<< 790000HIT御礼企画「究極の納涼壁紙36選&携帯壁紙5傑詰め合わせ御中元セット・2010ver」。 | main | 遠い昔、夏は冒険の季節だった。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【予告編動画、遂に入手!!】H・P・ラブクラフト『狂気の山脈にて』映画化、最新情報。



ラブクラフトフリークである三十路がこの第一報を記事にしたのが、2007年の11月2日。
あれから3年弱もの間、ウンともスンともピクリとも報じられなかった映画化続報。
そのいきさつがアメリカ版のウィキには、実は記載されているのね。

配給会社のパラマウントが、莫大な金額になりそうな制作費を回収するための、
スポンサー集め対策として映画の結末をなんとか【ハッピーエンド】に変更できないか?と、
監督であるギレルモ・デル・トロに打診した処、デル・トロがブチ切れたそうな。
『御大の作品を、それも「狂気の山脈にて」をハッピーエンドにしろだぁああ?!!
作品の根幹を真逆どころか、興行のために明後日の方向に変えろっていうのか俺に!!?
てめぇら、ふざけとったら簀巻きにしてインスマス湾に沈めたるぞゴラァ!!!』
てな感じで喧嘩別れのお蔵入り、みたいな感じだったそうな。3行目はもちろん嘘(苦笑
ま、それだけじゃなく、デル・トロには「ロード・オブ・ザ・リング」の前身でもある
「ホビットの冒険」映画化の監督オファーが舞い込んでたり、と色々事情はあったそうで。

で、そんなこんなで泣かず飛ばずの「狂気の山脈にて」映画化の話だったのだが、
遂に、その制作がリスタートを切ることになったそうでやんスなのよ〜!
全国に隠れ潜むラブクラフトフリーク諸君らに今回はそのニュースをお届けすると共に、
なんと、【狂気の山脈にて・トレーラー(予告編)】も海の向こうで発掘し、大公開。
ふはは、俺の「目星スキル」は半端じゃねぇぇえええ!クリット出まくりだぜぇぇぇええ!
今ならOLD ONEやショゴスを目視してもSANロール、成功するような気がする……ゴクリ
えぃっ、コロコロ………ギャァアアアア、ファンぶったぁぁあ!!!!!

【ギレルモ・デル・トロ監督が、ジェームズ・キャメロン監督と最強のドリームタッグを結成!! 実現困難だったH・P・ラヴクラフトの暗黒神話「狂気の山脈にて」の3D映画化が決定!!】

 ギレルモ・デル・トロ監督が、長年、暖めながらも、実現不可能では…?!と言われてきたドリーム・プロジェクトが、誰もジェームズ・キャメロン監督の機嫌を損ねたくないおかげで?!、ついに現実になる幸運に恵まれました…!!
(中略)

 と言っても、
DEADLINE NYのマイク・フレミングが単独スクープで伝えてくれた、ギレルモ・デル・トロ監督の待望の最新作は、実のところ、目新しいものではなく、同監督のファンの方はとっくにご存知のH・P・ラヴクラフト原作「狂気の山脈にて」の完全映画化でした…!!

 ただし、マイク・フレミングのニュースが極めて驚きに価するのは、あのジェームズ・キャメロン監督が「狂気の山脈にて」映画化プロジェクトに参加し、GDT監督と最強タッグを組むことになった黄金コンビの誕生で、実現不可能と言われていたプロジェクトが、ついに現実に始動することになったのは、どうやら、「アバター」(2009年)のような超巨大ヒット作を作ってほしい下心から、どこの映画スタジオも頭が上がらず、今のところ、絶対に怒らせたくないジェームズ・キャメロン監督の鶴のひと声だったようです…!!

 そのジェームズ・キャメロン監督が製作総指揮として、全面的にバックアップすることになった、ギレルモ・デル・トロ監督最新作「狂気の山脈にて」は、前述のように、カリスマ的なSFホラー作家のH・P・ラヴクラフが1931年に執筆し、その5年後の1936年に初出版した小説を映画化するもので、原作は創元推理文庫の「
ラヴクラフト全集 第4巻」に収められています。

 物語としては、原作が書かれた1930年代を舞台に、南極調査に出かけた大学の探検隊が、前人未到の巨大な山脈を発見し、それがかつて、宇宙からやって来て、地球を最初に支配したエイリアンの遺跡だった…!!というもので、探検隊はエイリアンの恐ろしいクリーチャー、ショゴスと出くわすことになります!!

 この「狂気の山脈にて」プロジェクトは、そもそも、スピルバーグ監督のドリームワークスが2004年に、ギレルモ・デル・トロ監督作品として立ち上げたものですが、その後、2007年になって、「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」(2008年)を製作することになったユニバーサル映画が、同監督を自社のラインナップの機軸となる、言わば、4番打者のような立場で迎えて契約するのと同時に、開発中のプロジェクトをドリームワークスから買い上げてくれたもので、ジェームズ・キャメロン監督をスタッフに迎えた新たな映画化もユニバーサル映画の製作により進められます。

 で、「狂気の山脈にて」が、どうして、実現不可能な企画だったのか…?!というのは、まず、南極に巨大な山脈がある…!!という映画のスケールが大きくて、製作費がかさむ割りには、その内容がダークなSFホラーとして、陰惨な描写が含まれているため、一般ウケを望むことは難しく、採算がとれないと考えられていたからです。

 しかし、ジェームズ・キャメロン監督が参加してくれたことによって、ユニバーサル映画は、映画マニアには大人気で、才能・実力ともに申し分ないながら、世間にはそんなに知られていないギレルモ・デル・トロ監督の知名度の不足を、“ジェームズ・キャメロン監督製作総指揮”と、同監督の名前を前面に出してプロモーションできるばかりか、「アバター」の3D技術を完全に取り込んで、“「アバター」に続くジェームズ・キャメロン監督の本格的な3D映画体験!!”と宣伝して、ふれまわることが「狂気の山脈にて」において可能となりました…!!

 よって、本来はギレルモ・デル・トロ監督による、マニアックなSFホラーを、ユニバーサル映画は、エンタテインメントなブロックバスター映画として、大々的にプロモーションできることになった訳で、「狂気の山脈にて」映画化実現の立役者は、まさにジェームズ・キャメロン監督といって差し支えないでしょう…!!

 映画化の権利を持つ製作スタジオの MGM が倒産状態から、いっこうに抜け出せないことで、ニッチもサッチもいかなくなった「ロード・オブ・ザ・リング」のプリクエール「ホビット」の監督を断念せざるを得なくなったギレルモ・デル・トロ監督ですが、同映画に勝るとも劣らない、長年のドリーム・プロジェクトが実現することになり、不運をカバーすることができて、本当によかったと思います。
(中略)

 マイク・フレミングによれば、ジェームズ・キャメロン監督製作総指揮/ギレルモ・デル・トロ監督最新作の3D映画超大作「狂気の山脈にて」は、この数週間中の近日にも、製作準備に突入し、来年2011年に撮影を行うとのことですが、GDT監督はコミ・コンで、新作映画の撮影は来年5月ごろだよ…!!と発言していたので、恐らく、そういうスケジュールを用意しているのだろうと思われます。
(後略)

(長文につき一部割愛:全文はソース元「CIA☆こちら映画中央情報局です」で)



むぅうう、来年撮影開始って事はアメリカでの封切りが早くて2012年春かの?
すると日本での封切りが、2012年の夏頃になるんかいな?
「パンズ・ラビリンス」のデル・トロがショゴスをどうデザインするのか早く観てぇぇ!



コレよ、コレ?このクリーチャーを、どうやってスクリーンで再現するのか?
ワクドキが止まらない三十路、もう鼻血出そうっス(苦笑

さぁて、お待たせしましたでヤンスね!
「狂気の山脈にて」のトレーラー(予告編映像)を公開して、この記事も終わりに。
これから撮影入るって事は、このトレーラーは宣伝&出資者集め用に作られた
プロトタイプなのかもしんないけど、まぁ非常に期待は出来る感じ。
封切りまであと2年。それまではコレでも観て我慢するか〜。
ではスクリーンでお逢いできる日まで、ハブ ア ナイス テケリ・リ、テケリ・リ!!!


【Call of Cthulhu:New"At the Mountains of Madness"Trailer】



スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 06:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
お久しぶりです。
PC壊れてへこんでました。で、古くて修理できず、泣く泣く新型に買い替えです。
いきなり7万の出費は痛いです。

近況はさておき
ダーレスから入った底の浅いラヴクラフトファンとしても見逃せませんね。

ハッピーエンドってありえないですよね〜。そんなの宇宙的恐怖じゃないし。

最近近所の市立図書館になぜかラヴクラフトものが入りだしたんですよ。これまでは魔道書ネクロノミコン(コリン・ウィルソンの本)しかなかったのに。
でも、ハリーポッターシリーズと同じ本棚に並べるのはいかがなものか。
もっといえば、ラヴクラフトのすぐ上にアーサー王物語とスターウォーズ クローンの攻撃、2001〜3001年の各宇宙の旅がくるのはどうなのかと小一時間(ry

とどめに、ラヴクラフトの裏に
涼宮ハルヒの憂鬱とデモンベインがくるってどっからツッコんだらいいのやら。

司書の脳天にレムリアインパクトをお見舞いしてやりたい今日この頃です。
  • Himajin
  • 2010/08/08 2:07 AM
>Himajinさん
うおっ、御無沙汰しとりましたですよ〜!
PCって壊れるときに前触れないのがイヤよねぇ。
昔、〆切当日の明け方にマシンが沈黙した時はそのまま俺も沈没したかった(笑

っうか、なんだろなぁ、そのラインナップは。
SFと書いて、S(少し)F(不思議)って昔揶揄された時代があったんですが、
そういう意味では見事なまでにSFな蔵書っうか(苦笑

ハッピーエンドもそうなんですが、ジェームズ・キャメロンで3Dっう辺りが
そもそもラブクラフトっぽくなくね?と思ってしまう俺ガイル(苦笑
  • POO
  • 2010/08/09 3:59 PM
この動画は、既存の映画を繋ぎ合わせたファンムービーですよ。
  • 通りすがり
  • 2010/09/07 10:01 PM
>通りすがりサン
どもども初めまして。コメントありがとうでっス。

…初めまして、だよね?
まさか、通りすがり師匠じゃね〜よな?w

さて動画の件なんですが、
MADっう噂はかねてから実は聞いてたんですがそれってマジネタなのかな?
あのシーンのあの場面は、○○の映画のアソコだ!と言われれば納得出来るんですが
なんかアレっしょ?どっかに欧文でパロディだとかって出てるんだっけ?
いまいち、その辺の素性が分からんので何とも言えないってのが実情で。

ま、偽物でも本物でも御大の作品がこれだけ期待が高いってことで、
まぁ何か嬉しいじゃないですか、今まで肩身の狭かったファンとしてはさ(苦笑
  • POO
  • 2010/09/16 6:21 AM
噂も何もムービーの説明文に偽って書かれてる件。

http://d.hatena.ne.jp/molice/20100916/1284637585
  • 通りすがり
  • 2010/10/08 5:29 PM
>通りすがりサン
おおおおぅうう!重ね重ねコメント恐れ入ります。
リンク先、今し方拝見してきました。
いや〜、見事なドヤ顔でこの動画をアップしてて恥ずかしい(苦笑
ホント、赤っ恥晒してるのを指摘してくださって有り難い。
このままじゃ、ネット中でいい晒し者だった訳ですから。
重ねての訪問、ホント有り難う御座いましたm(_ _)m

っう訳で、ここに掲載している動画はファンが作ったバッタモンなので、
ラブクラフトフリークの皆様方におかれましては、要注意でござるよ!
本物、デルトロが作ったトレーラーが公開されたらまた改めて記事をアップしますんで、
それまではせめてもの慰め、このファンサブ動画で妄想をお楽しみ下さいませ〜^^
  • POO
  • 2010/10/11 12:57 PM
これがショゴスじゃないのはわかりますよね?なんか誤解を招きそうな文章だったので...
  • 通りすがり
  • 2010/11/24 12:51 AM
>通りすがりサン
おろろ、また改めての御訪問いたみいりますです。

いや〜確かに御懸念の意味はもちろん分かっているつもりなんですが、
うちのブログ、ちょうど最近2012年版のゴジラの話で盛り上がってるんですが、
あのゴジラをただの爬虫類に仕立て上げたアメリカなので、
ショゴスももしかしたらこんな造形にするのかなぁ、と読みましてですな。
深読みしすぎですかね?(笑
でもなぁ〜、あのハリウッドだからなぁ〜、
御大の作品をハッピーエンドにしようと企んだ映画の都だからなぁ〜…
ある意味、ショゴスの造形こそが一番信用ならない状態に陥ってますですわ(苦笑
  • POO
  • 2010/11/25 7:35 AM
はじめまして
いや〜楽しみですねぇ
昨日ラブクラフトの話題出て
「小説読みな〜」って勧めたついでにいろいろ検索してたらいい情報ゲット^^
ありがとう〜
  • こちきん
  • 2011/01/25 6:02 PM
「狂気の山脈にて」の製作が停止になり、
「パシフィック・リム」が製作、上映されることになりましたね。

それと、ショゴスは古のものが作り出したもので、
ショゴスは宇宙から来てないんですよねぇ〜

ちなみに、画像のあるクリーチャーですが「古のもの」ですね。
ショゴスは泡みたいなスライムみたいな感じですし。

狂気山脈、実写で早く観たいです。
芦田愛菜がちょい役でハリウッドデビュー!とか言ってる
パシフィック・リムより、狂気山脈の方が見たいです。
  • ラブクラフト好き
  • 2012/12/14 10:05 AM
>ラブクラフト好きサン
どもども初めまして、コメント有り難うございまっス!

「パシフィック・リム」、予告トレーラーをつい昨日観ましたが
なかなか良さ気な感じ(おバカB級としてのw)がプンプンで
デルトロもこれでメジャー監督になってくれればなぁ〜と。
そうすれば、今度こそ満を持して狂気山脈が俎上に上がるのではないかと。
映画に限らず、商業作品はやはり興行的に成功するか否か?が
厳しく問われたりするので、デルトロなら稼げるかも…と配給会社が思ってくれれば、
ようやっく、この狂気〜もGOサインが出るのかな、と夢想したり。
んな訳で、パシフィック・リムは公開されたら後押しのために応援鑑賞してくる予定。
観たらレビュー書きますんで、楽しみにお待ちになってくだされ!

ショゴスのツッコミ、THX。
このまま誰にも弄られないで流されるかと心配してたっス(苦笑
  • POO
  • 2012/12/16 8:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
  • デパートの屋上、少年、袋いっぱいのヌイグルミ。
    POO (06/05)
  • デパートの屋上、少年、袋いっぱいのヌイグルミ。
    さち (04/24)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    POO (04/09)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    しば漬 (04/09)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    POO (03/25)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    藤白台 (03/25)
  • “知的障害者”は合法的に犯罪が許されるのだろうか。
    POO (11/23)
  • “知的障害者”は合法的に犯罪が許されるのだろうか。
    三段box (11/23)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    アキゴジ (11/06)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    POO (08/28)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM