙にご紹介して、
皆様の良きお暇潰し、ちょっとした心の潤い、毎日の生活の手慰みになればと。
動画といっても日頃の言動から想像出来るエッチィのではなくスマンコ(オヤジギャグ

今回はいわゆる<ショートフィルム>、数分から10分程度で完結する短編映画をご用意。
管理人は映画が好きなもんでして、ブログ開設当初からいつかは紹介しようと、
YOUTUBEでサクッと観られる、かつ、ちょっコレ金払っていいんじゃね?というレベルの、
ショートフィルムをこつこつブックマークし続け、その中からさらに厳選した50作品を。
動画紹介の前に少しだけ、POOによる御案内の前文を挿入しながらの紹介になります。
「グロ注意」や「ホラー注意」、「R18」などの主観による要注意項目も併記済み、
その但し書きと分数の表記を目安に、好みのフィルムを探していただければと思いまっス。

いやぁ、この企画、去年ぐらいから構想だけはしていて、ホントは7周年を迎えた6月末か、
遅くとも夏休みには出そううと思ってたんですが、遅くなってスマンコ(大事な事なので2回ry
その分、厳選に厳選を重ねた作品を御準備。ちょっとマジ期待してくれていいんだぜ?
作品によっては英語による会話部分もあったりしますが、会話の意味がわからなくても
ストーリーの意味はちゃんと分かるものだけに絞りましたので、純日本人でも安心。
あと、セル画・クレイ・3D・CGの如何に問わず、アニメーション映画は一切省きました。
そっちはそっちで今回紹介する50作品と同等数以上のブックマークがありますんで、
ブログ記事スペース的にも限界、載せられずという結果になりました。スマンでやんス。
本記事に反響があれば、アニメ部門として近いうちにもう一度開催してもいいんですが、
特に反応が無いようであれば、また数年間は寝かせようかと考えております。
ま、そこはね、ただ並べるだけの簡単に終われる作業でもないんで、御了承下さい。

では相変わらずグダグダと前振りが長くなってしまいましたが、まぁそこはホレ。
7年間も変わらない、POO-MONOの長所(と短所は紙一重w)で見逃してチョンマゲ。
映画はねぇ、短かろうが長かろうが、やっぱ良いモノっスよ。
秋の夜長を迎えたこの季節、どうぞお暇な時にでもじっくり愉しんでいただければ。
続きを読む >>

【2013早春ver】「死ぬ程ではないが結構洒落にならない怖い話」私的選集。


当ブログでは「正月:初笑い/VOW画像特集」「年末:心の大掃除泣けるコピペ特集」など、
毎年決まった時期に行う恒例企画みたいな特集記事が幾つかあるんですが、
その一角を担ってる企画に、お盆時期にだけ開催する「怖いコピペ特集」ってのがあって。
だがこれがズレにずれ込んで、2011年度版は真冬のど真ん中に開催、
2012年度版に至っては影も形も見当たらないという、なんともなぁ…みたいな展開で。
いやぁ〜参ったなぁどうすっかなぁ…冬にまたやろうと思ったけど、もう春だよ…
いかん、これじゃいかんぞPOO君!君がホラー好きだというのは口だけかね!?えぇ!!?
映画のレビューも結構だが、君の本分はソコでは無いハズだ!!
君のチョイスを愉しみに待っているかもしれない読者の気持ちはどうなるんだッ!!!
去年の秋頃から四十路の脳内では、こんな窓際族POOとモーレツ社長めいた人物との、
日々叱責される妄想劇に絶賛取り憑かれ中だったりするんだなぁ、マジ(病気
今月は来週辺りから忙しくなるスケジュールが見えて、多分更新が止まる感じなんで、
今のうちに自分の脳内御祓いを兼ねて、春だけど怖い話大会やっちゃいますか!と奮発。
いやぁお待たせしました、2年越しの「怖いコピペ」企画の復活でございまっス。

いちおうですな、毎回怖いコピペをPOOが決めたテーマに沿って蒐集しておりまして、
上記、過去3企画については09年度は初心者編「結局一番怖いのは人間だよね」が主題。
10年度は中級者編として「…でも人間以上に怖い何かってヤッパいるよね?」が主題。
11年度は上級者・入門編として「彼岸(異界)と此岸(現実世界)の境目」を主題に。
で、遅れに遅れた12年度版の今回は引き続き、上級者・入門編ver2として、
彼岸と此岸が入り乱れ、そこかしこに恐怖が潜み棲む「逢魔ヶ時」を主題にし13話構成。
話数が少なくなってきてるのは、一話あたりの行数が長くなってきてるからで。
サクッと流し読みしたい人は過去企画の方がオススメかもです。

オカルト好きな人ってのは恐怖の正体について、各自の見解を持ちたがるんですが、
POO的には極一部の例外を除き彼奴らは基本、己のテリトリーから動けないと仮説してて。
自分の力が及ぶ範囲に留まる傾向があると睨んでるんですな、ひらた〜く解説すると。
いや、その領界を越えて動く場合もあるんですよ?逆鱗に触れた場合とか。
でも基本的には自分の動く範囲を自ら好んで律してる節があるんじゃないかと思うのです。
普段なら其処は異界であり鬼門の向こう側、人間風情が行こうとして往ける領域じゃない。
ないハズだけど、その境目が揺らぐ瞬間ってのが必ずあったりする。
逢わないはずのモノと出逢ってしまったり、居ないはずのモノを視てしまったりする瞬間。
その瞬間、世界の境目が揺らぐ時間を昔から人間は「逢魔ヶ時」と呼び恐れてきたのです。
人間と彼奴らの世界の境目が歪んだ時の話を、主に蒐集してお披露目。
知らず知らずのうちに彼岸の領域に踏み込んでしまった恐怖を、どうぞ御堪能くだされ…。
続きを読む >>

おばかでゆる〜い初笑い、7度目の推参「VOWなニッポン」。


当ブログお正月恒例VOW画像展示会が今年も推参、7年目と相成りましたっスYO!
なんぞそれ?という、お初にお目にかかる方に改めて御説明するとですな、
決して爆笑できる訳ではないが、なんとなく吹き出すユル〜イ笑いを提供するという、
そんなVOW(Voice Of Wonderland)な画像大集合企画なのであります。
「笑う門には福来る」ということでお正月気分の今、ぷふふと笑って戴こうという、
新年のこの時期にしか開催しない、まぁ縁起物企画ってな訳でありまして。

いやぁ、しかし何だな。
何故この企画だけがブログ開設時から一度も途切れる事がない常連企画なのか。
今年も正月進行の修羅場がつい昨日、下版した返す刀で夜通し選定作業しててさぁ、
眠いんだけど寝ずにしこしこ作業しながら、ふと自問してみたんっスよ。
あれだね、単純に人が笑ってんの、見るの好きなんだよね俺が。
辛い哀しいよりは楽しい方がいいじゃん!しかも正月の間だけなら余計にSA!
ってな、なんか訳の分からん使命感でこの企画だけは途切れた事が無いっていうね。
昨年色々あった人も、今年色々ありそうな人も、まぁ今は全部忘れてさ。
緩く穏やかな、この新年のひと時ぐらいはのんびり心をほぐそうじゃないのって。

てな訳で、今年はオイラも頑張ってみました。
7年目となります今回は、企画史上最大数200枚のVOW画像をアップロード完了。
あなたの初笑いに貢献できるよう、スタンバっておりまっスル!!!
どうぞお時間の許す限り、爆笑じゃないけどゆる〜く笑えるひと時を御堪能下さい。

続きを読む >>

【2012年度ver】泣けるコピペ─私的30傑。


さぁて当ブログ年の瀬恒例行事、今年もやって参りましたっス。
年末の大掃除は何も家ん中や車だけじゃあない、心の大掃除も済ませないとNE!

泣く、という行為は精神衛生上、非常に意味のある事。
人が泣く時には、免疫系に悪影響を与える不安や不快感などのストレスを
和らげる物質が体内で分泌され、その分泌物と一緒にストレス原因になっている悪物質を、
涙が道連れにして体内に排出してくれるのです。
さらには涙を流す行為は、歪んだ体内機能をリセットして正常状態に戻す効果も。
泣いたらスッキリする、ってのはそういうことなんですな。

んなコト言われても、大人になったらあんま人前で泣けなくなっちゃうじゃないっスか?
じゃぁ強制的に泣く機会を作ろう、ってコトで始めたこの企画ももう五回目。
年に一度、この年末にだけしかやらない企画なので、なんだかんだと五年目になりまして。
この一年間で知らず知らずのうちに、心に積もり溜まったゴミを一気に洗い流す…
スッキリしたら新年から気分一新、また頑張っていただこう!とそんな、心の大掃除企画。
今年も頑張って、ガッツリ泣いていただけそうなコピペをネット中から掻き集めてきたっス。
前回同様、コピペタイトルだけは管理人がつけて、ぺタリ。
テキストBOXの関係上、若干改行している箇所もありますが、なにとぞ御容赦下さい。

さてさて、2012年の心の大掃除のお時間。
ティッシュにハンカチ、バスタオル等を山盛りで御準備の上、先にお進み下さいませ。

続きを読む >>

【2012年度ver】私的CMアワード・日本&海外50傑。


映像や音声などで製作された商業用の広告、CM(コマーシャルメッセージ)。
元は商業全般においての広告を差したそうだが、今ではTV・ラジオでの放送を意味する。
今回は年末特別企画と称しまして今年、三十路が観た数々のCMの中から、
洋の東西を問わず面白かったもの50作品をUPし、勝手に表彰しちゃうぜ祭りを開催。

CMってのは、日本じゃ最低15秒の放送時間枠みたいなのを企業が購入して、
限られた時間で自社の商品や方針なんかをアピールするもので、それは海外も同じ。
その極々短い時間の中で、いかに効果的にメッセージを伝える事が出来るか?と
それはそれは知恵を絞って、今なお進化し続けている訳でして。
最近はケーブルTVなどの放送局も増え、長いと3分とかのロングバージョンもあったり、
CG等の新制作手法も普及したため昔に比べれば、実に表現の幅が広がってきて。
もうね、アレだね、ショートショートな映画みたいなもんだよね。
ホント、凄いヤツは映画館に掛けてもいいんじゃねぇか!?ってな素晴らしい出来で。
三十路が今年一年で受けた衝撃や感動をぜひ、皆様と共に分かち合いたいと当企画発動。

去年の夏に書いた(【アナログな夏】参照)が、三十路宅には実はTVが無くてな。
初めのうちこそ、あるべきモノがないという事態に落ち着かなかったりもしてたんだが、
今じゃすっかり慣れてしまったもので、ニュースはほとんどネットから収集して、
どうしても気になれば新聞をコンビニで買ったりする、みたいな感じの生活をしてましての。
え?じゃCMなんてまったく見る機会が無いんじゃない?なのにCM特集企画?
そんな疑問を当然のように持たれると思うのですが、まったくの逆。
今はネットの方が面白い、優れたCMってのは速攻で拡散されるんで昔より観てる(苦笑

2012年度版と銘打ちましたが正直に吐くとこの企画、去年末にやろうと思ってたので、
二年越しの開催になるんでちょっと古い、もう観たコトあるわーそれー的な場合もあるかと。
そこんトコはひとつ、見逃していただければ幸い。
海外CMは言葉が分からない部分もあるかと思うので、それぞれのCMに解説や論評、
という名の好き勝手なレビュー(笑)を差し込みながら、お届けして参りたいと思いまっス。

だいぶ前口上が長くなってきましたので、さっそく参りましょうかね。
え?それは毎度のコトじゃねぇかって?
いいんだよ、二年越しで温めていた企画なんで前文もロングバージョン進化ってコトで(爆

続きを読む >>

初笑いに誘う刺客、6度目の参上「VOWなニッポン」。



当ブログお正月恒例VOW画像展示会が二年ぶり、6度目の参上に来ましたっス!
なんぞそれ?という、お初にお目にかかる方に改めて御説明するとですな、
決して爆笑できる訳ではないが、なんとなく吹き出すユル〜イ笑いを提供するという、
そんなVOW(Voice Of Wonderland)な画像大集合企画なのであります。
正月に笑うのが良いのは、「笑う門には福来る」から来歴するという、
なんとも日本人的な慣習で、それを当ブログでは画像で笑って戴こうという訳。

いやぁ〜、この企画がこのブログで今まで数々行ってきた特別展示企画の最年長という、
意外と殊勲賞で光栄なんだが、管理人がただヒマなだけなのか?という気も(笑
しかし習慣って怖いものでしてなぁ。年末に泣けるコピペ企画を編集しながら、
別のウインドウでは笑わす画像探しをするっう、そんなカオスな行為が毎年当たり前に。
その光景をお見せする方がよっぽど笑いが取れるんじゃないかと思うのだが(苦笑

ま、人生色んな事もあるだろうけど正月ぐらいは笑おうぜ?
てな訳で6回目の開催になる今年は、全140枚のVOW画像がスタンバイ完了っス!
爆笑ではないけれど、思わず含み笑い。そんなゆる〜い時間を御堪能くだされ。
続きを読む >>

クリスマス限定ショートムービー12種・詰め合わせギフト。


2011年のクリスマスは、金・土・日の週末3連休という、
ある意味で喪男殺しの凄まじい日程でしたが、皆様方はいかがお過ごしだったでしょうか?
喪男なPOOは生き地獄だったか?といえば毎年恒例の年末進行で、
ここ一週間ほどは毎日9時10時まで仕事して気を失うように寝て、夕方起きてまた仕事、
出掛ける隙もあったもんじゃねぇという、あんまクリスマス気分を味わう状況では無く。
なので案外精神的ダメージが少なかったりするという。コレを喜んでいいのかどうか(苦笑
まぁさすがにね?クリスマス気分をまったく味わえないまま終わるのもアレな感じなので、
3連休最終日のクリスマス当日に、こんな企画を用意してみました。
クリスマスにフォーカスした世界各地のショートムービー&CM12種詰め合わせギフト。
壁紙企画は毎年開催するんですが今年はこちらが本番。むふふ、満を持して公開するぜ!
独り者で寂しかった人、恋人や家族でワイワイ過ごせた人、仕事してた人、寝てた人、
悲喜こもごも色んな過ごし方をしただろうけど、ま、メリークリスマスだぜって事で。
続きを読む >>

泣けるコピペ−私的三十傑。



今年は公私問わず色んな事がありました。
皆様方におかれましても、ホント激動の一年だったんじゃないかと。
大人になってつくづく思うのは、大変なのにも関わらず「泣けない」んだよなぁ、意外と。
良い歳こいて泣いてるのが恥ずかしいとかそういうのもね、多少はあるんだけど、
堪えるんだよなぁ、その時その時の局面がどれだけ酷かろうと。
それを逞しくなったと捉えるか、素直に感情が表に出せなくなったと捉えるか。
その辺は一概にはどっちがどうとかは言えないけども、まぁ大人なんてそんなもんで。
ただそういうのは精神衛生上良くない。異議アリですよ、えぇ。
泣くってのは積もりに積もった心のストレス開放行為であり、いわば心の大掃除な訳。
もう年末だしね。部屋ばっかじゃなく、心も大掃除してみないか?

という訳で二年ぶりに帰って参りましたぜぃ、当ブログ年末恒例の定番企画、
ネット上から掻き集め、さらに三十路が厳選に厳選を重ねた「泣けるコピペ」傑作集。
もうね、二年ぶりっう事で超気合い入りまくりのセレクトでっスよ。
泣かす。絶対泣かす。もうね、二年分ぐらいまとめて泣かしたるぜオラオラァ!
ティッシュは箱ごと準備必須、ハンカチ?んなもん足りるかバスタオル持ってこんか〜い!!!
続きを読む >>

【2011冬ver】「死ぬほど…ではないが洒落にならない怖い話」私的選集。


今年は色々と忙しさにかまけブログをさぼっていたので、
毎年恒例の企画記事モノのほとんどやれないまま、こんな年の瀬になってしまいまして。
さすがにもう寒い時期なんで、いまさら納涼壁紙特集とかやれないんだが、
コレはやってもいいんじゃね?いやいや、むしろやらねばいかんだろう!って企画が、
当ブログお盆恒例の「怖い話コピペ」大会。
いやぁ、オカルターを自認する三十路としてはこの企画だけはマジ外せないっていうか、
実はシンプルテキストに準備までしてて、放置しっぱなしだったという(苦笑
なもんで更新再開の狼煙として、怖いコピペ私的選集2012年度版を今回はお届け。

過去に二度、この怖い話コピペ企画はやった事があるんですが、
09年度版は初級編ということで「結局一番怖いのは人間だよね」が主題で、
10年度版では中級編として「でも人間以上に怖い何かってヤッパいるよね?」が主題で。
そして三度目の開催となる今回は、まぁ皆も慣れてきたんだろうで上級編に突入、
「彼岸と此岸の境目」をモチーフとして選集してみました。
人間じゃない、現実じゃない、でも何処かと繋がっている何か、という境界線上での怖い話。
どっちがどっちだが分からない異質な空間・場所に、遂に何かの姿が浮かび上がる…。
そんな選集を心掛けてみました。
過去の二回を読んでない方、一応こちらの計算では順建てになっているんで、
ぜひ上のブログ内リンクから飛んで、09年→10年と読んできてもらってからお愉しみを。

この世とあの世の境目。
太陽が照らし人間が活動する時間と、闇夜が包み何かが活動する時間。
その境を日本では古来より「逢魔が時」と呼んで、人ならざる魔と遭遇するとしてきました。
今回の企画を読んだら、もしかしてあなたも何かと遭遇してしまうかもしれません。
それは向こう側から来た何かなのか、向こう側に行こうとしてる人間なのか。
それとも一度向こう側に行って戻ってきた、何かなのか人間なのかも分からないモノに…。
ほら、今この瞬間にもあなたの後ろから覗き込んでるかもしれませんぜ?
続きを読む >>

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM