<< クリスマス限定ショートムービー12種・詰め合わせギフト。 | main | 謹賀新年。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


おわり。


昨日、待ちに待っていた手紙がようやく届いたので、やっとこの話を書こうと思う。
この年の瀬に三十路の胸には万感が去来して、なんだか上手く言葉にならないんだが、
無事に終われた事を自身の足跡として、赤裸々なままに書き残しておこうかと。

終わったんですよ、終わり。
終了っス終了、フィニッシュっス、ファイナルアンサー?ファイナルアンサー!っス。
晴れてエンティングを迎えたという、そんな通知を昨日戴いた訳っス。
何が終わったかというと、借金完済っう話でな。
何の手紙だったかというと、債務整理を依頼した司法書士事務所からの返済完了通知。
えぇ、この年の瀬に借金をキレイさっぱり片付けましたっう話っス。
一昨日が(仕事ではなく)納品納めで、部屋の大掃除なんかちっともやってないんだが、
雑誌やペットボトルの山に比べたら、こっちの掃除が終わった方が大事じゃい!!
なんだ、この晴れ晴れとしながらも妙にカラッポな感じの気持ちは?
清々しくもあり、切なくもあり。
まぁたとえ借金でもさ、何かの「おわり」を迎えるとこんな感じになってしまうのかな。
よくわからんが。

えぇ、三十路は借金持ちだった訳なんですな。
それも一社とか小口小額じゃねぇぜ?いわゆるところの多重債務者ってヤツだったのね。
だったのね、と過去形で語れるのって素敵だな!あぁ娑婆の空気は上手いぜ(笑
う?幾らあったのかって?
あ、それはもう恥ずかしい過去なんでバシッと数字書きたくないんだが、
国産の新車なら買えた。マンションなら頭金は余裕。
うん百万円っう、そんな金額。

二十代後半の時期に軽い気持ちでサラ金に手を付けたのが、この長い苦闘の始まりで。
十二年ぐらい前の事なので、今となっては記憶が曖昧なんだが頑張って振り返る。
その頃はサラリーマン(出版社勤務)してて、給料日前だった気が。
当時は寮(という名の会社の倉庫)に住んでいたので、家賃は給料から引き落とし、
飯代ぐらいなら誰か上司にでも前借りしてれば良かったのだが、
当時はキャバクラにドハマリしててな。
飲む金欲しさに、5万円キャッシングしたのがキッカケじゃなかったか。
その時は小額だし翌月完済したんだが、一旦借りてしまう癖付けるとアレはヤバイ。
サラ金の無人キャッシュディスペンサーがまるで自分の財布、
銀行に預けてある自分のお金に思えてきて、また1万、もう1万、ちょっと2万…
どんどん歯止めが利かなくなってきて、借りては返し返しては借りるパターンに陥って。
この時点でもう狂ってる訳ですよ、今になって思えば。
自分の稼いだ金なんかである訳がない。
ないんだが、だんだん思考がおかしくなるのな。
あと幾ら幾らお貸しできます、という明細見てるとそれが貯金みたいな感覚になって。
で、キャバクラもハマっていたんだが、もっとタチ悪かったのがギャンブル。
おろ?POOはギャンブルしないんじゃなかったっけ?
自分の人生が毎度ギャンブルみたいなもんだぜとかよく書いてなかったっけ?
うむ、その俺の人生丁半博打説は否定しないんだが(苦笑
パチンコ・競馬は、俺には博才ねぇなぁ〜とハタチぐらいで見切りつけたんだが、
ただひとつハマって抜けれなかったのが麻雀。
カッとなって頭に血が速攻で昇りガチな博打ウチっうのは、まぁ良い鴨なんだわ。
ネギどころか、鍋に取り皿まで背負ってる的な意味で。
で、その頃は若かったからか、大きい手役を上がる事ばっかり考えて全突っぱ、
降りるとか流すとかそういうのは一切しない俺カッケー!みたいなのに酔ってた時期でな。
当時の己のアホさ加減を暴露する。
その頃ボーナス40万とかもらってたんだけど、麻雀のツケをボーナス払いにしてたら、
ある冬は3万円ぐらいしか残ってなかったという。アホでしょ?
で、アホの思考としてはだ。
ギャンブルの負けはギャンブルで取り返す、っう訳の分からん理屈を振りかざすのな。
なけなしの札を握り締めて、また勝負に行くっう。
で、案の定負けてくる訳。

ここまででも十分酷い話だが、ここで停まってられるんだったら幸せだったかもしんない。
この時期にPOOが所属してた編集部の長が夜逃げしてな。
当時、副編集長的なポジションに居たのでその跡を継ぐ形で編集長に昇格したんだが、
そこでの暗闘がまぁ酷かった。
この話はまだ気持ちの整理が付かないというか、あんま蒸し返したくないので流すが
撮影費やこまごました事に対する持ち出しってのが常用化しててなぁ。
キャバや麻雀なんか比較にならんぐらい負債が嵩みだして、
気が付けば借り入れの一社が二社に増え、二社が四社に…ってな奈落まっしぐらコース。
この頃の給料の半分は返済だった気が。
それも利息だけの返済なのに月15、6万だったんじゃないかなぁ。
ですったもんだの挙句、結局社内政争に敗れたPOOは会社を辞める事になって、
ご存知のように、フリーランスのデザイナーとして生計を立てるようになったのが32の時。
来年2月には、まる七年になる勘定。
昔書いたと思うんだけど、フリーになって初めて稼いだお金は、
7ヵ月後に8000円(源泉徴収で7200円)だったのな。1P4000円の仕事を見開き2P。
七ヶ月間、無収入。ゼロ。
余裕ぶっこいて失業保険シカトした当時の自分に、渾身の右ストレート喰らわせたい。
毎月けっこうな給料もらっててもヒーヒー言ってた返済が、
そんなド底辺のフリーになってしまったら、まんま同じペースで返せる訳がない。
で、どうしたか?
借金持ちにありがちな、返済バックレっう手段に出る訳ですよ。
毎日2ちゃんの借金版を見て、たいしたこともない書き込みで一喜一憂したり、
自分より下が、まだまだこんなに居るんだぁ〜なんて慰められてみたり、
まぁそんなよくいる屑みたいな存在になってました。
ネットゲーム、モンハン2をやり始めたのが確かその翌年だったかな?
なんでやり始めたかっうと、もともと好きだったゲームの続編っうのもあったんだけど、
一番重要なのは「金がかからない」からだった訳で。
いや、電気代とかネット通信費とかそういうお金は掛かるんだけど、
キャバや麻雀に比べるとごくごく安価、安価過ぎる金額で済むっうのがデカかった。
仕事も一向に増えず、することもないが、金も無い。
金もないが誰からも必要とされていない感じが一番辛くて、誰かと繋がっていたい。
そんな気持ちからネットゲームにハマって抜け出せなくなってたような。
この頃の引きこもりっぷりは凄まじくて、
当時から色々と世話してくれた辞めた会社の後輩が今でも茶化すんだけど、
POOさんは「引きこもり」じゃなくて「立てこもり」です!なんて。
俺んちは浅間山荘なんで、とか自虐してた時期に、このブログを開設したのよねぇ。

おう、なんかこうして振り返ると、俺って典型的なダメ人間まっしぐらだったんだなぁ(苦笑
そんなダメダメ人間でもよ、真っ当と言えないながらもこうして年の瀬に、
プラスマイナス・ゼロの、まぁキレイな体になれたのですわ。
さぁて、何が転機だったのか?
コレは同じような境遇にいる人にはあんま参考にならないと思うのだが、
書いておかないと、泥沼アリ地獄から抜け出すキッカケが分からないと思うので書く。
このブログに開設当時からお付き合いいただいている方は、
お?やっぱあの血液型本を作ったこと?と即座に連想するんじゃないかと思うのですが、
確かにアレの印税を握りしめて、アレを出版してくれた編集局長の紹介で、
今回お世話になった司法書士事務所で債務整理の依頼をしたのはホントのとこ。
その相談した時、POOさんは債務整理するよりも、もう自己破産した方がいいですよ?
そんな僅かな印税を返済に充てるより、破産後の生活費に取っておいた方が良いですよ!
なんて言われたのも事実、ホントのことだったりするんだが(苦笑

自分のブログで、自分のやったデザインを公開する。
特にフリーランスは仕事のためによくやるんだが、三十路はあんまやった事が無い。
何だか恥ずかしいし、ここの存在がバレたくないっうのもあるんでな。
だが、何がキッカケであの底辺から再浮上してきたのか?
それを明らかにしておく責任っうか、義務みたいなもんはあるのかなぁとちょっと思う。
なので本邦というか、このブログ初公開する、POOのデザインした表紙。
これなんだ。


検索に引っかからないように対策で、タイトルは文字では書かない。
これ、2008年の8月に発行になった漫画ノウハウ本みたいなヤツでしてな、
アマゾンで調べてもらってもいいが、ホントに4年前に世に出された本であって、
けっして今年の震災を受けて急遽作りました、とかじゃないぞ?
作るんならココで大げさに宣伝するっうの(笑
この表紙(裏表紙も含む)のデザインをやったのが、今のすべての布石になっているっス。
たまたま、だったんだよな。
ホントは他の、この出版社のメインデザイナーに決まっていたんだがその人が忙しすぎて
おいPOO、お前どうせヒマなんだからヤレ!と一言一句たがわずにこう言われた(笑
右に入っている縦タイトル以外の文字は、全部POOが考えてつけて。
デザイナーがキャッチコピーまで付けるなんて!みたいな、その辺の仕事っぷりが
なんかその編集局長には新鮮だったらしくてなぁ、その年末頃に話を持ちかけられたのが、
例のコレ、翌年2009年の6月に出たコレに繋がる訳なんですわ。


コレ、上のヤツと同じく、最初は中身が全部マンガ、四コマメインの予定だったのよ。
今明かされる衝撃でもない事実!(笑
当時は…あ、今でも一定層の需要ってのはあるんだけど、四コマ漫画雑誌みたいなやつ。
アレを血液型をネタにしてムックで出そう、っうのが最初の企画案だったのね。
ま、それが一体全体どういう経緯をたどって、こうなったのかは過去ログを読んでもらうとして、
コレの印税が債務整理の着手金になったのは事実であり、
このブログでさんざん宣伝しておいて、一冊あたり40円の印税を頂戴したのも事実。
なので、俺が身奇麗になったのは実はみんなのおかげだったんだよ!!!!!
(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !! (`・д´・ (`・д´・ ;) 
いや、マジでコレを買ってくれた人は自分の出掛ける先々いろんな処で、
俺が三十路のオッサンの人生救ってやったんだぜ〜、と自慢してもいい権利がある(爆
うむ、思う存分胸を張ってくれたまえよ諸君!

お金ってのは「信頼」を現実物質に変換したもんじゃないかなぁと思う。
こいつになら金払ってもいい、と思わせたのが三十路の場合は上の二種のデザインで。
その信頼、ってやつは一旦無くしてしまうともう二度と取戻しが利かなかったりする。
もちろん今ようやく身奇麗になったからったって、POOも例外ではなく。
借金抱えてこの日を迎えるまでに、何人も縁が切れた。
お金が絡んでなかったら多分今も仲良くしてたんだろうなぁ、そんな良き人たちばかりで。
まぁ、覆水は盆には帰らんのだよ。悲しい事に、な。
借金抱えてて何が一番ダメかっうのは、自分から他人との繋がりを切っちゃうトコな。
どうせ俺なんか…と誰もそこまで思ってないのに卑下しちゃう的な意味で。
でもそれは抱えないとダメだ。
それから逃げても逃げても影のように纏わり付いて離れる事はない。
いや、借金から逃げるなって意味じゃなくてよ?
借金なんかぶっちゃけていえば、逃げてもいいと思うんだ。状況しだいでは全力で。
自己破産も散々調べて本職にも教えてもらったりしたが、そんな酷いリスクは無い。実は。
カード作れません、ったってPOOは自由業なんでそもそもカード作れんし(笑
俺はどうしようもない人間だ、という罪の意識から逃げられないって事。
自分が負い目を感じている以上、それは何処に住居を移したところで付いて回るっう話。
逃げても逃げても追いかけてくるのは、自分の内に在るから当然で。
だから人は救いを求めるんじゃないかと思うのな。
自分はここに居てもいいんだ、という。
なんかエヴァみたいな話になってきたけど、そっちじゃなくて(苦笑
POOの場合なんかで言うと、初めて局長っう立場の人から仕事の依頼が来た。
この人の信頼を得たい。この人に必要とされるようになりたい。また声を掛けてもらいたい。
ま、それが金銭的な保証、明日もご飯を食べれる事に直結するってのがあるんだが、
自分がこれからデザイナーとしてこの人に求められるかどうか?
そんな、生存理由を賭けたような仕事だったと思う。あの本のデザインを振り返ると。
技巧的には色々文句つけたい人もいるだろうがとりあえず黙っとけ(苦笑
人はいつでも誰かに必要とされたくて、誰かを必要としたくて。
でも今はみんな逆だよね、と思う。
誰かに必要とされたいから、その相手を先に裸にして真意を探ろうとしてる感じ。
逆、逆。先に自分が裸になって、スッポンポンですどうぞ!じゃないと。
今自分に出来る事を精一杯、この仕事に凝縮してみました、どうでしょうか!?
もし気に入らないのなら即座に首、刎ねてください!!
カラッポになるまで自分を出し切ったら、もうあとは開き直って腹括るしかない。
そんな素っ裸な自分を見てもらって、受け入れるか受け入れないかは向こうが決めること。
それを、この借金生活の間に学んだ。
それが、自分にとってのあの分岐点になったあのデザインだからここに載せた。
技術じゃねぇんだ、あの時の精一杯の俺があの表紙に居るんだ。
そこやって初めて、信頼を得た。
その信頼が時間は掛かったけれども最終的にお金になった。
そういう流れなんじゃないかと思う、世の中って。

…なんかいつも以上に話が支離滅裂でよく分からん流れになってきたなぁ(苦笑
お金をね、稼ぐってのは自分の持てる限りの技術・知恵・力を振り絞って、
それを向こうが必要としてくれて、初めてお金って貰えるものだと言いたかったんだな。
なんだ、三行どころか二行で終わったじゃねぇか(爆

死力を振り絞ってもよ?
相手が必要としない場合ももちろんある。むしろ、めちゃめちゃ多かったりする。
自分の努力は報われなかったのか、認めてくれないのか、必要な人間じゃないのか!
そう思うのが人間で、だから人は凹んだりする。
そこで休みのは良い。だけどそのまま閉じこもっちゃダメだ。
休んで気分転換して、また一生懸命やるしかないんだ。
こちらの全力が、相手に通じない。
悔しいと思うのなら、完全に捻じ伏せれるだけの力を身に付けろ。
悲しいと思うのなら、なぜ通じなかったのか原因を探れるための冷静さを心に纏え。
どうしても辛いのなら、そこから逃げ道を探し出せるだけの視野の広さを持て。
どっちの方向に進むかは、自由。
だけど、その自由の先で本当に苦悩から自分を解放したかったらやるしかない。
結局は戦うしかないんだってこと。
自分と戦うのか、原因と戦うのか、新天地でまた戦うのか。
それだけの差しかなく。
三十路の場合で例えると、借金があんまりにもデカすぎたので最初は目を閉じたのな。
見えないフリをしたわけ。
んなもん、いくら見ないようにしたって利子は無常にも膨らんでいくだけっう。
どこかで現実を見て、戦わないとどうにもならないなぁ。
でもどうしていいのか分からないからどうしよう。
と、グズグズしてたら四十路が見えてきて、いつまでも決断出来ず戦う気力も持てない、
そんなどうしようもない四十路にだけはなりたくない。
その一心だけだったなぁ。
このままの状態で四十にだけはなりたくない。
その気持ちだけで返済計画を立てたのが2009年の7月。
そこから37回払いの返済予定だったんだけど、意地で30回目の今月終わらした。
2年6ヶ月。長かった。
服なんか新しいのも買えず、映画好きでもそんなに映画館に通える訳もなく、
体に悪いと思っていても座卓で仕事をし、欲しいものが現れない様に街に出る事もなく。
惨めと思われようがそんなもん関係あるか、俺には金がいるんじゃ〜と、
あっちこっちに営業を掛けまくって、どんなショボイ仕事でも断ることもなく即請けで。
今年の夏ごろからは月の払いが20万超えてたなぁ。
長い間、よく戦ったと思う。
ホント、この年の瀬に自分で自分を最大級に褒めてやりたい。
よくやった俺。よくあのド底辺からここまで来た。
最後まで投げずによくぞ完走した。
負けても負けても戦って戦って戦って、やっとこの日に辿り着いた。
あぁ、普通の人はしなくていい苦労なんだけどなぁとか今はどうでもいいぞ俺(苦笑
うむ、頑張った俺。
グッジョブ俺


そういやね。
まだ二人ほど、俺から金を受け取らない人間が居るんだが。
このブログ知ってるハズなんだが、まぁどうせ読んでないだろうけど伝言、書き残しておく。
ありがとう。
今の俺が居るのは君等のおかげだ。
君等が俺と一緒に色々やってくれたおかげで、今日の今日まで生きてこれた。
返す準備が出来たと何度電話しても出ない、メールを投げてみたが返信も来ない。
お金はお金だからね、キレイなお金とか汚いお金とかは無い。
キレイな使い方をする人間か、汚い使い方しか出来ない人間か、だけと思うので
そのまんま受け取ってほしかったんだが、まぁ色々思う節はあるんだろうで、
こちらからはもう連絡しない。
金が必要になったらいつでも連絡してきてくれ。こちらは電話番号も変えてない。
いつでも金を持っていく。
必要なら、どんなに先になっても声を掛けてくれ。今度助けるのはこっちの番だから。


いやぁ、しかし。
来年からは稼いだ分は稼いだだけ自分のお金になるって、ステキだよね!
…あ?そんなの普通の事じゃんとか言わないのソコ(ビシッ
やっとこさ、色んな事を考えられるぜ。
PC机買おうにも今の所は狭いしな〜とか普通の生活が出来るってのは素晴らしいな!
来年こそはガンガン仕事して、リッチなブルジョワジーを目指してやるぜ!
まずは車か…白いメルセデスがいいかなぁ。
んでプール付きのマンション買って、ベッドでオッパイでっかいお姉ちゃん侍らして、
片手に持ったグラスにドン・ペリニヨンをなみなみとついで…うはは!
ステキ俺!キャー濡れる抱いて!

…誰かこういうトコロはツッコめよな、ホント(笑
ま、というわけで、三十路の年の瀬個人的には目出度かった御報告は以上でありまっス。
今までお勤めご苦労さん、無事本日出所ということで。

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 00:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
POOさん、借金完済おめでとうございます。
私も件の本が出たとき微弱ながら貢献させていただきました。
POOさんがこんな絵に描いたようなハードな
人生を送っていたとは思いもよりませんでした。

来年は再スタートですね!
新しい飛躍をお祈りします。

  • みー
  • 2011/12/30 12:20 AM
借金返済、お疲れさまでした。
血液型の本、面白かったですよ〜!
確か家のどこかにあるはず・・・。

POOさんの来年がとても良い年になりますように!
  • とんせく
  • 2011/12/30 11:16 PM
>みーさん
いやぁ、その節は貧乏脱出計画に参戦頂いて誠にお世話になりもうした。
おかげさまでこの年の瀬、晴れて釈放でございます。
もし閻魔様でお裁きあるような事になったら、
三十路一匹救いました!って言っていいから。
うむ、その功徳で間違いなく極楽行き確定だってばよwww

ホント、絵に描いたような屑っぷりな人生でしたが
ホントに絵に描いたような人生になるのはココからだぜ!
まぁ見てな、ここからののし上がりっぷりを!なんてw
今年も残すところあと3時間ですが、更新もままならなかった本年もお世話になりました。
どうぞ良いお年を^^





>あひ〜る
おう!晴れて娑婆に出てきたぜ!
お前にはどん底時代に随分と世話になったなぁ…あ、世話した方か?w
MH2時代は黙ってたけどホント辛くてな。
その時によく一緒に狩りに付き合ってもらった、そんな愉しかった記憶が
ここに来るまでの自分を支えてくれているのは間違いなく。
ホント、ありがとう。

さ、再就職?決まったみたいだし、そのリスタート祝いと
俺の出所祝いとあわせて新年に飯でも食いに行こう!
肉?魚?寿司?好きなもの今から選んで待っとけ!!
  • POO
  • 2011/12/31 9:10 PM
心から、おめでとうございます。

実は自分にも、そんな時期がありまして、全くの他人ごととは思えません。しかも、三十路のオカルト&映画好きと、なかなか被るとこもありまして…
あれ?俺ってブログ書いてたっけ?なんて、本気で錯覚したりして(笑
POOさんみたく、文章力とボキャブラリーは無いんですけどね(-_-)
そんなこんなで、金に苦しめられた同士を見つけた言葉にはし難い高揚感みたいなものから、長々とコメントをしてしまいました。

本当に、おめでとうございます。
  • 2012/02/27 11:40 AM
>まサン
いやぁ、ご丁寧に恐れ入りますですよ、こんな話にコメント頂くのは(笑

お金はね、やっぱ人を狂わせるというか
人を引っ張る引力みたいなモノの塊だなぁ〜と身奇麗になった今、
しみじみ思ったりします。
で、そんなふうにしみじみ見れるようになったのが、
まぁ一番の経験という名の財産なのではなかろうかと。
…こんなふうに綺麗にまとめようとするのはダメっスかね?(苦笑

コメントを拝見するに、なんぞ同じような境遇っぽいみたいですが
ぜひぜひこのブログを反面教師にしていただいて、
まサンには健やかな人生を歩んでもらいたいなと。
逆境ドツボに嵌る人生はオイラだけで十分(笑
心に滲みる言葉、本当に有り難うございました。



あ。
たしかに映画&オカルト好きですが、一番の大好物はオッパイなんで、
どうぞこれからは、そこんとこ4649!!!!(爆
  • POO
  • 2012/03/05 5:21 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM