<< 770000HIT御礼企画「にっぽんDAMEEEEEEEEEE!!!」。 | main | 780000HIT御礼。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【超極秘機密】ゴジラ、2012年復活。



コレを公開したら俺はある筋から抹殺されてしまうかもしれん。
しかし、だ!
物心付いた時から、骨の髄からメカよりも怪獣だろテメェ!な三十路は敢えて公表。
このブログの更新が途絶えたら、俺はハリウッドに消されたと思ってくれぃ!!!

あのキング・オブ・モンスター「ゴジラ」が2012年に3D映画としてハリウッドで復活する。
…え?そんなニュースは春の時点で知ってたってか?
いいや、肝心なのはソコじゃねぇんだよ!
今回入手したのはだな、

2012年版ゴジラデザイン動画

なんだよぉおお!!!!!
ヤヴェぇよ、ホントやう゛ぇよ、今回のゴジラはちょ〜カックイイィィッィ!!
もうただのティラノサウルスじゃねぇか!とか、なんだよあの流線型は!とか言わせねぇ。
ハリウッド、ガチで「ゴジラ」を撮るつもりだぜ…ゴクリ。

今回はゴジラ復活のニュースと併せて、その極秘映像をココだけで公開する。
くれぐれも、ココで観た事は他言無用で頼むぜッ!!!



2011.7.17.追記

【続報】2012年版ハリウッド・ゴジラ、デザイン資料捜索行。

【ゴジラ、3D映画でカムバック!2012年公開決定】
 長い間親しまれてきたゴジラが、ついに3D映画としてスクリーンに蘇ることが正式に決定した。

 バラエティ誌によれば、『ダークナイト』(08)や『The Hangover』(09)などの大ヒット作を生み出してきたレジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザーズが再タッグを組んで製作。タイトルは未定だが、『ゴジラ対ヘドラ』(71)の坂野義光監督や奥平謙二プロデューサーも総製作指揮を兼ね、東宝が日本の配給を担当。2012年公開に向けて製作を開始する。

 1954年に東宝が生み出した『ゴジラ』は幾度となくリメイクされており、アメリカ公開の最新作としてはローランド・エメリッヒ監督作『GODZILLA』(98)が、全世界で約4億ドル(約360億円)のヒット。その後も、映画のみならずビデオや本などゴジラ人気は健在で、3D映画で新たなファンを取り込めると判断。また、モンスターを主人公にした『クローバーフィールド/HAKAISHA』(08) が、製作費わずか2500万ドル(22億5000万円)で約2億ドル(約180億円)も稼ぎ出したことで、モンスター映画のニーズがあると踏んだようだ。

 ゴジラの3D映画化については、5年前くらいにも噂になっていたが、『アバター』(09)やアメリカで大ヒット中の『アリス・イン・ワンダーランド』で3D映画人気が定着してきた今、満を持しての正式発表となった。
(ソース元:WaikerPuls



このニュース↑は、本年3月30日時点での配信。
なので、ちょっと耳の早い方なら既に御存知ではないかと思うわれるんだが、
ではその2012年バージョンのゴジラが、いったいどういうデザインになってるのか?
それを日本で知ってる人は、そうそう居ないんじゃないかと。
どーせまた恐竜みたいな、背鰭の欠片も無い糞デザインじゃね〜の?
うむ、俺もそう思ってた。
しかしなぁ〜、あれ、どう考えても喧嘩売ってるだろうにまたヤルか?とも思っての。
ど〜してもソコが知りたかった三十路は、海外サイトに突撃して来ました。
すると!
あるじゃねぇかよ、ニューバージョンゴジラの頭部造形模型がよ!!!
機械翻訳とニュアンスで文章を読み取ると、さすがにまだ決定稿では無いらしい。
しかし、概ねこの方向でデザインは固まるだろう的な感触で。

さぁさぁお立ち会い。
その頭部造形模型の動画を、米国から持って帰って来ましたんで本邦初?公開。
これが!
これが2012年バージョンのゴジラデザインだッ、とくと御覧あれっっっ!!!




…真夜中に発見した時は、ちょっとマジで身震いした。
スタイリッシュな曲線が西洋竜な風貌を醸し出してるんだが、唯の爬虫類にあらず。
初見の感想は、あれ?平成ガメラに近い?とか思ったんだけど、
アップになると、いやいや!これこそがゴジラの王道進化系じゃないかと驚嘆。
ゴジラのゴジラたる所以の、背鰭もはっきりくっきり確認出来る。
これが、これがスクリーンで暴れ回るのか…!
も、も、燃えてきたぁああッ!
伊福部マーチが心にしみるぜ、こんちくしょうぅうううううううううう!!!!!!

で、だ。
もういっちょ動画を紹介しようと思うんだが、こっちはホントにヤヴァイかも。
ゴジラの撮影隊を追跡した、アメリカのファンが隠し撮った動画。
トラックの荷台に黒いカバーを掛けられた下に、ゴジラの模型があるという。
何回もよ〜く観てみたんだが、いまいち分かりにくい。
しかし、慌ててカメラを隠したりするこの臨場感からガセネタじゃないとは思う。
まずは御一覧あれ。



さぁて、コレを諸君等はどうみるかね?
幾つかのファンサブを徘徊して得た情報だと、3Dゴジラは2012年夏の公開だそう。
あと2年。
その時が訪れたならば、是が非でもスクリーンに囓り付いてやるぜ…!
みんな、スクリーンで逢おう!!!



当ブログ内関連記事→【110000HIT御礼企画「Design of GODZILLA」】


スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 02:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
どれも明らかなガセです、しかもこのデザインは明らかにハリウッドGODZILLAを意識してるデザインです、もっと爬虫類のようなデザインで、ゴジラ54を意識したデザインを私は求めています。
でしゃばったことを言ってすいません
  • 2010/07/30 7:30 PM
>名無しさん
どもども、コメントありがとうございまっス。

>どれも明らかなガセです

ちょっと待ってぇぇぇえええええええ!!!!
す、するとだな、君はマジモンの2012デザインを観たって事だよな?!
それが何処にあるのか教えてはくれんかのぉおおおおおお!
やっぱ爬虫類なの?またT-REXって言われちゃうの??
うぉおおおお、気になるぅううううう!

54って事は1954、初代ゴジラの造形って事かな?
それには完全に同意。握手しよう(笑
三丁目の夕陽ゴジラが、初代を流れを汲みながらも
現代的なスタイリッシュなデザインだったのでこの動画から期待してたんだが…。

いやいや、謝らなくても良いですよん♪
もっともっと出しゃばってきてもらって、オッサンとゴジラについて語ろうぜ!(苦笑
今回はお足を運んで戴いて感謝です。
また何かあったら遠慮なくツッコんでやってください^^ノ
  • POO
  • 2010/07/31 6:40 AM
レイゴーだね
  • 2010/09/22 12:42 AM
>名無しさん
レイゴー?
それはファイナルウォーズ版ゴジラの事なのかえ?
(まったく付いてこれない人に豆知識。
 正確には04年12月封切りだが、05年に跨ったのもあり05ゴジラと呼ばれる事もある)
FW版にしちゃぁ、なんとなく鼻筋が違うような気もするんですが…。
むむむ。謎は深まるばかりなのです。
  • POO
  • 2010/09/24 12:25 PM
はじめましてアキゴジと申します。レイゴーというのは芸能人の林家さんが作った怪獣映画レイゴーに出てくる怪獣の事です、ゴジラではありません。
ゴジラの復活は嬉しいですが、アメリカは散々ゴジラを金稼ぎの為の道具に使っていたから(1998年のゴジラもこれに同じく)自分はゴジラファンとして少し抵抗を感じます。
ゴジラはアメリカの共有物ではなくもともと日本の物である事を訴えてほしいです。
それと核戦争の過ちや恐怖の象徴であるゴジラを戦勝国たるアメリカが核兵器の恐ろしさをゴジラで訴える事が出来るとは到底思えません。
僕は日本の怪獣映画の代表であるゴジラが人の勝手で変わってしまうのが許せません。ゴジラは常に恐怖の象徴であり続けてほしいです。
長文失礼致しました。
  • アキゴジ
  • 2010/09/29 6:55 PM
>アキゴジさん
どもども初めまして、熱いコメント有り難うございますですよ!

>レイゴーというのは芸能人の林家さんが作った怪獣映画レイゴーに出てくる怪獣の事です、ゴジラではありません。

うお!そんなモノがあるなんてまったく知らなかった…。
いやぁ、的確な助言ありがとうございます。
どえりゃ〜赤っ恥かいてるトコだったのなぁ(苦笑

ゴジラの商業主義化反対はまったく同意見。握手しよう。
だが、しかし。
ファンとしてはムズ痒い所でもあるんだよねぇ…。
初代のコンセプトは唯一の被爆国である日本からでないと発信出来ない、
っうか、そもそも思いつかないネタだった訳なんですが、
あのコンセプトでずっと作品を出し続ける事が可能かどうか?
毎度毎度反戦ネタで締めくくって興行的に成功出来るかどうか?
ってなってくると、むぅううう…、と言わざるを得ないかも。
何故、初代ゴジラが東京上陸して進撃を開始した時に皇居の手前で引き返したか?とか
銀座三越をぶっ壊した本当の理由とか、骨太な深いテーマがあったからこそのゴジラであり、
そんなゴジラだからこそ愛され続けてきたという面もあるんですが、
欲深で愚かなファンでもある僕からしてみれば、
テーマが薄まろうが、メッセージ色が弱くなろうが、
「スクリーンで暴れるゴジラが、とにかく観たい!」
っていう部分もあるんですよね、困った事に。
今回のハリウッド版も正直内心では諸手をあげて歓迎してる訳じゃないですが、
それでも東宝が作らない限りファンとしては、じゃぁまぁ頼むわ…
としか言い様が無いってのが本音の本音でしての。
アキゴジさんが仰る通りの、真のゴジラの魅力を見せつけてくれる新作、
いつか、誰かが、きっと作ってくれるに違いない…!
そう思って毎回新作に期待するんですが、外れ続けて今に至って。
で、もう封印じゃ!となると、真のゴジラ、恐怖の頂点に君臨する、本当の意味での怪獣王の姿は
もう二度と観れないんじゃないか?という恐れの方が強い訳でして。
今度のハリウッド版ゴジラも情報が錯綜していますが、
なにやら「へドラ」をリメイクして出すとか出さないとかいう情報も。
もうこの時点でテーマが初代のモノよりは、今流行のエコ・環境破壊に引っかけようとしてる意図が丸見えで
ぶっちゃけうんざりはしてきてるんですが(苦笑
それでも新作が出る限り、興行的に成功を続ける限りは、いつか誰かが!
そう思ってしまう、欲深いファンなのでありますよ、僕的にはね。
いつか、誰かが。
それを期待するためにも、アキゴジさんもまぁ不本意ではあるとは思うんですが
(生)暖かい眼差しでここはいっちょ、期待してやろうではありませんか。
  • POO
  • 2010/09/29 11:29 PM
どうも、今日もやって来ました。確かにゴジラは反戦映画であり続けなければいけないという必要はないかもしれません。

ただ、僕が言いたいのはゴジラがもともと反戦反核の為の映画キャラクターである事を人々に忘れないでほしいんです。娯楽的なゴジラ映画も確かに面白いです。でも、そうし続けているとゴジラはごく普通のキャラクターに見られがちになってしまいます。日本が核兵器の脅威に晒される事はもうないと決まったわけではありません。だからこそゴジラという存在がいるのではないのかと僕はそう信じています。僕は平成生まれですが、ゴジラがいたからこそ核戦争の怖さが理解できました。ゴジラとゴジラを生み出した偉人達にはとても感謝しています。

さて堅苦しい話はここまでにして2012年復活のゴジラについてですが、問題は監督ですね。個人的に僕はスティーブン・スピルバーグ監督とJJ・エイブラムス監督(クローバーフィールドの監督)の二人にやってほしいですね。デザインも問題になりますが、ちゃんと日本のと同じのにしてほしいです。

ちなみにハリウッドで新しい怪獣映画「MONSTERS」という物が公開されています。日本での上映はまだですが、公開日が決まったら是非見に行きたいです。
  • アキゴジ
  • 2010/09/30 7:36 PM
あと二つ言いたい事がありました。一つはゴジラ(その他の怪獣映画)を語りたい時はいつでも訪れてもよろしいでしょうか?

そしてもう一つは、僕は漫画家になるのが夢で怪獣の漫画を描いていきたいと思っています。そして、いつかいろんな怪獣映画を作り、そしてゴジラ映画を作っていきたいです。現実は厳しいですが、それにくじけず怪獣ファンの為に頑張っていきたいと思っています。

余計なコメント一つ増やしちゃってすいませんでした・・・( ̄▽ ̄;)
でもゴジラファンとしてお互い頑張りましょう!
  • アキゴジ
  • 2010/09/30 7:47 PM
>アキゴジさん
おっ、どもども^^

え〜と、管理人はブログのサブタイトルにも書いてある通り、三十路でしてな。
で、怪獣やホラー、映画が好きなもんですからそういったレビューもたまに書いてるのね。
そんなおっさんが、初めて映画館で観た映画ってのが
小学校に入る前だったと思うんだが「キングコング対ゴジラ」で。
ゴジラっていう存在を知ったのはその時が初めてで、当時はビデオとかなかったものですから
怪獣(ウルトラマンは毎日観てた)に大興奮したチビに気を使ったオヤジが
リバイバル上映で初代と二作目の二本立てに連れてってくれたもんでした。
で、その時から実はアンギラスの大ファンだったりするんですが(笑
あれからもう三十年は過ぎる訳なんですが、ゴジラはこのおっさんの原体験だったり。
三首黄金龍を初めて観た時のあの圧倒的存在感に心奪われ、
メカゴジラが冒頭でゴジラの皮を剥いで登場した時のあの絶望感。
いや〜ゴジラ死んだかと思って泣き出したのは良い想い出で(苦笑
ただの怪獣対決映画だと思ってたのが、小学生高学年ぐらいの時に
何度目かに見直した(TV上映だったと思う)初代で、やっとテーマを理解出来たのね。
なもんで、ゴジラは反戦映画!と鼻息荒くなるのとは、ちょっと入口が違うのね。
でもあのテーマこそが作品の骨であり、ただの怪獣映画に堕ちない誇りであるようなものなんじゃないかなぁ〜とか
まぁそう思うのは思う訳で、次々に作られる続編がただの怪獣映画に成り下がったのは
まぁぶっちゃけ「さみしい」訳なんですよ、やっぱ。

…と、こんなふうに世代を超えて語れる作品、ゴジラってやっぱ凄いなぁ〜と
今さらながらにして再認識させられている訳なんですが。
世代が違う・求めるものも微妙に違うとはいえ、同じくゴジラを愛する者同士、
何を遠慮する事があるものか!ど〜んといつでもかかってこんかいッ!
そんな遠慮する子に育てた覚えはありませんよ!?と思うのも本音で。
(↑育てられた覚えもありません、っうツッコミは無しの方向でw)
いつでもおいで^^
ちょっとウザめに語るおっさんで良ければ、なんだけどね(苦笑

そうそう、おいらもふたつほど言いたい。
まずひとつ。
仕事が紙媒体のデザインなので、アキゴジさんがゴジラを作った時のポスターは俺にやらせろ!
死ぬほど痺れるようなポスター、デザインしてやるぜ!
っかお願い、やらせて(笑

で、あとひとつなんだけど、キリ番御礼っていってたまに画像特集とかやってるのね、このブログで。
で、あと二回先(87万ヒット御礼)のネタが実は「モンスター画像特集」でね。
ちょうど最近準備してたんだわさ、これが。
洋の東西問わずに掻き集めたモンスターの画像を一挙公開する予定なので、
アキゴジさんの今後の参考にでもなるかな〜と。
どうぞ愉しみに待っていておくんなまし♪
  • POO
  • 2010/10/01 2:48 PM
どうも、いつもゴジラに飢えている怪獣愛好家アキゴジ(くだらない自称なので気にしないでください)です。誰かこの俺の飢えと渇きを癒してくれ・・・(涙)

さて、2012年のアメリカ版ゴジラですが、CGでやるのでしょうか。というか自分はCGでないと困ります(汗)
何故かと言いますと・・・着ぐるみ至上派な老害のファンがうっとうしいからです。この前ニコニコ動画で「ALLWAYS 続・三丁目の夕日」にCGのゴジラが出るという動画を見ていたんですが・・・それを見ていたファンのコメントが酷すぎる・・・どんなのかというと・・・

「ゴジラをCGで汚すな」
「マグロ食ってる奴とほとんど一緒じゃん」
「CGのゴジラなんてダサい」
・・・てめぇら本当にゴジラファンかよ!?これじゃ荒らしやアンチと何にも変わらねぇじゃねえか!!同じゴジラファンとはいえこれだけは絶対に許せん!!あのゴジラのどこが悪いんだ!?よく出来てるじゃないか!ローランド・エメリッヒの野郎が作った糞トカゲより1000兆倍マシだよ!映画ではなかなかお目にかかれないオールCGの日本版ゴジラを見てみた感想がこれかよ!?ゴジラファンとして恥を知れ、恥を!

・・・すいません、デスゴジ並に暴走してしまいました。でも、着ぐるみ至上派や昭和の特撮しか認めない老害共がいるからゴジラは前に進む事ができない(ガメラは一気に前に進んだのに・・・)ガメラやウルトラマンでの言い争いなんてあまり無いのに・・・何でゴジラだけこうなるんだよ・・・これだからゴジラは他の怪獣ファンに罵倒されるんだよ・・・。頼むから・・・もっと今の技術を頼ってくれ・・・それが出来ないなら、ゴジラはずっと昭和の大怪獣止まりでしかいられないんだよ・・・本当にどうにかしてほしいです。というか自分でどうにか出来ないか思い悩んでいます・・・。ゴジラはずっと老害共に殺され続けるしかないのでしょうか?もうそんな惨劇を繰り替えさないでくれよ・・・(泣)
  • アキゴジ
  • 2010/10/20 10:18 PM
ども。通りすがりのゴジラファンです。
熱意がビンビン伝わってきますねww井伊ですよぉ。
要はゴジラへの思いがあればそれでいいんじゃない!?
ってことです。
好きな人は好きな人同士語り合いましょうじゃありませんか?
  • ロッキー酸脈
  • 2010/10/23 2:36 PM
>アキゴジさん
おいおいおい、まずはちょっとおちつけ!
いやいや、君はホント若いなぁ〜。おっさんはその血の滾りが羨ましくってしょうがねぇ(爆

ニコ動に限らず、まぁネットの世界なんてのは「声のでかい」ヤツがのさばるのな。
声がでかいってのは、決して権力を持ってたり、カリスマ性に満ちている訳じゃなく、
何かを作る時に、その何かに対しての決定権がある訳でもなくて。
むしろ何にも携われないからこそ、吠えるしかないのが真相でな。
吠えて吠えてキャンキャンうるさいから「声がでかい」訳なんだわさ。
ネットなんかじゃ、その声が大声かつ大勢に見えるから、みんなビビったり感化されたりと
影響を受けてしまいがちなんだけど、本当はもの凄い少数派だったりするのよ、そういうのって。
でな?肝心なのはそれに立ち向かう事じゃないんだな。
そういう声をシカトして、自分を貫けるかどうか?
影響を受けずに鼻でせせら笑って、でかい声をねじ伏せるモノを作れるかどうか?
その一点だけなんだわさ。まぁこれは社会に出て仕事してても同じなんだが。
三十路はね、人間って素晴らしいなぁと思うと同時に、人間ってクズだなとも思ってるのな。
出来もしないヤツが出来るヤツ、もしくは何かしようとしているヤツの足を引っ張る事なんぞ
そんなもん、社会に出ずとも学校内でも幾らでもあったでしょ?(笑
アレの深層心理は「羨ましい」んだよ。
自分が一生涯、決して制作に携われる事がない。それを理解してるんだけど認めたくない訳。
悔しいのよ、自分がソコ(制作側)に居ない事が。
だから評論家めいた幼稚な自説をぶって関係したがるのな、ソコ(制作側)に。
一々そんなの相手にしてたら、体が保たんぞ?
アキゴジさんは制作側に行くんでしょ?行ったら外野だけじゃなく、製作陣の中ででも闘わないといかんのに。
そっちの方が手強いぞ?だってみんな自分の中に自分だけの理想のゴジラを持ってるから、
そりゃそう簡単にアキゴジさんの理想を認めないぜ?
ニコのコメントごときに狼狽えてたら、映画なんぞ作れんぞ?
外野を黙らせる方法はたったひとつ。
素晴らしいモノを作り上げて感動させて、正面からねじ伏せるのみ。
外野の声が悔しいと思うのなら、誰もが納得するゴジラを見せつけるしかない。
そのためには、怒りを溜めて自分の中の理想を強化するようにしなされ。

うむむ、年取るとやっぱ説教臭くてダメだね(苦笑
ちなみに三十路はCGとか着ぐるみとかじゃなく、カメラアングルだと思ってま。
平成ガメラを観たなら分かるかと思うんだけど、いいかげんゴジラを真横から抜くな!
ちゃんと下から上から、パースつけてカメラ廻せやボケェ!派です(笑
  • POO
  • 2010/10/25 7:21 AM
>ロッキー酸脈さん
どもども初めまして。コメントありがとうございまっス。

いや〜、熱い輪の中にようこそ(笑
こういう話を見たり聞いたりしてると、みんなホントにゴジラ好きなんだな〜と
感心してしまう三十路のおっさんでございますよ。
好きだからこそ妥協したくない!という気持ちは分かりますし、熱くて嬉しいのですが、
ホント、まぁ落ち着こうや、という感じも(苦笑
動画もホントに2012年版なのかは確認しようもないんですが、
海の向こうでもこれだけ愛されている証拠なんだろうな、と。
ちなみにアメリカのファンサイトでもUSゴジラは酷評くらいまくってて。
グーグル先生で翻訳しながら読んでて、ゴジラマニアに洋の東西は無いなと確信(笑
  • POO
  • 2010/10/25 7:28 AM
取り乱してしまい本当にすみませんでした・・・。そりゃ自分だってこんな事言っても仕方がないのは理解しています。

・・・でもゴジラファン同士の争いの酷さに悲しみと怒りを背負ってしまったあまり、暴走気味になるんです(要するにゴジラファン同士の争いは世紀末だという事です)でもPOOさん、こんな自分を説教してくれてありがとうございます(涙)まぁ、自分は普段おとなしい性格なんですが、怪獣(特にゴジラの事になると)について語るとつい熱くなってしまうんですよ。

ただ、自分は怪獣映画制作に関われないまま生涯を閉じるかもしれません。夢なんて誰だって語れるモノですから。しかし、夢を現実に変えたい!その信念はあります。

どんな結果になっても我々が生きている限り怪獣達は絶対不滅だと信じています。一つ思うんですが、ウルトラシリーズを見ているとウルトラマンよりも怪獣の方がヒーローに見えるのは気のせいでしょうか?

まぁそれはそれとして、ゴジラの撮影のやり方については自分もPOOさんと同じ気持ちです。でもカメラの撮り方だけではなく、背景とかにも問題があると思います。なんというか夜のシーンが明るくてリアリティが全く感じられないんですよね・・・ガメラシリーズの夜のシーンはすごいリアリティがあったのに・・・あとイグアナ野郎(元アメリカ版ゴジラ)のシーンもかなりリアリティがあったなぁ・・・リアリティでアメリカ版ごときにすら負けてるようじゃ日本怪獣映画の代表として情けないぞゴジラ・・・いや情けないのはむしろそういう風に作れなかった東宝と制作側の連中の方だな。GMKは多少はリアリティがあったけど、平成ガメラシリーズに比べれば拍子抜けでした(皮肉にもGMKの監督が平成ガメラシリーズを作った金子監督だったしな・・・)ダメだ・・・余計悲しくなってきた・・・このままじゃ北斗神拳究極奥義 夢想転生を習得し・・・

ケンシロウ「ほぉあたぁっ!!!」

うわらばっ!!!!
ま、また・・・長文・・・し、失礼しました・・・そ、それでは・・・(ガクッ)
  • アキゴジ
  • 2010/10/26 4:25 AM
>アキゴジさん
いや〜、なんか説教臭くなってスマンっスね(汗
その熱い想い、実に素晴らしいと思うので
あんま捻れた方向に行ってもらいたくなくってさ。

さて。
三十路的にはゴジラって「伝統芸能」の域に行っちゃったかな〜と思ってて。
歌舞伎とか能とかの、アレ。
着ぐるみ・カメラワーク・ブルーフィルター…
(昔、映画で夜の場面を撮影する時、ホントに夜に撮影すると高画質カメラなんてなかったので真っ暗でとても観れたもんじゃなかったのね。その時に、カメラのレンズ前に青いフィルターを張り付ける事で、このシーンは今は夜の設定なんですよ〜と観客に脳内変換を求めた時代があって、その手法の事をこう言ったりするのね)
お馴染みの手法でお馴染みに撮り、お馴染みさんにだけ鑑賞させる。
新しく何かを冒険する気概も無く、何かを新しくする事で今までの観客離れを恐れ、
何か新しい時代に則したモノなんて撮れず、結果的に衰退するだけの恐竜。
そんな様式美はもはや伝統芸能なんだなぁ〜と思う訳で。
これについて思う事は色々あるんで、期を改めて別記事にして書こうかと思ってるんだけど、
ゴジラ、というよりも東宝「が」変化を怖がっているんだろうなぁ、と。
そういう、いわば臆病・頭の固い経営陣をねじ伏せる事から
クリエイター達の闘いってのは始まってるんだと思うのよね。
その時に何が自分を奮い立たせてくれるか?ってのは、やっぱ情熱だけな訳。
あの有名な台詞じゃないけど「何が嫌いかよりも、何が好きかで自分を語れよ」ってのは
至極、名言だと思うのね。
嫌い嫌いじゃ何も解決しないし、何の変化も進化も生み出さない。
ここをこうしてほしい!あそこがこうなってほしい!
そういう小さな「好き」を積み重ねて初めて、他人も巻き込む事の出来る大きな「好き」
っていうものが生まれるような気がするのね、世の中ってのは。
だから好きなだけ好きな事を書くべし。
もっと好きな事を好きなように伝えるべし。
アキゴジさんの「好き」も此処に書いた事でロッキー酸脈さんとかも読んでくれた上に、
こうやって話に混ざってくれようとしてる訳でさ。
恥じる事は無い。悔やむ事も無い。胸張って堂々と自分の「好き」を語ればいい。
「嫌い」を観て悲しむヒマを作るよりも、「好き」を観て楽しさに浸ろうじゃないか。
ね?

ところで。
君はこの三十路が聖帝命と知った上で北斗ネタを振ってきてるのかね?(笑
ふはははは!帝王の拳に構えなど無いッ!
うぬはこの肉体の秘密を知る事無く朽ち果てていくのだ、
死ねぃっ、ケンシロウゥ!!!!

おしさーーーーーーーーん…(ガクッ)
  • POO
  • 2010/11/01 8:32 AM
いえいえ、さすがに色々な事に熱くなりすぎたなと反省しています。好きな事を語るのも楽じゃないねホントに。
ちなみに、POOさんが聖帝命だったのはまったく知りませんでした(爆)

サウザー「そうか、ならば汚物は消毒せねばなるまい」
ちょ!聖帝様!?何故ここに!?
サウザー「南斗鳳凰拳奥義、天翔十字鳳!!!」
人の意見スルーですか!?ってアァ〜〜ッ!!

・・・死ぬかと思った。あ、無想転生の「む」って「夢」じゃなくて「無」だった・・・。

まぁそれはそれとして、アメリカでゴジラ復活・・・となると本場の日本で復活する可能性もあるだろうと自分はそう信じ願い続けます。ガメラも復活してほしいな・・・でも僕には彼等以上に是非復活してほしい怪獣が二匹います。それは、ギララとガッパです。え?こいつらじゃダメだって?何をおっしゃる最近の怪獣好きの若者方よ、この二匹だってゴジラとガメラに負けず劣らずな魅力があると思うんですがね・・・ギララは復活したけど、あんまり成績はよくなかったもんなぁ・・・。それに比べてガッパは復活する様子まったくナッシング(涙)まぁガッパはゴルゴのパクリだからしょうがない・・・けど!けどさあ!いつもいつもゴジラやガメラばかりじゃなくてギララとガッパもシリーズ化したってさ悪くないと思うんだよ!っていうかゴジラ、ガメラ、ギララ、ガッパが共演するやつが見てみたい!まだ実現してないけどゴジラVSガメラじゃ物足りねぇんだよ!・・・と無謀な夢を見ているわけですが、怪獣映画はいつまでもゴジラやガメラである必要性は無いんですから、せめてギララとガッパにも再び主役怪獣として輝ける機会を作ってほしいんですよマジで。

あ、ちなみに自分はゴジラVSガメラよりゴジラ対ペギラが見てみたいです(何故VSじゃなくて対かというと、昭和風なタイトルが好きだからです)
ゴジラとペギラって同じ核兵器によって生み出された(ゴジラの場合は現代に蘇ったですが)怪獣ですからね、是非ともこの二匹の対決してほしい!
  • アキゴジ
  • 2010/11/01 7:47 PM
>アキゴジさん
うおっす、長らくの放置すまぬでした。

ギララとガッパってまたマニアックなとこにくるなぁ…!
まぁ確かに蓼食う虫も好きずきとは言うが、いや〜その選出が渋いわいな(笑
三十路的にはサンダ&ガイラがいいかな。子供の頃にアレを観たときは
あまりの風貌にガン泣きしたような記憶がうっすらとあるんだが(苦笑
対決シリーズは確かに想像力を働かせてくれる甘い誘惑なのよねぇ。
ゴジラVSガメラは三十路もよっく妄想しました。
どうせ痛み分けになるんだから、東宝と東映がガチでタッグ組めよ〜とか思ったよなぁ昔。
ま、それが出来るんなら(両会社&怪獣映画+邦画界)今のような凋落は無かったんだろうけど(苦笑
っうかさ、君がそういう案を暖めたまま映画界で偉くなってくれよ!
んで、ペギラやガッパの前にまずゴジガメ作って観せてくれ!
ウチにコメントする勢いで沈み行く邦画モンスター映画界を救ってくれってんだ!

…なぜに逆ギレ?(笑
でも男の子ならネットで(昔なら居酒屋かw)グダ巻くよりも行動で魅せるもんだZE?
未来の怪獣映画監督に期待してますよん^^
  • POO
  • 2010/11/18 11:05 PM
アメリカのゴジラは好き勝手に作ってもらいましょう。ゴジラの定義は日本と海外じゃ違いすぎるし・・・恐らく今後も国内と国外の作品に対する温度差も凄いもんでしょう。

もし今後いつか日本で新作を創るなら少し希望したい事が。

ひとつは、わざわざ現代を舞台にする必要なし。
ゴジラは昭和のあの時代だからこそ現れたワケです。
ならば、原点に帰るという意味においても、今一度戦後の昭和を舞台にしたい。
リメイクでなく、原点に立ち返って今の時代に必要な要素、不必要な要素、等を吟味して
・・・

これを退化ととるか?原点確認による原点回帰か?
そもそもゴジラとは一体何ぞや?第一作を踏み絵にする勢いでやってほしい。


もし、現代を舞台にする場合、ある程度の覚悟が必要になるかも・・・。
今の時代に核や反戦を唱える名目でのゴジラは・・正直難しい。
あの当時のビキニ諸島での日本のマグロ漁船の被爆や、広島、長崎の体験が生々しく残っている時代だったからこそ、当初ゲテモノ映画と評されたゴジラは映えた。
今の時代にそういう背景がない。誰もが実感の沸かない反核だの反戦だのいっているうちは新しいゴジラは生まれない。いつの間にか神格化され必ずセットのように反核や反戦で生きていたゴジラは1作目のみで、平成ゴジラについてはゴジラを復活させるための大義名分として核を利用しただけ・・。
他のゴジラはイベント要素の強い娯楽映画だったし。(もちろん、それはそれで好き。)
多少強引な意見だが、現代にゴジラが現れる意味を見る者に視覚的にも心情的にも訴えたいのならば、しっかりとした台本と15禁になるぐらいの過激で悲惨な描写、表現は避けられない。(中途半端な小奇麗なドンパチでも白けるだけ。)
それか(良い意味で→)所詮怪獣映画なのだから)一気にバトルばかりの娯楽に走るか?・・・あ、それは・・ファイナルウォーズでやったか・・。


なんか、色々考えたら頭いたくなりました。
なんつうか・・・結局・・・
個人的にはどんなゴジラも受け入れられる体質なんですが、新作はゴジラの誕生した際の精神が受け継がれていれば、どんな内容でも・・・よいかな?と。
  • ゴジラの尻の穴
  • 2010/11/19 12:54 AM
>ゴジラの尻の穴さん
どもども初めまして、コメントありがとございまっス。
…っか、とんでもないHNですなぁ〜。
ゴジラには尻の穴ってあるのか?と小5分ほど考え込んでしまったでっス(笑

ALWAYS(三丁目ゴジラ)観ました?
アレは個人的に久々に血が滾ったゴジラの勇姿だったんですが
なんとなく分かったんですよね、その理由が。
ゴジラがデカいんっスよ、デカー!って。
あの巨体で暴れ回るからこその怪獣王なんですが、
アレは町並みが「低い」からこその対比なんですよね。
平成ゴジラの一弾目だっけかな?武田鉄也がカメオ出演してたヤツ。
あれの封切り前に色々と雑誌を買い込んでいたんですが、そこに
ゴジラの身長がデカくなった!的な事が書かれていたんスね。
なんでかっていうと、初代のままの身長だと時代が進んで建物の方が高くて
ゴジラが町並みを見下ろすんじゃなくて、見下ろされるからだ、と。
僕はねぇ、そこが間違っとる!と思うわけですよ。
俺が演出なら、敢えてゴジラの身長を水増ししない。
自分より高い町並みに囲まれたゴジラがピクッときて尾の一撃でビルを半壊ぶっ飛ばす!
んで自分より低くなったビルを見下してフンッ、と鼻息ひとつ上げて悠々と去っていく。
こういう感じの演出でグーなんじゃないかと思う訳ですよ。どうっスかね?

なんでこんな話をしてるのかっていうと、初代の魅力に通じてるような気がするのね。
ご指摘の通り、初代は背負ってるモノがあった訳。
でもそれは原爆だけではなく、皇居を一睨みして踵を返す姿に象徴されるように
太平洋戦争そのもの自体をゴジラは体現してたと思うのね。
で、戦争の記憶がまだ生々しかった頃は観る側が自分の記憶を投影出来る訳で。
だからゴジラは語らず(語れず)とも、あれだけ雄弁だったんじゃないかと。
時代が進んでこの御時世、戦争の記憶も風化してゴジラが背負っているハズのモノが
色褪せた、というか、薄らぼんやりしたモノになってしまった。
そんな時によ?ビルが高いからゴジラもデカくしましょうなんてアホか!
製作陣のズレてる様がひどすぎる。
それがゴジラが(興行的に)死んだ一番の理由じゃないかと思うのですよ。
戦争や原爆、人間が立ち向かうにはあまりにも巨大で理不尽なモノに対する怒り、
これこそがゴジラが本来背負っていたものではなかったか?と。
怪獣王が荒々しく猛る理由は、矮小な人間には手に余るモノを代わりに破壊してもらうためじゃなかったのか?
怒りを見せてこそのゴジラじゃないか、そう思う訳でして。
三丁目ゴジラが個人的に良かったのは凶悪な人相(獣相?)もさる事ながら、
お父さん役の堤真一が怒る訳よね、ゴジラが自分の家を破壊して。
建物を建てる、街を作る、そこで生活する、といった人の為す事を
天災の様に理不尽極まりなく、ただそこに居たからというだけで破壊し尽くす。
それを見て人が怒ったり、恨んだり、悲しんだり、と諸々の感情をぶつけられる相手、
それこそが、ゴジラ本来の役割なんじゃないかなぁと。
ビルや街を壊すってのは分かりやすい演出のひとつにしか過ぎず、
(人が考える)善も悪も関係なく、全てを壊して無に帰す役割のハズで
そして無からまた有を生み出す役割こそが我々観客なのであって。
ビル壊せば済む話じゃなく、閉塞した時代まるごとブッ壊す事がゴジラの存在意義。
ただ他の怪獣と闘えばいいってもんじゃないだろう?と思うのね。
お前はそんな軽い存在じゃねーだろが!と。
…ってまぁファイナルウォーズぐらいトコトン開き直ると、それはそれで面白くはあったけど(苦笑

ゴジラの誕生した精神の肝は「荒ぶる神」だと思うのね。
人間が積み重ねて来たモノは全て壊す。
しかし同時に、人間では太刀打ち出来ないモノも平等に全て壊す。
閉塞した今日も、癒えない傷を負わされた昨日も、すべて壊す。
その後に何をどうやり直すか、立ち直るかは残された我々次第なんだ。
そう教えてくれる「荒神」なんだと思うのよね、僕的には。
だから、この純日本人的な神の概念が理解出来ないだろうハリウッドに正直期待はしてなかったり。
アッチはあれだ、金懸けまくった最新技術がどれだけのものか?に1800円出すだけで(笑
長々と書きましたが、どうでしょうかね僕の推測は?
ツッコミ・パッシング大歓迎でございますよ〜(苦笑
  • POO
  • 2010/11/21 7:51 AM
どうも、今回も無駄に熱いコメントしにやって参りました。

POOさんの言う通り日本怪獣映画は本格的に最悪な事態になりかかっています。
しかし、僕はそうはさせまいといつもそう思っています。何故、怪獣映画はこれほどまでに沈みかかっているのか・・・理由はやはり子供向けにしすぎたのが原因ではないでしょうか。特にゴジラとウルトラマンはそうなっています。平成ガメラは決して子供向けではないと宣言します。

ウルトラマンが子供向けなのは構いません。しかし、ゴジラが子供向けなのはどうも納得いきません。
もう一つ、怪獣がやられ役かあるいはただ恨まれるだけの疫病神扱いにされているのが多いのも原因の一つではないでしょうか?ウルトラマンならまだマシですが、ゴジラがメガギラスでは疫病神扱い、機龍シリーズでやられ役いになってしまったのは、非常に許されざる事だと思います。

誰にも倒す事ができない不死身の怪物たるゴジラが人間ごときの力で倒せる様になってしまっている、これっていくらなんでも酷すぎるのではないか?と怒りと悲しみが込み上がってきます。ゴジラを倒せるのはオキシジェン・デストロイヤーだけなのに、平成シリーズではスーパーXやメカゴジラ等の超兵器といった普通ではありえない兵器が登場しています。メカゴジラなんて未来人の作ったメカキングギドラを改造した物ですが、大体未来人が現れる時点でゴジラ映画のリアリティが無くなってしまった。
つまりこう言いたいわけです。オキシジェン・デストロイヤー以外でゴジラに対抗できる兵器はもう出すな、そしてゴジラを疫病神扱いしたりやられ役にしたりするな、という事です。

怪獣が主役の映画で主役である怪獣がただのやられ役になるなんて言語道断です。マグロ食ってるでかいだけでミサイル数発で死ぬ貧弱なトカゲと何も変わりませんよまったく。これではゴジラが何だったのか、誤解されていくだけです。
怪獣映画に出てくる人類は怪獣の驚異に恐れおののき、破壊され、蹂躙され、自分達の無力さと愚かさを思い知っていく、これこそがゴジラ映画の本来あるべき設定だったのに、東宝の連中は何を思ってこんな間違いだらけの物をゴジラに取り入れたのか理解に苦しみます。かなり複雑な話になってしまって申し訳ありません。でも最後にゴジラファンとして一言・・・

ゴジラとは自然災害と核兵器の脅威そのものであり、驕り高ぶる愚かな人類に対する神罰なのだ。それを人間の身勝手で変えてはいけない。そんな過ちを繰り返し続けてしまった時、人類はいつか必ず、その罪を償わなければならない時が来るだろう。その時こそ人類は思い知るのだ、自分達の無力を・・・愚かさを・・・。
  • アキゴジ
  • 2010/11/30 10:34 PM
>アキゴジさん
う〜む。
確かに三十路のスタンスとしては本格的な怪獣映画(カテゴリー的にはモンスターパニックに近い?)を
現代の技術の粋を集めた最新映像で観たいなぁとは思うんだけど、
ゴジラがライバル怪獣とただ闘って倒す、そういう子供向けの様な作品も
楽しみに待っている人もいるかもしれん訳で。
そういう人に向かって、ゴジラは本格派だからお前は観るな!と言うのは
おこがましいにも程ってもんがあるんじゃないかなぁとも思う訳よ。
どうせ倒せないんだけど、今度の自衛隊の秘密兵器はなんだ?とか
自分の好きな役者が出演する、ゴジラと一体どう絡むんだ?とか
色んな楽しみ方を出来るのが映画であり、こうして楽しめ!っていう強制お仕着せな作品は
もはやそれは映画じゃねぇだろ?とも思うのよな、三十路としては。
自分の思う正義を主張する事と、他人の思う正義を否定する事は似て非なる事だぜぃ?
そのバランス感覚を外側だけでもいいから身に付けないと、と思うんだけど。

ま、説教臭い事はいいや。
オキシジェン・デストロイヤーの説に関しては、ちょっと思うトコが違うのな。
アレが別格な理由、分かる?
機龍にしろG細胞にしろ、人が死んでないのな。
ゴジラを倒す代償を、誰も払っていないのよ。
いわば「生贄」が居ない。それが平成ゴジラからの致命的な失敗だと思うのな。
芹沢博士がオキシジェン・デストロイヤーを作動させるために、自分から東京湾潜ったじゃん?
ああいう命の遣り取りをするための対価ってもんを誰も払わずに済ませようとしてる。
鋼の錬金術師的な言い回しだけど。
他者の命を奪うのに、自らの命は懸けない。
そんな都合の良い話なんて現実ではありえない訳だわな。
働いてお金をもらうという事は、自分の時間と能力、持ってるモノを差し出して
その引き替えに、代償として「給料」を頂く訳でさ。
ゴジラみたいなデッかい化け物をよ、人間がただの一人も血を流さずに倒そうなんて、
そんな甘い話があってたまるかよと。その辺がリアリティの欠如に直結し、
ただの絵空事、アキゴジさんが言うとこの「子供向け」に堕ちてしまったポイントじゃないかと。
無力でも愚かでも別に構いわせんと思うのよ。
何故なら、三十路もその無力で愚かな人間の一員だからね。
ただ、よ。
命を失う覚悟もせずに命を奪おうとする。その思い上がりは糺さねばならん。
それが怪獣映画復活の絶対最低限の等価、生贄なんじゃないかと思う訳で。

アキゴジさんは常々怪獣映画を復活させたい、それも自らの手で、と書くが
そのためにアキゴジさんが支払う「等価」はなんだ?
今抱えている熱い気持ち、そのまま時間が過ぎるとやがて鎮火してしまう。
あぁ俺もそんな風に熱込めて語ってた時期があったっけ、そんな昔話になってしまう。
そうならないために、そんな自分にならないために、自分の本懐を遂げるために。
そう思うのなら、覚悟が必要で。

さぁアキゴジさんに問いたい。
君が自分の夢に支払う対価、自分の夢を叶えるために捧げる生贄はなんだ?
  • POO
  • 2010/12/09 5:11 AM
しまった・・・気付けばまた個人的な事言ってるよ俺・・・またやってしまってすいませんでした。

初代ゴジラに対する思い入れが強すぎたんだろうなきっと・・・。

ただ言い続ければ良いってモンじゃないのに、何を思ってこんな事を言ってるのかもわからないまま、見ている人の立場も考えずにでしゃばってしまっていました・・・これじゃ怪獣好きとしても人間としても最低だな自分って・・・。こんな人間で本当に申し訳ありませんでした(涙)出直してきます・・・。
  • アキゴジ
  • 2010/12/09 7:56 AM
出直すとか言っといてまた来てしまいました、すいません。
ついさっき「小さき勇者達ガメラ」を見ていてある事に気付きました。

高校生ぐらいの時に初めて見た時は、平成ガメラシリーズに比べたら「う〜ん・・・」と物足りなさを感じていました。しかし久しぶりに見てみると、「あれ?すごく面白い」と感じました。ジーダスの出現やガメラと透君の友情、こんなに素晴らしい怪獣映画はなかなか無いと言える程、面白い作品でした。
そしてこう思いました。
「あぁ・・・怪獣映画って色々あるから面白いのか・・・何でそんな事に気付けなかったんだろう、ゴジラもガメラも、そして他の怪獣達にもいろんな事が出来るからこんなに楽しめるんだ」
こんな大切な事に気付いているのに、自分は気付いていなかった事を深く反省しました。

それと何故ゴジラの本来あるべきテーマにこだわり続けていたのかというと、今の日本における問題に集中しすぎて少し周りが見えなくなってしまったんだと思います。
因みに僕が気にしている日本の問題は尖閣諸島問題、そして石原慎太郎が発表しようとしている非実在青少年(アニメや漫画等)の表現規制(僕はこれについては猛反対です)、更にオーストラリアの白人が行おうとしている日本の捕鯨に対する反対行動等です。
僕は表現規制も許せませんが、特にオーストラリア人がやろうとしている反捕鯨には怒りが押さえられませんでした。何故かというと反捕鯨に使おうとしているシー・シェパード号の名が信じられない事に「ゴジラ」と呼ばれていたからです。さすがにこれは黙っていられるか!と感じていました。

しかしそのせいでPOOさんや他の人達に迷惑をかけてしまい、非常に申し訳ないと思っています。
どうか、こんな未熟者を許していただけないでしょうか・・・?もしダメならとりあえず誰かに殴られにいってきます。
  • アキゴジ
  • 2010/12/09 8:22 PM
「ゴジラ」で検索をしていたらココのサイトにたどり着きました。
茶化す人とかも見当たらない良識のあるファンのサイトのようなので安心しました。
カキコミとかコメントとかあまりしたことがない人間なので文章などうまく伝わらないところがありますが、たびたびオジャマしてもよろしいでしょうか?。
  • カズ
  • 2010/12/10 4:30 AM
>アキゴジさん
いやいや、別に怒ってる訳じゃないんだってばよ(苦笑
俺のやり方に逆らうみたいだからココから出て行け!なんてやると、
まさに自分が批判している「他人の正義を認めない」人間になっちゃうじゃん(笑

ただぶっちゃけ正直に思う事は、
「頼むから会話のキャッチボールしょうぜ!」って事かなぁ。
アキゴジさんの熱い想いを語ってくれるのは結構、
そういう風にこのブログを使ってくれて素直に嬉しいなぁと思う反面、
一方的に捲し立てられて、こっちの質問とか何かスルーしてね?とは思うのな。
色んな面のゴジラを色んな角度から愛する怪獣バカみたいな人が集う、
それ自体は素敵な事で、管理人的には望むところだ掛かってこい!状態なんだが
受け入れる・受け入れないは別にして、相手の説に対しての感想ってのがないと
コミニュケーションとしては不完全燃焼かなぁとは思うのよ。
顔を合わせて酒でも飲みながらだとこうはならないんだろうけど、
ネットだからさ、文章で判断するしかないのよね、相手そのものを。
だから今回のアキゴジさんみたいに必要以上に怯えたりしちゃうんだろうけど。
そういう、通常の生活ならまず読み間違わない対人関係(空気)も
ネットはちょっとした文法の間違いですぐ喧嘩とかに発展するから
なるべくは相手の説を受けて、それから自説を打ち出そうとする姿勢の方が
余計なストレスとか抱えなくて、結局はお互いに気持ちよくなれるんじゃないかなぁと思うんだけどね。

で、よ。
他の記事を読んでるかどうか分からないので改めて自己紹介するとだな、
管理人のオイラはもう三十路も後半、37なのね。
この歳になると「夢だけじゃ喰えない」ってのが痛いほど感じる訳で。
冗談じゃなくて死に直面する訳よ、好きな事だけやってたりすると収入的にね。
20年前の17歳だったら、別にそれでも許されるし、それが特権でもあった訳。
だけどもう四十路も間近、下手すりゃアキゴジさんのお父さんとかと変わらない年齢なんで
「覚悟を伴わない夢の話」ってのは、もう聞きたくないんだ。スマンが。
このブログを通じて仲良くなった人間が沢山いるんだけど、
漫画家を目指す男の子、ギター弾いて飯喰いたい女の子、ゲーム制作やってていつかは自分が監督したいと思ってる子、
色んな夢を目指してる人とも知り合いになったのね。
で、彼ら彼女らがまず未来についての夢を語る。そこはオッケーなのよ。
うほっ、初々しいのぉ〜ワシにもそんな時代があった…なんて遠い目出来るから(笑
その意気込みが熱ければ熱いほど本物で、こっちも素直に応援出来るから。
だけど現実ってのは若い子の想像を絶するほど物凄く残酷でね、
夢だけじゃ喰えない、そこがまず最初の壁なのな。
その壁を前にして夢を諦める事は別に責めはしない。
そんなの、俺にだって幾らでもあったし。
ただ、その壁を「見ないフリ・見えないフリ」してどう乗り越えるかを「考えない」、
そういうふうになっちゃうと、なんだかなぁ〜と落胆しちゃう訳。
俺はこの歳になっても叶えたい夢を叶えるために足掻いてる、と思ってるのね自分を。
その夢を叶えるために、犠牲にしてるものは何か?
それは結婚して、子供持って、家を持つ、っていう幸せをすべて差し出してるのよ。
37にもなって独身で、故郷の友人なんかみ〜んな子供が居たり、バツイチなったりしてる中で、
俺は何してるか?っていうと、彼女作る暇ありゃ仕事が欲しい、技術を磨きたい、本作らせろ!
そうやって必死に叫んで、毎日を駆けずり廻ってる訳。
誤解してもらいたくないのは、別に後悔なんかしていないってトコ。
だって自分が選んだ道だから。愉しいぜ?とみんなに言いたいぐらいでさ。

で、アキゴジさんはどうなの?って尋ねてみたかったのな。
確かもう二十代なんだったよね?
そろそろ夢だけでは喰えなくなってくるリミットが近づいてきてる訳じゃん?
映画監督、それも斜陽中の斜陽の怪獣映画の監督なんて
厳しい所の騒ぎじゃねぇ〜ぞ、おい!マジでやるのか?目指すのか?
もし本気で目指すのなら腹の底から応援したい、させてほしい。
だけど、ただの浮ついた夢だったら、最初から期待しない方が俺が傷付かなくて済む。
道は違えど、自分の夢を叶えるために修羅の道を進むヤツ、
そういうヤツこそ、俺が一番刺激を受ける人物だし、刺激を受けたい、
共に励まし、闘って、現実を切り開く「戦友」として素直に誇りに思いたい。
自分の夢を叶えるために、どんな苦難でも受け入れて乗り越えていこうと思ってる「本物」なら
俺はその存在を知るだけで、なんて励まされ、勇気付けられ、誇りに思えるだろうか!
…そう
  • POO
  • 2010/12/11 11:42 AM
おろ、長文過ぎてコメントが切れてしまって申し訳ない(苦笑

要は、アキゴジさんがどれだけの熱意を持って「怪獣映画の監督になりたい!」って言ってるか、
それが知りたかったのよな。本気なら応援する。
そうなれればいいな〜ぐらいだったら、そうだね〜そうなれればいいね〜と合わせるし。

別に本気じゃなくったって良いのさ。
だってゴジラを愛するって点では「本物」でしょ?
だから姿勢がどうであれ、責めてる訳じゃないのね。
ただ聞いてみたかっただけ。
なので勘違いしないでほしいなぁとだけは伝えておきたいんだけどね。
  • POO
  • 2010/12/11 11:47 AM
>カズさん
どもども初めまして、コメントありがとうございまっス。

いや〜、何をそんな余所余所しい態度なんざんしょ?(笑
ゴジラが好き、その気持ちひとつさえあれば、カズさんと俺はもうマブダチだぜ!
…三十路にもなって結構マジで↑こんな事言ってるのも少し恥ずかしいなぁ(自爆
どうぞ遠慮なさらずに、何でも思った事や感じた事などを書き込んで行ってくださいな。
そんなふうに使ってくれることこそが、このブログの管理人的に本望なんで^^

さぁこっちはいつでも準備オッケーだぜ?バッチかかってこ〜い!!
  • POO
  • 2010/12/11 11:53 AM
あ、どうもやってまいりましたカズです。いやぁ、余所余所しいというか、私はメールで絵文字も使いこなせないようなオジサンなんですよ。(42歳です)
いま打っているパソコンのキーもけっこう時間かかってます。
怪獣ファンの世代でゆうと、いわゆる小中学生の多感な時期に「冬の時代直撃」を食らった世代です。
「メカゴジラの逆襲」から「84ゴジラ」までの新作休暇期間は長かった・・・。

管理人のPOOさんはいいこと言いますね。私が若い女なら惚れますよ?。

熱い情熱を持ったアキゴジさんも是非がんばってください。私のように「冬の時代」を生きた怪獣ファンはゴジラに対しては子供のように無いものねだりをしてしまうのです。
もうあれは怨念のようなものなのです。
「しょうがないなぁ」と温かい目で見逃してあげてください。

アキゴジさんは自分が納得できる物が出来たらいいですね。他人まで納得させられるものが出来たら作家を名乗ることができるでしょう。
これは素敵なことだと思います。自分の名でギャラを稼ぐとゆうのは責任を持った人、プロフェッショナルになるとゆうことです。

しかし才能と努力をもってしても報われないときもままあるでしょう。
デザイナーの成田亨さんの著書などを購読したりすると、プロダクションから正当な報酬を貰っていないこと、キャラクターに関するパテント権利の曖昧な扱い等、死去されるまで憤慨されてたそうです。
POOさんのアドバイスはけして軽くはないのです。
そして「好きなもの」を「好きだったもの」と、過去のものにしないためにも創作には是非、真摯に向き合ってみてください。
応援しますよ。

あと、私見ですが「ゴジラ」のテーマや存在は高尚なものでなくともよいと思っています。
それは私がゴジラに惚れたのは劇中のスペクタル・シーンにあったからです。
「怪獣映画」を鑑賞する際、あまり凝った設定とかテーマをもってこられると頭が悪いから上映時間中に消化できないんですね。
これは自分がいけないんですが・・・。

アメリカ製2012年版ゴジラが良作になるといいですね。
それでは。
  • カズ
  • 2010/12/12 9:29 AM
怪獣映画は本当に面白い。今の時代の技術で作ってみたら、もっとすごい物が作れるのでないか?

しかし、今の人々はほとんどが怪獣を求めなくなっている。それどころか、「怪獣映画は売れない」という理由で怪獣映画を作ろうとしない映画会社もほとんどがそうである。

だが、本当にそうなのだろうか?少なくとも僕は「そうではない」と思います。現にアメリカではゴジラにオマージュを捧げた怪獣映画「CLOVERFIELD」が大ヒットを記録している。更にはゴジラが2012年に復活しようとしている。

僕は怪獣映画にはまだまだ可能性があるのではないかと信じます。
ただその可能性を何故活かそうとする者がいないのか、もしかしたら気付いていないのが正しいのかもしれない。
売れなければ意味が無い、こういうのも事実上そうであるから否定できない。しかしそれよりも「評価される事」がもっと大切ではないだろうか。
人気者出せば売れるという事ばかりをモットーにしたせいか、とある韓国の映画監督も「今の日本映画にはあまりに深みが足りない」と言われている。確かにこれも否定できない。
もし自分が怪獣映画を作るのなら良い評価をもらえる様な作りたい。売れる事よりも見ている人達に「面白い!」「怪獣も捨てたモンじゃない」とそう言われる様な映画を作ってみたいです。転落人生になろうが、誰かに罵倒されようが、己の信念を貫き通してみせますよ!必ず!

怪獣映画に自分の全てを賭ける!金も命も人生も何もかも!初代ゴジラの特技監督円谷英二氏がかつてそうであったように!
  • アキゴジ
  • 2010/12/12 10:49 PM
おぉっ!アキゴジさん持ち直したみたいですね。
私も最新の技術でゴジラを是非観たいですよ。
欲をいえば「ピーター・ジャクソン版のキングコング」級のやつですね。あの作品のディテールはただただ美しかったと思います。
丹念に作った割にはあまりヒットしてなかったようですが、これもアキゴジさんのゆう「評価されることが大事」とゆうことになるかもしれませんね。
大衆が求めていたものに呼応していない古風なテーマが敗因だったのかもしれません。メディア商業はむずかしいものですね。

私としては、あんなにサービスがいい怪獣パニック映画はないのに・・・と思っていたのですが。
駄文でした。それでは。
  • カズ
  • 2010/12/14 8:22 AM
>カズさん
おっ、管理人不在の間に色々とお手数お掛けしたみたいで申し訳ないっス。
至らぬ若輩者のブログですが、今度ともよろしくご指導頂ければと。

>無い物ねだりの怨念
コレ、すっげぇ分かりますな(苦笑
85までがホントに長かった事長かった事。
あの当時の封切り前は本当に夜も眠れず、ってなワクワク感が凄かったなぁ〜。
2012年版なんて比較にもならないぐらいの期待感がありましたな!
…感想は、まぁ、ほら、人それぞれですが(苦笑

怪獣映画って、期待値が高すぎると思うんっスよね。
アレもコレも観たい!みたいな、ファンの欲がデカすぎて。
自分の頭の中にある理想系がどうしても優先してしまうオタク気質みたいなのが
怪獣映画没落の要因のひとつなのかも…と思う時もあったりして。
あくまでも商業、商売ですから利益を考えると中々動きがとれないのも事実で。
だからこそ、ハリウッド版の圧力で邦画も良い方向に変化すればなぁと
思っていたりもしているんですが、さてはて。
ピーター・ジャクソンのキングコングも密林でのティラノとの対決は燃えたなぁ!
あんな感じでただゴジラにしてくれれば何の文句もないんだが(笑

今のところは最新情報も出回らず、中々にこの記事の続報を書くことも出来ませんが
お暇な時にはこうやって覗いていただけると幸いであります。
またお越しになってくださいまし〜^^
  • POO
  • 2010/12/14 9:03 AM
>アキゴジさん
う〜む。
まだキャッチボールが出来てないと思うんだけど、まぁいいや。

以前に書いたと思うんだが、商売として映画が成立している以上、
まず初めに直面する敵(壁)は同じ会社、それも物凄い上の立場の人だと思う。
要するに金勘定する人ってことね。
その人らをねじ伏せないと、どんなに良い企画も通らないのが企業であって。
そのために必要な武器は、これまた何度か書いたが「熱意」しかないのよな。
ダメだし食らって落ち込まない心、それを支えてくれるのは他人の生優しさではなく、
自分の血、内から湧き出る気力しか無い訳で。
君の熱意は十分に俺にも、この記事を読んでる無数の人にも十分伝わってる。
後はどう戦っていくのか?
そこが気になるっうか、色々と思い浮かべる箇所なんだが、
そこまで言い切って、吠えたのなら、まぁやりんさい。存分に戦ってみんしゃい。
戦い方が分からないのなら、その時は改めて聞きに来てくれれば
三十路秘伝の上の人間を口説いて殺す方法を教えようじゃないか(笑

君がどこまで高く、遠くに羽ばたけるか?
ネットの向こう側から楽しみに眺めさせてもらいましょう。
ファイト!
  • POO
  • 2010/12/14 9:13 AM
どうも、またやってきましたカズです。
アナログ思考のオジサンの戯言のような作品をひとつ・・・。

深作欣二監督版「魔界転生」とゆう作品を鑑賞されたことはありますでしょうか?。
「柳生一族の陰謀」で十兵衛を演じた千葉真一が、忍法により転生して日本支配を企む天草四郎の率いる魔界衆と死闘を繰り広げる、といったサービス満点の角川映画だったのですが。

私は子供のときからこの設定が大好きでゴジラでもオールスターで観たいな、とよく考えていたのです。

始まりは趣味で買ったカシオのデジカメでした。本体の自動再生とゆう機能を使うと撮影した被写体がコマ送りでアニメーション効果のように動かせることにきずいたのです。

コマ撮りといえば8ミリフィルム・カメラしか思いつかない私に、この機能は晴天の霹靂でした。

ほかのカシオのカメラでも1秒間に10コマしか再生できないのが難点でしたがマクロ接写が可能なタイプを購入し直すと、財源と時間が許す限り「自分が見たい怪獣シーン」をコタツの上で制作することにしました。

記録編集用に当時まだ高額だったDVDデッキなどを購入した際に「パソコンだともっと色々出来ますよ?」と言われたりもしましたが、会社でエクセルも使えない私には、やはり無理な話でした。

4年ほどまえにコツコツ作ってみたのですが友人が協力してくれてBGMや光線処理、オープニングのスタジオアニメまでパソコンで作ってくれたのはうれしいことでした。

「自分が出来ることはココまで」でしたがコタツで作るゴジラ作品、市販で売っているフィギアを使用した稚拙なものですが、良かったら見てやってください。

先日、パソコンのことが分からない私に代わって友人がニコニコ動画に代理投稿してくれました。
「ゴジラ 大魔獣封印禄」とゆうエラそうなタイトルで投稿してあると思います。

すごいCGを自宅のパソコンで制作している時代だとゆうのに、思いっきり逆方向だなぁ、このオジサンは。
一応、私なりのキャッチボールです。
それでは。

  • カズ
  • 2010/12/16 9:51 AM
POOさん
すいません、キャッチボールは苦手なモンで・・・(会話においても、リアルにおいても)こんなバカですが、勘弁して下さい。
ゴジラ「このドアホが」
嫁よ・・・頼むからちょっと黙っててくれ。
必ずや夢を達成してみせます!あ、一つ質問ですが、POOさんやカズさんは歴代ゴジラで何が好きですか?僕は1位初代、2位平成VSシリーズ、3位GMKってところです。まぁぶっちゃけゴジラも怪獣も全部好きです(笑)

カズさん
ニコニコ動画に投稿されていたアレってカズさんが友人の人と一緒に創った物だったんですか、なかなか面白かったです。僕も手書きの怪獣漫画でも描いて投稿してみようかな。絵描きに結構自信があります。怪獣のデザインはいろいろ決まっていますが、ストーリーが思い付かん・・・(汗)実は映画の作り方とかよくわからないから漫画家になって怪獣漫画(怪獣以外にもいろいろ描きたい物はあります)を描いて、(もしもの話ですが)ヒットして売れる様になったら地道に映画作りに励んでみようかなと思っています。でも非実在青少年の改正法案が昨日可決されちゃったなぁ・・・石原の野郎許さねぇ・・・。あんな悪法通ったら夢も希望もありませんよ、まったく・・・。どうにかしないと・・・。
  • アキゴジ
  • 2010/12/16 10:16 PM
あ、やってまいりました。カズです。

アキゴジさん、ご鑑賞ありがとうございました。
私の一番好きなゴジラ作品は「メカゴジラの逆襲」ですよ。子供の頃にインプリンティングされてしまいました。
とくにフィンガー・ミサイルでの都市破壊シーンがすごく好きですね。
精巧に出来た物をどうカッコよく壊すか?がミソです。
一番完成度が高い作品は「モスラ対ゴジラ」だと思っています。


アニメでは「マジンガーZ対暗黒大将軍」でマジンガーがボロボロになっていくシーンが好きだったりしたから、たぶん私はサド気質なんでしょうね。
変哲のない回答でした。
それでは。
  • カズ
  • 2010/12/17 3:28 AM
通りすがりのゴジラファンSTRと申します。
↑のカズさんのコメントに大変共感いたしました。
パニックムービーに食傷気味の映画界ですが、ハリウッドが培った叡智を絞って盛大にぶっ壊して欲しいですね。
ストーリーの堅いことは抜きに、いかにゴジラを魅せるかのみ!がんばってくれハリウッド!
p.s.ボロボロマジンガー、共感します。
  • STR
  • 2010/12/19 4:47 PM
またやってまいりました。カズです。
管理人POOさんアキゴジさん調子はどうですか?。STRさん共感ありがとうございます。

さて、ゴジラファンのみなさん、「お台場の実物大ガンダム」の情報を聞かれたとき、こう思われませんでしたか?。

「ゴジラ」も実物大で作ってくれないかなぁ、と。

映画「俺たちの大和」でも角川春彦が前半分とはいえ広島の尾道に巨大戦艦をつくってましたねぇ・・・。

あぁっモスゴジの出現シーン再現で25メートルの上半身だけでもいいから実物大でソレを私は観たい。
と最近、紋々と考えていたのですが財力もないので、せめても、とゴジラの足跡だけでも再現しに海岸の砂浜へ行くことにしました。

幸い冬場ですから人気もありませんし、むかし私は自衛隊に所属していた頃があってエンピでよくムダ穴を掘らされていましたから、オジサンになったからといって、こうゆう作業は案外と苦ではありません。

一通り掘り終えたら一人で足跡を眺めて悦に入ろうかと思います。
やはりお台場ガンダムには、程遠いですかね。

今回も駄文でした。
それでは。
  • カズ
  • 2010/12/20 7:30 AM
カズさんへ
その事なら知っていますよ。平成ゴジラシリーズで特技監督をやっていた川北監督も制作に出ているみたいですね。しかし飛ぶシーンとか撮るのかな?ガンダムは飛行での戦闘が見物だし・・・。

しかし、ゴジラの実物大か・・・やってみればやれない事もないのではないでしょうか?難しいのは確実でしょうかけど・・・(汗)
因みに1984年版ゴジラで実はゴジラの足の実物大が撮影に使われていたのはご存じですか?あれをDVDのメイキングで見た時は鳥肌モノでした。他にもガメラ3でのガメラが渋谷を破壊する姿は実物大を動かしているんじゃないか!?と思うくらいすごかったと感じます。ゴジラもあぁいう風に作ればよかったのに・・・(寂)
  • アキゴジ
  • 2010/12/25 10:11 PM
こんにちは。またやってまいりました。
アキゴジさんお返事ありがとうございます。

足の話なんかして、本当に蛇足でした。
今年ももう残り僅かになりましたね。
管理人POOさん含め、ゴジラファンの人達によいお年を!。
  • カズ
  • 2010/12/27 8:16 AM
ここにはゴジラを愛する人が集まっているのですね。ぜひ仲間にいれてほしいものです。
 僕は父親の影響で4歳くらいからゴジラをみました。はじめてみたのはモスラやバトラーがでてくるゴジラ対モスラです。そのときの衝撃と感動はいまでもわすれられません。それからも
たくさんのゴジラをみました。
 要するに、僕はいままでゴジラとともに成長してきました。ですから、ここにいるみなさんのゴジラにたいする思いも決しておおげさではないとかんじています。
 この中に僕と同じ中学1年生がいてくれたら
うれしいですが、なかなかそうもいきませよね。
  • ラドンモドキ
  • 2011/01/21 3:33 PM
新情報が出回っていないかと巡回しててこのページを見つけました。
一つ目の動画は削除されているため確認は出来ませんが、二つ目のほうはガセでしょうね恐らくですが、この動画が出回り始めたころはまだ撮影に入ってすらいないはずですし。

ただプロモーションアートでしたらすでに公開されており、自分のブログでも紹介してますがLegendaryPicturesがSan Diego Comic-Conにて公開したものです。
製作発表を聞く限り、米ファンからも不評だった(正直失敗作と言ってよいでしょう)前ハリウッド版のにのてつは踏まないと思われます、現状出回ってるのはこのプロモーションアート以外はファンが勝手に作ってるファンアートがよほどです、向こうの方々は基本的にこの手のお祭りが大好きなんですよ。
ちなみに前の作品に関してはモンスターパニック物としては良作でしたがゴジラ映画としてみたら完全な駄作ですかね、特撮映画ファンの戯言でした。
  • isan
  • 2011/01/27 8:12 PM
はじめまして。鳥頭と申します。
平成生まれで初代も見たことがない未熟者ですが、ゴジラは好きなので語り合いに混ぜていただけるとうれしいです。
上からだーっと見させていただきましたが、アキゴジさんについての話題が盛んですね。私も数少ない経験談から少しアドバイスを・・・と思いましたが、長くなりすぎ・口が悪くなりすぎたのでやめておきますね^^;POOさんのような落ち着きがほしいです(・ω・`)
私もシナリオライターを志しているのでアキゴジさんの夢は応援します。ただ、POOさんの助言はもう少しマジメに聞いたほうがいいですよ。セメテコレダケ・・・
続・三丁目の夕日のゴジラは私もよく出来ていたと思います。が、どうしても特撮でCGというと嫌な印象(仮面ライダーやウルトラマン等)しかないのでCGゴジラよりはきぐるみ派ですね・・・。魂が感じられます☆
以前(結構昔なので記憶が朧気;)、TVでゴジラVSデストロイアの特集がやっていた時に、撮影の時ゴジラ役の人が燃えながら酸欠でぶっ倒れたというのを見ましたが、何故そこまでするんだろうと疑問をもったと同時に、感動しました。そこまでゴジラに魂が込められている、と。
あとPOOさんがゴジラを真横から抜くな、といっていますが、私はあの描写は好きですね〜。もし本当にゴジラが現れたら、上から見下ろすなんてことはまずないだろうし、見上げることはあるかもしれませんけど、自分からはおっかながってそんなに近づかないでしょうしw遠くからゴジラを、そして蹂躙されている町を無力に眺めているだけって感じがして好きです♪・・・Mじゃないよ!
あとカズさんのゴジラ 大魔獣封印禄、すでにニコニコにはなかったです・・・もっとはやくここにこれなかった自分が憎い・・。あと、ゴジラの足跡をほったとのことですが、お台場のガンダムに負けないだけの魂が込められていると私はおもいますよ!
最後に、好きなゴジラ作品はGMKで、嫌いなゴジラシリーズはファイナルウォーズとハリウッド版です。GMKは地元がでていたのとBGMがカッコよかったです♪ハリウッドは海イグアナが核で、というのはいいのですがべた足じゃなく熱線もはかず高速で走るのはゴジラじゃないと思いましたwファイナルウォーズは登場怪獣が多いのはいいんですけど登場時間が短すぎて使い捨て感がしたのと、ラドンの風圧でカツラが飛ぶシーン(ラドンだったかおぼろげ。だって怒りに支配されてたんだもの)があり、怪獣の存在が軽すぎたのが嫌でしたね・・・。子供向けな戦闘シーン等は昭和ゴジラにもあったので大丈夫でしたw・・・ゴジランドはゴジラシリーズにカウントしてません。
それではダチョウ文失礼しました。
  • 鳥頭
  • 2011/02/18 9:14 PM
こんにちは。久しぶりに立ち寄ってみました。
管理人POO様お元気ですか?今年もはや3月に突入しましたね。
先日、スウェーデン産の怪物映画「トロル・ハンター」を鑑賞する機会がありましたので腰を据えて観てみました。
ブレア・ウィッチ・スタイルの作品でしたね。
日本人としては劇中のトロルを怪物として観るより妖怪として観たほうが心情的にしっくりと納得できる作品かもしれません。

この形式を日本のお決まり制作に当てはめると「バラン」+エコロジーのお約束映画とかになりそうです。

鳥頭さんへ
稚拙ながら作ってみた人形アニメの「ゴジラ大魔獣封印録」ですがYouTobeにも投稿してみたのでよかったら観てやってください。
前・後編と2部構成で登録されていると思います。
それでは。
  • カズ
  • 2011/03/01 7:59 AM
ゴジラだいすきじゃぁぁぁ〜特にビオゴジがすきじゃぁぁぁ〜

  • 奈良県代表
  • 2011/03/23 8:04 PM
>カズさん
いやぁ、半年近くも放置してて申し訳ないっ。
何から返信はじめりゃいいのか、今ちょっと途方に暮れていたりして(苦笑

「ゴジラ大魔獣封印録」、観ました。
あれだね、ハリーハウゼンみたいなストップモーションアニメなのな。
あれだけのジオラマ、作るのにそ〜と〜金かかったでしょ?
時間も掛かるわな〜、好きじゃないと作れない点では脱帽です。
で、だ。
まぁ僕の性格をだいたい御存知でしょうから、ズバッ!と思った事書いていいっスかね?
いや、その思った事を書いてほしいと思っているハズだ(←勝手な断定
動かし過ぎて画面がチャカチャカして観づらかったかなぁ、と。
もうちょっと歌舞伎の見栄的な、静のシーンがあった方がメリハリついて締まったのかな。
怪獣オールスター出演の総花的なアイデアは良いんだけど、
焦点がドコなのか逆にわからなくなるってのが欠点っすよね、こういうの。
ファイナルウォーズみたいに総当り戦みたいな展開だと、もうちょっと分かりやすかったかも。
っか、最後に大魔神がぶん投げて映像が終わったんだけど、アレがオチ?
まさか、ね?

素直に感心したのはメカゴジラの内部からジャガージェットが出てきたトコ。
アレはいいね!あのアイデアこそ東宝は採用すべきだと思った。
で後半のゴジラVSガメラの夕日のシーンで、カメラが左から右にパーンして抜けてくとこ。
あそこのカメラワークは(・∀・)イイ!!
あの調子で全編通じてくれると金取っていいレベルじゃないかと。

とにかく怪獣大好き!というのは凄く良く伝わってきて、見てて不快な気持ちは無かった。
だからこそ、もうちょっとストーリーとか演出に力入れてほしかったなぁと
欲も出ちゃうような感じ。
いやぁ、上から目線で散々な事言いっぱなしですまぬ。
今度作るのなら、俺がストーリー作るぜ!
っうか混ぜてよね(笑
  • POO
  • 2011/06/24 4:48 AM
>アキゴジさん
他人にキャッチボールしろ、って説教垂れておいて
自分の番になったらボールを投げ返さないってな酷い仕打ちですまぬなぁ。
いやはや、御無沙汰で。

夢なぁ…。
いや、叶ったらいいねとは素直に思うんだが
四十年近く生きているとだね、おれにもアキゴジさんみたいな時代があった訳。
うんと目上の人に大見得きって夢を語った日々ってのがね。
で、どうなったか?
あの日語った夢は、なにひとつ叶えていないっていう(自爆
正確に言うなら、叶えていないんじゃなくて叶える気がなくなった、んだが。
自分を振り返って、自分より若い子を何人も見て、それで思うんだが
若い頃に語った夢ほど、信用しちゃならねぇっていうね(苦笑
ま、頑張りなさい。
としかホント言いようがないんで、そんなトコで。

好きなのはやっぱ初代かなぁ。
作る側、観る側の情念みたいなモノが渦巻いていた気がするのね。
でもそれは時代に拠るモノも大きいから、そういう意味では奇跡のような作品だったんじゃないかなぁと思う訳で。
こないだの震災があって、ようやく今の時代にゴジラが復活する意味みたいなのが、
ちょっとは産まれたんじゃないかなぁと不謹慎ですが、そう思うよ。
  • POO
  • 2011/06/24 4:58 AM
>STRさん
どもども初めまして。
初めまして、なのに長い事放置していてすまんでっス。

二、三日前にね、久々に映画観行ったんですよ。
で、予告編が本編上映前に流れるじゃないっスか?
その時、トランスフォーマー3の予告編がやっててさ。
アレぐらいゴジラがメキャメキャ暴れてくれると、とんでもない傑作になりそうなんだがどうでしょうかね?
メカ・ロボットには一切興味のない三十路も釘付けにさせるハリウッドマジック。
魅せる事に関しては最高峰なので、本気の本気で作ったゴジラってのを期待したい。
どうなるかな?ダメだったらまたココで一緒にぶったたきましょう(笑
  • POO
  • 2011/06/24 5:04 AM
>ラドンモドキさん
どもども初めまして。
随分長い間コメント放置しててゴメンね。

っうか4才でゴジラっスか。
なんという怪獣映画英才教育…ゴクリ。オヤジさんGJ!(笑
年齢はね、あんま関係ないのよ。
好きな人が集まってあ〜だこ〜だと騒ぐのが楽しかったりするもんでの^^
でもさすがに中学一年生の子はココを読んでないんじゃないかなぁ。
管理人がそもそも三十路だし(自爆

ま、ネットだからね、あんまり意識せずにまたお越しになって下さいな〜。
  • POO
  • 2011/06/24 5:09 AM
>isanさん
どもども初めまして。
せっかくお越しいただいたのに放置してて申し訳なか。
記事内の動画、ファンアートどころかもう削除までされちゃってるという、
あらら、な展開で新情報もないままで心苦しい限りでやんす(汗

ハリウッド版の前作は、なんっても造形がねぇ…。
あれじゃBBCあたりが作る恐竜番組と変わらないってのが痛いよね(笑
あれでゴーサイン出した制作会社の上の連中をまとめてゴジラの餌にしたですわ。
さ〜て、来年の新作はどうなるやら。
また情報をキャッチしだい記事をアップしますんで、乞うご期待で。
  • POO
  • 2011/06/24 5:14 AM
>鳥頭さん
どもども初めまして〜。
随分コメントを放置しててすまなんだ。

む?君は着ぐるみ派なんだな?よろしい、決闘だ(笑
いやいや、着ぐるみも素敵なんだけどね、おっさんの個人的な意見でアレなんだけど
もうね、ず〜っと着ぐるみだったのでいい加減見飽きたっう(爆
スーツアクターがどれだけ頑張っても人体の構造的に可動域が限られてるから
毎回毎回、結局おんなじ動きじゃん?って思うのよなぁ〜。
秋田アキタAKITA!とおっさんは思う訳でして。

ファイナルウォーズ、三十路は意外と高評価でしてな。
バカバカしい、ここまでやるとバカバカしさが爽快過ぎて逆にグー!的な意味で。
む?君は否定派なのか?よろしい、ならば決闘d(略
アレはさぁ、ラドンもそうなんだけどホントにいらないのはジャニーz…おっと、誰かが玄関まで来たようだ。




ふぅ、あぶないあぶない(笑
シナリオライターを目指してるのか、いいねぇ。
こちらは一応本職デザイナー(雑誌とかの)なんで
そういうクリエイティブ系の若者の話には涎が出るくらい興味があるぜ?
っか、アレだな。
カズさんが今度新しく作るハズのゴジラ映像(僕の中では決定事項になってたりw)、
監督がカズさんで、脚本は鳥頭さんがやればいいんじゃね?
おおっ、なんか盛り上がってきたんじゃね????
俺?俺は演出担当でどうだろうか?絶対にカメラを下から抜いてやるが(笑
  • POO
  • 2011/06/24 5:26 AM
>奈良県代表さん
どもども初めましてでやんすよぉぉぉぉお!
こういう1行文、魂の叫び的なコメントも三十路は大好物ですよぉぉおおおお!

…負けずに絶叫してみました(笑
ビオゴジは人気たっかいよなぁ、やはり。
三十路も二番目ぐらいに好きですよ、あの造形は^^
ん?一番はなにかって?
これが意外と三丁目だったりするんだな、にゃはは。
  • POO
  • 2011/06/24 5:31 AM
 管理人POO様、お久しぶりです。お元気でしたか?。

ご指摘のとおり、適当に観たいカットを作って繋げてみたら、あんなのが出来ちゃったのですね。
ストーリーがあるような、ないような?感じだったはずで視聴者に配慮した分かりやすい構成や編集、テロップ等がまだまだ必要でした。

あの後の展開としては魔獣を封印する地点まで大魔神がゴジラをジャイアント・スイングしながら海上を進む最中に、ゴジラの熱線で頭を吹き飛ばされる描写が入る予定でした。
あと一歩とゆうところだったので人々の落胆するカットが入ります。
ガメラの咆哮。
とっさに上空を見上げる人々のすぐ真上を瀕死でボロボロのガメラがゴジラ目がけて特攻
飛行してゆきます。
両者、激突のち封印地点まで移動。
ガメラ、ゴジラに組み付いたまま全身が眩く発光。
海上に巨大なモスラ召喚マークが表れて現次元に出現した魔獣達がその中に飲み込まれてゆきます。
巫女の少女もいなくなっていった。
そうゆうイメージにしようとしていました。

デジカメ取り込みの1秒10フレームが限界の映像でしたから大変目が疲れたはずです。今度は1秒間24コマか36コマを目指してちゃんと観てもらえるよう勉強したいと思います。がんばってみますね。

ご観覧どうもありがとうございました。


この作品は映画の配給会社の人にも観てもらえる機会があったので鑑賞して頂きました。
たしかに昭和世代の映画人にジェット・ジャガーはやたら受けが良かったようです。

あれはエヴァンゲリヲンの体にジャガーの頭と色を付けただけだったので本当は外道の部類なのですが・・・。


次回作は怪獣物ではなくビスクドールを使った官能人形劇で「春琴抄」をコツコツ作る事にしています。

原作の描写にないカットだらけになりそうで
資料や機材、セットの場所(さすがに今回コタツは・・・)等の準備に窮していると、コンセプトを聞いてくれた上記の方達が協力を申しでてくれたりして、プライベート制作でビジネスにならないとゆうのに粗末な物でもなにか作っていると、うれしいこともあるものすね。

白磁の人形で和のエロス表現。
なるだけ陳腐にならないように気を配りたいものです。

あ、ゴジラ愛好家に関しては生涯ブレることはないので、みなさん、これからもお付き合いよろしくお願します。
それでは。





  • カズ
  • 2011/06/27 9:22 AM
>カズさん
あいや〜、随分御無沙汰してたのに丁重な返答、恐れ入りやす^^;

すんませんね、なんか偉そうな事ばかり書いて。
でもようやくストーリーの補完が出来たのでぐっすり眠れそうです(笑
ジャガーはあれ、意外に盲点ですよ!
特撮マニア的には個々の存在性を重要視する悪癖?があるんで、
どうしても別個のモノ、と考えがちなものですから目から鱗の発想でした。
あのビジュアルショック的なインパクトは観てて思わず声上げましたからね〜。

次回作はエロスっスか〜。
むぅう、三十路の怪獣映画制作デビューは遠ざかりまして残念無念(笑
春琴抄ってのは生憎よく分からないんですが、エロって怪獣以上にむずかしいと思うので
中々大変でしょうが頑張ってくだされ。
そういう映像物が溜まってきたら、僕が企画書を書いて出版社に売り込みにでも行きましょうか?(笑
ではでは完成を期待しております。
  • POO
  • 2011/06/28 4:51 AM
カズさ〜ん!!最高だよ〜!!本当に楽しかったよ〜!!
  • しがらきやき
  • 2011/07/12 1:55 AM
>しがらきやきサン
初めまして?ですかね。

と、いうことらしいです、カズさん。
もう管理人シカト状態なんで後はまかせた、好きになってくれぃ(爆
  • POO
  • 2011/07/13 1:09 AM
POOさん、申訳ありません。はじめましてです。よろしくお願い致します。あまりにも「ゴジラ大魔獣封印録」が嬉しかったので衝動的にエールを投稿してしまい挨拶を忘れてしまいました。申訳ありません。

怪獣馬鹿の昨今の渇望を潤して頂きました。またこの様な良質なファンが集まるブログサイトに出会えた事も大変嬉しく感じております。これからも拝見させて頂きます。

これからも宜しくお願い致します。
(一番好きなゴジラシリーズ作品は『地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン』です。歳は30代前半です、邪道と言われそうですが好きな物は好きなんです。一番好きな東宝特撮作品は『サンダ対ガイラ』です)
  • しがらきやき
  • 2011/07/15 3:05 AM
しがらきやきさん、はじめまして。
「ゴジラ大魔獣封印録」のご鑑賞ありがとうございました。
ガイガンの冷たい面構えはカッコいいですよね。

  • カズ
  • 2011/07/17 4:23 AM
>しがらきやきサン
おろ、わざわざ御丁寧にどうもです。

しがらきサンに限らず、最近思うんだけど
いい機会なので改めて書いておこうかと。
このブログは2chとかのネット掲示板じゃなくて、
まくまで個人ブログなんですよね。
同好の士が盛り上がってくれるのは結構な事ですが
個人のブログなんでね、挨拶も無く好き勝手するんなら
そのまま2chの特撮板とか他所でやってくれよ、ってのが本音で。
持論をぶち撒けるのなら自分のブログでどうぞすきなだけ、ってのもね。
ACのコマーシャルじゃないけどさ、挨拶するたび友達増えるよ、じゃん。
親しき仲にも礼儀あり、ましてや初顔合わせならと。

っう訳でしがらきサンに挨拶してもらったんでもうPOOとは友達です。
友達の熱意に応じて2012ゴジラの最新情報、アップしときましたぜ♪
どぞ、そちらもご賞味の程を。


>カズさん
いやぁすいませぬ、相手してもらっちゃって。
お詫びに新情報、UPしときましたんでどぞ。
  • POO
  • 2011/07/17 8:38 PM
管理人POOさん
米国版ゴジラの最新画像、ありがたく拝見させて頂きました。
見た瞬間、この夏場に体温がさらに高くなってしまいました。
この画像のゴジラ、眉毛?はあるけどこのトゲトゲした背びれはなぁ・・・と思ったりしてます。今回はちゃんと口から熱線も出してほしいものですね。

これだけ大きな造形物があるとゆうことは全編フルCGのハメ込みではなくゴーモーション・スタイルの撮影もあるとゆう事でしょうか。
それともこれはキャンペーンプロモーション用のヌイグルミだろうか?
とか、いろいろ想像してしまいました。
いつも貴重な情報ありがとうございます。
それでは。


  • カズ
  • 2011/07/17 10:31 PM
POOさん、大変申訳ありません。こちらの礼節を欠いた態度が、POOさんのブログを運営する姿勢に土足で上がる様に感じられましたら本当に心外です。心からお詫び申し上げます。

最新情報拝見させて頂きました。カッコいいですね。(あの感じ大好きです)公開予定までほぼ一年となりましたのでボツボツ情報が出てきてもいいと思うのですがやはりガードが固い様ですね。

いつもこの様な情報をブログで提供して頂き感謝しております。平成ゴジラシリーズがやっていた時代はゴジラマガジンや学研のムック本等結構沢山の情報がありましたが昨今は本当に減ってしまいPOOさんの様な情報で新作の妄想をしております。

2014年はゴジラ生誕60周年ですので東宝さんにおいても何らかの動きがあるのではないかと期待してはいるのですが我々一般の大きなお友達には知るすべもありませんのでじっと動きを注視しておきたいと思います。

失礼致します。
  • しがらきやき
  • 2011/07/18 12:37 AM
>カズさん
むひょひょ、新型ゴジラに血が騒ぎましたか?
もちろん三十路も騒ぎに騒ぎまくったのですが、
また「それデマっスよ〜」とココで突っ込まれるのが怖くて
真贋確かめる作業のほうが大変でしたわ(苦笑

でも色んな想像出来る今のうちがホント、楽しい時期なのかも。
早く観たいんだけど、いざ挙がってきたらブッ叩くのもイヤだし(笑

またなんぞありましたら掲載しますね〜
  • POO
  • 2011/07/25 2:14 AM
>しがらきサン
いやいや、もうそんなに畏まられたら逆に辛いんで勘弁して(汗
たぶん、しがらきサンもそうだと思うんだけど
この記事に検索で辿り着いたと思うのね、グーグルかヤフーで。
で、今、この記事の閲覧率が凄いのよ。
なんでかしらないんだが検索上位にあるっぽくてな。
以前、外国女優さんの記事をウチでアップした時も今以上に凄くて
もう2chとかに貼られまくって突撃されまくりで。
そん時に色々と揉めたからビシッと書いておこうとしがらきサンをダシに使っただけ…
それが真相だったりするんで、ターゲットにされたしがらきサンには
逆に申し訳ないと思っていたりするのが本音で(苦笑
もう挨拶済んだし、友達じゃん!って事でこれからもよろしくっス。
そんなトコで手打ちしようよ(笑

で、肝心のLPなんだが異様にガード硬くてなぁ…。
自動翻訳しまくりでUS、UK、カナダと駈けずりまわって探したけど
あの記事の一番上(縦イラスト)の公式絵一枚だけで。
中段2枚のハリネズミ・ゴジラに関してはとうとう真贋が分からず仕舞い。
いや〜、御期待に添えなくて申し訳ないホント。
これだけガード硬いと公開時期が2012末じゃねぇかな?と推測してみてるんですが
少なくとも年末クリスマスシーズンまでLPも情報出さないっぽい。
年末は向こうもかき入れ時だから、さすがに出るとは思うんだけど。

また何かあったら掲載しときますんで、また遊びに来てやっておくんなせい!
  • POO
  • 2011/07/25 2:23 AM
こんにちは。管理人POOさんお久しぶりです。
お仕事は順調ですか?。
ここ最近はゴジラの新作情報も聞くことがなくて残念な月日が流れていってます。

今年は天変地異があり、日本中が疲弊した一年になりました。

激動の平成23年もあと残り僅かとなってきましたがお互いがんばりましょう。

それでは、また。
  • カズ
  • 2011/11/27 7:10 AM
>カズさん
いやはや、長い間おまたせしてて申し訳なかっス(汗

もう既知だとは思うけど、公式造形の画像をもうひとつの記事の方にUPしといたので是非是非。

ほんとね、今年はみんな大変だったんじゃないかなぁと。
こんな時こそ、時代の閉塞感を吹き飛ばしてくれるゴジラみたいな存在に
存分に暴れまくってもらいたかったのですが、どうやら延期だそうで。
もうしばらくは我々人間が地に這いつくばって頑張らないといけないっぽいですな〜。
ホント、お互い頑張りましょう。

…年の瀬になると、やっぱやけにしみじみするよね(苦笑
  • POO
  • 2011/12/03 12:40 AM
もうゴジラが公開される2012年になったことだし、そろそろ大きい続報が出てもおかしくないんじゃないのかな?
  • ただのゴジラファン
  • 2012/02/11 9:34 AM
>ただのゴジラファンさん
どもどもコメントありがとうございまっス!

お?まだ公開延期のニュース知らなかった???
ハリウッド版ゴジラ、当初はツッコミ通り2012年公開予定だったんだけど、
それが2014年に延期になったんですよ〜。最初の脚本家が首になったみたいで。
とうい訳で続報がまったく無いままんだけど、このコメントを読んでさっき、
海外のゴジラファンが集まるフォーラム(掲示板みたいなトコ)覗いて、
独自に情報収集をしてきました!そしたら奴ら…
新作には何体の怪獣が出てくるかで揉めてやがったwww
あげくのはてにトトカルチョ始めやがって、一番人気は2体(うち新型は1体)でオッズは2.1倍だったでヤンスwwwww
もう一体はガイガンのリメイク予想(願望?)が圧倒的で、
なんだろう、アメ公はガイガン好きなのか?と頭ひねって帰ってきましたがなw

以上、毒にも薬にもならないハリウッド現地(愛好家)情報をお届けしました!
マジな情報なら即アップしますんで、それまで一緒に待とうぜ!
いいかげん、くたびれてきたけれどねwwwwww
  • POO
  • 2012/03/05 5:04 AM
ゴジラとヘドラの予定だったのが変わるのかな?
  • ゴジラファン
  • 2012/07/03 5:08 AM
>ゴジラファンさん
どもども長らくの御無沙汰、申し訳ないっス!

へドラ登場説はかなり信憑性あるって初期のうちから有名でしたね!
ヘドラ+宇宙から襲来する宇宙生物の2体、ってのが
確か没になった脚本に書かれていたという話を海外フォーラムで読んだ記憶が。
今に時代にはヘドラとか案外ナイスチョイスな感じですが、
さてはてどうなりますことやら。

ま、でもこういう待ってるだけのモヤモヤッとした時間も楽しいよね♪
  • POO
  • 2012/11/28 2:54 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM