<< 970000HIT御礼企画「OVER THE RAINBOW」。 | main | 980000HIT御礼企画「光あれ」。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


980000HIT御礼。



当ブログ来場者数が98万アクセスを突破致しまして、恒例の自作画像をペタリ。
お目汚しではありますが、御訪問頂いた皆様方への御礼代わりとさせて頂きまっス。

アクセス実数同期のため通常更新お休みして御礼連打の、季節外れな三十路狂い咲き。
ようやくアクセス実数の後ろ髪を捕まえました。いやぁ大変だったぜぇ…。
さぁラス2、参ります。

今回の独白テーマは「ある」。
在、という言葉はもう解釈もヘチマも関係ないたったひとつの意味、「ある」のみ。
そこに、ありのまま、ある。
シンプルだけど奥深く、哲学的で神学的ですらある言葉、在。
こういった単純な言葉について何か書こうとするのが一番難しいんだが、やってみよう。
三十路なりの「ある」論、手短ではありますがよろしくお付き合い下さい。

在る。
この言葉から察する事が出来る形態というのは「ありのまま」「そのまま」というトコか。
在るがままに在る。
こういった言葉は、例えば大自然に対する賛辞としては使いやすいんだが、
人間に使おうとすると途端に複雑怪奇な様相を呈してきて、何だか「鵺」みたいな感じで。
皆様方は鵺(ぬえ)は御存知でしょうかね?
平安時代に存在したとされる、頭は猿・胴は狸・尾は蛇・手足は虎、という怪物。
舶来的に呼ぶならキマイラ(合成獣)で、複数の動物が合体した妖怪変化という事で、
転じて、その正体が一体何なのか分からない存在を指す訳です。
在るがままに在る。
自然界なら簡単なのに、人間に当てはめようと鵺の如く正体が変化する言葉、在。
自分が自分のままに在る。
その解答が出せない限りは決して正体を見せようとせず、自分とは何か?と考えても、
猿の面もあれば狸の面もあり、蛇な反面、虎の風貌も晒け出す。
人間ってさ、竹みたいにスパーンと二つに綺麗に割れたり出来ないもんだしなぁ。
こういう時は、答えの方か順序を逆にして考えてみるのはどうか?
すなわち「自分が自分のままで在るためにどうすれば良いか?」が導き出されれば、
おのずと、在るがままにある、の答えも出るんじゃないかと。
自分が自分のままで自分らしく、ありのままに居れる。
その解とは何か?
もったいぶらずにズバッといこう、無い。無いんだよ、んなもんは有りはしないんだ。

おいおいおい、この腐れ三十路ちょっと待ったれや!なんじゃそら?
そうツッコむ方が大多数なんじゃないかと思われるのだが、ちょいと待たれぃ。
自分らしく。等身大の自分。
バブルが弾けた直後、それまでの享楽を懺悔するかのように日本中にあふれ出した
この陳腐なフレーズが、未だに社会に氾濫してる事に驚いてる。マジで。
何度かこのブログで論陣を張った事があるんだが、自分らしくの自分とはなんぞや?
それについての三十路の答えは常に「そんなモノは無い」だ。

ちょっと話が変わる。
貴方が友人から恋愛相談を持ちかけられたと思ってくれたまえ。
「大好きなあの人の本心が分からないの」
こんなフレーズ今までに聞いた事はないか?あるだろ。むしろ言っちゃった方か?(笑
これについての三十路の答えも常に一定してる。ブレた事すらない。
「自分の事すら分からんのに他人の事なんぞ輪を掛けて分かる訳がないだろがボケ」だ。
皆も経験あるかと思うんだが、恋愛時には突発的な感情の高ぶりが襲う訳だ。
どうにもこうにもコントロール出来ない、予測も出来ないこの気持ち!
そういう時、あったっしょ?
でだ。
そんな自分の事(感情の揺れ動き)すら自分で把握出来ないのに、
ましてや他人の心なんぞ読める訳がないだろが、冷静になって考えなくても。バカじゃね?
と思う訳よ。
このまま言いっぱなしで終わると、三十路はただの酷いヤツだ。
もちろんそのまま終わらせたりしない。ホント、マジで実際はそんな事ないからな?(苦笑
どうして今のその気持ちのままに相手にぶつかっていかないのか?と逆に問う。
何を遠慮してんだバカやろう、感情を相手にぶつけてこその恋愛だろうが。
相手の気持ちを知りたい以上に、まずは自分の気持ちを知ってほしいのが恋愛であり、
それこそが人と人のコミニュケーションの基本じゃねぇか。
行けよ、ガンガン行けよ、アホゥ、相手の気持ちを気にしとって始まるかボケェ!
そういって発破かける処までが三十路の恋愛相談ワンセットだ。いや、ホントに(苦笑

勘の良い人は、もう三十路が何を言わんとしてるか読めたと思う。
自分があるがままの自分で在るためにの解とは、
その瞬間瞬間に自分の内で最大値を計測した感情を「押し殺さない」事に他ならない。
私は今こうしたい!でもそれをやったら相手にどう思われるのか怖くて出来ない…
そう考えた時点で、もう君はありのままの自分で居られなくなっている。
その瞬間、体の内側から発露した感情を発揮しない。
それは自分が自分である事を放棄した瞬間であり、自分じゃない誰かに成っただけで。
恋愛に限らず、喜びも怒りも悲しみも苦しみも、なんでもいい。
毎日生きてりゃ色んな事を想うハズだ。
それを吐き出さずして、真の自分らしさなんて有り得ない。
自分の感情を相手にぶつけないヤツに、自分らしさなんて永遠に持てっこない。
相手にぶつけた感情の塊こそが、相手にしてみればそいつが今、
本当に何を想っていたのかを知る、たったひとつのバロメータなのだから。
だから三十路はこのブログでよく、みんなもっと怒れよ、と書く。
怒りは人間の持つ感情の中で、最も相手の深い処に瞬時に届かせる事が出来るから。
そうやって、自分の感情を表現する「訓練」をちゃんとしなさいよ?
そうじゃないと、愛情や友情、感謝や懺悔、本当に大事な自分の気持ち、
「自分自身」を伝えたい相手に伝えなきゃいけなくなった時に出てこなくなるぞ?
そう言いたかった訳なんだ、ずっと。
自分の気持ち、自分そのものを押し殺して生きていても、相手には何も伝わらない。
そんな人生、生きながらにして死んでるみたいなもんじゃねぇかよ。
そんな屍みたいな時間を望んで過ごしたかったのか、君は。
そう問いかけていた訳なんだ、ずっと。

感情とは鵺だ。
さっきまで歓喜で満ちていたかと思えば、瞬時にして怨嗟が溢れ出してくる。
その正体を見極めようと思っても、絶えず変化する怪物は決してその正体を悟らせない。
だから、よ。
見極める必要なんてそもそも無いんだ。
自分が何なのか?自分が在るがままに在るとはどういう事なのか?
その答えは鵺であり、鵺である以上は正体を理解しようとする行為に「意味など無い」訳よ。
自分が自分のままで在るためにどうすれば良いか?
その答えは感情を、本心を押し殺さない事であり「恐れずに」相手にぶつける事な訳よ。
相手の事を思いやる「振り」をして、物分かりの良い大人の「振り」をするな。
その腹の底に溜めている感情の渦の中から、本当に言いたかった「言葉」を吐き出せ。
好き、嫌い、ありがとう、ごめんなさい、嬉しい、哀しい、寂しい、楽しい。
自分の素直な感情をさらけ出す、その「勇気」を持て。
恥ずかしがったり、臆病になったり、億劫になったり、遠慮したりするな。
自分の内に潜む鵺を解放しろ。
それが「自分がありのままの自分で、自分らしく在る」という事だ。
在る。
それは否定しない事だ。
綺麗な嘘も醜い本音も全てをさらけだして正直で居る事が「在るがままに在る」という事。
在るがまま、とは常に「変化」し続けるもの。
その変化を恐れるな。それは当たり前の事なんだ。変わらないヤツなんか居ない。
その変化を隠そうとするな。どんどん変化してこそ、君は進化してるんだ。
その変化を認めろ。そうすれば今よりももっと楽に、素直になれる。
それこそが、在るがままで在る、たったひとつの方法だ。
大丈夫。
どれだけ変化したって君はいつまでも何も変わらずに、君のままだ。



ではでは皆様方、98万HIT本当に有難う御座いました。
ようやく@1回でこの無限ループにも思える記事の連打も終了となりました。
今までお付き合い下さいまして、本当に感謝。
さて、ここらで種明かし。
ってもまぁバレてるとは思うのですが、一応今まで必死に伏せてはいたんですが(笑
91万HITからの御礼独白TOP画像に一文字だけのキャッチが入って、
それを毎回の独白テーマでやってきたんですが、あれは「早九字」なんっスな。
「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」の九文字で印を切る、日本古来の呪法の一種で。
今回で八文字目、在を切り終わった処でございます。
100万に到達するまでにあと9回、御礼独白&特集やんなきゃな〜と思ってた時に、
ふと閃いたのよね、早九字が。おおっ、ちょうどあと9回じゃん♪と。
で、九字毎にその文字を題材に一筆駄文を入れようと八回分やってみたんですが、
まぁぶっちゃけ、めっちゃ疲れたわ!もうやんねぇ、こんな面倒臭いの(苦笑
次回、遂に最後の一文字「前」が登場して、三十路的早九字散文も大団円します。
後一回だけ何とぞ生暖かい眼差しでお付き合い下さるよう、お願い申し上げますでっス。


スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 10:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM