<< 【テスト】スマフォ用壁紙 | main | GOGO仙台。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ミッション・コンプリート。



なっがいながい戦いを経て、例のあの仕事がようやく納品に漕ぎ着けまして。
解放された勢いで記念パピコ。
昨年から幾度かココにも書いてきたんだが、例の広告デザイン仕事が納品完了。
某企業の新作カタログのデザインで、最終的には表紙込み44Pのブツに。
コレはその企業の会員顧客か販売所へ実際に足を運んだお客さんにだけ配布予定で
一般に流通するものじゃないのだが、まぁ何分こういった仕事も初めてでな。
ま、その防備録的にも、一連の足跡をダラダラと垂れ流してみようかと。
あんま面白い話にはならないと思うがそこは当ブログ鉄の掟、
特定寸前まで赤裸々に隠すことなく曝け出して書く、を徹底してみるんで、
三十路最後の年の、ある種の悪足掻きドキュメントとしての読み物とご容赦頂ければ。

あぁぁああ、しっかしマジでくっそ長かったZE!
一番初めに見本デザイン提出の打診があったのは昨年10月末だったか。
出版社勤務時代に仕事をしていた、フリーのカメラマンが色々事業を立ち上げてて、
その中でも【広告代理店】的な業務を、これから大々的にブチ上げたいと。
そこで紙のデザイナーを探しているんだが、お前どうだ?なんて具合に声が掛かって。

…実はこの人とは、2年前ぐらいに映像製作の事業を立ち上げようと模索した事があって。
俺が金主やるからPOO、お前は製作を担当せい、みたいな。
んで、なけなしの人脈をフル活用して卸問屋の偉いサンとかと繋ぎをつけて、
搬入の日程とか製作数とか具体的なトコまで漕ぎ着けていたんだが、
土壇場になってポシャッてしまって。
今日び映像コンテンツなんかも溢れに溢れてるんでな、どうにも採算が怪しい訳。
売れるかどうかの確実な保障は無い。でも出してみれば売れるかもしれない。
商売なんてもんは結局、最終的には博打にしかならないんだが、
金主であるその人が「一銭でも赤字になる可能性があるなら金は出さない」となってな。
ま、断念して疎遠になっていた経緯があったのよ、伏線的に。

で、その伏線が仕込まれていたもんですから、今回のこの話もまず俺に回ってきた訳。
当時、三十路のなけなしの人脈をフル活用して販路を探していてなぁ。
喧嘩別れした古巣にも頭下げて話を通していただけに、破談になった時点で
もう、ホントに出禁どころの騒ぎじゃないっていう、超悪役的なポジションになってしまい、
まぁぶっちゃけると、『どうせまたこの話も破談になるんじゃね?』っう醒めた見方。
とりあえず、ナニもしないよりは金になる可能性があるから乗ってみたら、
なんと代理店としての初仕事、それもデカいのがもう獲れてるとぬかしやがりまして。
は?( ゚д゚)ポカーン
いや、マジでこのAAの顔をして携帯電話を握り締めたってぇの(笑
まぁ三十路としてもここらで一発、大きな勝負に出ないといかんとは思っていたもんで
このビックウェーブに乗るしかないっ!的な、そんな感じ。

で、11月には通常業務の締め切り二日前に京都に滞在7時間の強行軍で打ち合わせ、
そこから巻き巻きで見本カタログを製作して提出したんだが、が。
当初の予定…既に受注している…っていう大前提が御破算になりやがりまして。
D通とH報堂、その他有象無象の各広告代理店が待ったかけたらしくて、
もう一回、コンペ掛けるとこからやり直します〜てへぺろ☆(・ω<)
付きましては、この提出してもらった見本でコンペに廻しておきますね〜☆ミ 
な、なんじゃそりゃー!!?(CV:松田優作
そんな経緯で一度目のコンペがあった訳なのよなぁ、その直後に。
で、そのコンペを勝ったハズ、だったが実はカメラマンとしての腕だけ持っていかれ、
仕事を獲れたのは、商品の撮影部分だけっうオチでさぁ。
デザイン自体はまた別に、二度目のコンペを来年(今年)やりますね〜☆ミ
と、マジ御破算になったのが【まいどまいど】【いつものアレが、やって来た】の流れで。
まさに突風に巻き込まれて怪我しただけっうのは去年の話。

で、だ。
その二度目のコンペの話がまた回ってきたのが、今年の1月末。
正直ホントに廻してくるとは思ってなかったので多少、っうか多ぐらい身構えてた(笑
この話もまた消えるんではなかろうか?
そう思う三十路の脳裏には、あるひとつの可能性が点滅していたのは今明かす本音。
どうやらこのブログには【逆神】が棲んでいるらしい…!!!
(逆神とは?…神がかり的に予言・助言することが真実と逆になる人。
森田実や細木数子などが逆神と呼ばれている。)
そんなふうに追い込まれるぐらいホント信用してなかったなぁ、もう何もかもを(苦笑
いや、だってさ、ココでPOOが書く事ってのはよ?
確かに希望的観測とか、こうなればいいなぁっていう願望が大いに含まれてはいるが、
それにしたってだな、こうまでも良い話ばかり潰れるというのは何かある(; ・`д・´)…ゴクリ
オカルト好きな三十路としてはだな、かなり真面目に『俺が成功しようとするのを妬んで、
それを邪魔せんと誰か生霊飛ばしてるんじゃねぇか』説を採用しようかと思ったわ。
いや、納品終わるまでこの話を書かなかったって事は、結果的に採用してたな(苦笑
え?俺自身が逆神の可能性があるって?
いや、まさか、ははは、そんなバナナΣ(゚Д゚;)ギクッ

で、二度目のコンペに向けて、またデザイン見本の製作に掛かり。
何とか突破して受注決定した経緯は【ラブ(だけじゃなく)ストーリーは突然に】で報告済。
その記事内にもチラリと書いたのだが、最終的にはデザインの良し悪しではなく、
値段の叩きあいになったそうでな、報酬が昨年時の提示の1/6以下になったのよね。
正直に書くと、昨年時は帯巻き2本の話だった。
帯っスよ、帯。
そんな大金もらえるなんて広告代理店ってチョロいよなぁああ!!!!なんて驚愕してたのが、
出入りしてる出版社の局長に随分やっすい仕事やなぁオイ、と同情されたがな(苦笑
おまけにコレが長引いたおかげで、そこの会社のレギュラー仕事一本消えたがな。
なんじゃホンマに。
掛かった日数で日割りすると日当1944円だった、今電卓叩いたら。
今日び、高校生のバイトでももうちょっと稼いでるような気がするんだがどうか。
逆神にプラスして貧乏神もいるだろ、このブログ。
さぁ、おじさん怒らないから正直に名乗り出てみなさい、さぁ。
え?俺自身がその可能性あるって?
いや、まさか、ははは、そんなバナナァァァア( ;゚皿゚)ノシΣバンバン!!

そんなこんなで、幾多の挫折を乗り越えて受注が決まったからには、
まぁ全力でデザイン作業に入る訳なんだが、これまたひさしぶりに喰らってしまったのが
三十路が以前、命名した【見たい見たい病】だったりした訳で。
イタイイタイ病に引っ掛けたんだが、ありとあらゆるデザインフォーマットを見たがる、
ぶっちゃけ、ド素人想像力ゼロな馬鹿野朗の隠喩なのな。
デザイナーとしてはですよ、それこそ薩摩示現流一の太刀じゃないけども、
一番初めに作るフォーマットってのこそ、考えられる限りのベストを尽くしてる完成形な訳。
あらゆる配置・配色ってのを試して、あらゆる可能性の取り捨て選択を経て、
クライアントに提出される、もしくは提出すべきなのが第一稿ってヤツなんっスよ。
正直な話、それ以上のモノは出来ない!と思ってこっちも出している訳。
が、しかし。
素人ってのは怖いもんで、第一稿がどれだけ完成度が高かろうが(もしくは低かろうが)、
120%必ず、いや95割の確立で、それ以外のパターンを見せろって言ってくるのな。
この方向性は分かりました。で、違う路線でデザインするとどうなるの?それが見たい!
これを言ってくる。
その第一稿が社のイメージに合ってるかどうかとか、あんま関係ない。
例えば、黒っぽいシックなデザインイメージで第一稿が製作されてるとするじゃん?
白だとどうなるのかなぁ〜。ピンクとか混ぜるとどう?子供っぽいのかなぁ〜。でも見たい!
こうやって少しずつズラした感じの、次のフォーマットを要求してくるのな。
これに付き合うのも仕事なんで、まぁ昔ほど吠えずに(苦笑)おとなしくヤル訳なんですが、
この見たい見たい病には大欠点があってな。
直しに直しを重ねて当初のイメージからどんどんどんどんズレてくると、
後半のフォーマットが採用される確立ってのは、おっそろしいほど低くなってくるのな。
ただ見たいだけなのよ。
もっと違う方向性で売っていきたいんです我が社は!とか熱い事とかは皆無。
ホント〜に、ただ別のモノが見たいってだけでね。
で、最終的には第一稿に戻るのが基本オチ。
でもさすがに普通に戻すのも気まずいのか、ちょっとしたどうでもいい枝葉の修正が来る。
いや、別にそんなところで罪悪感を感じんでもええから、素直にOK出せよと(笑
ま、それが口が悪いんだが、ド素人なクライアントの習性みたいなもんで。
デザインに造詣が深い、ってほどのレベルじゃなくても別にいいけど、
あんま関心が無いってパターンのレベル、ぶっちゃけるとド素人さんはですな、ココが怖い。
自分で違うパターンになってる事を頭の中でイメージするなんてこともなく、
チョーお気軽に、別のも見せてよ〜なんて言ってくる。
コレ、怖い。
無知ほど強いヤツはいないってなもんで。それが金出す側ならもう最悪(苦笑
で、この仕事ももちろんのごとく、見たい見たい病が発動した訳だ。

昔々、今は堂々たるオッサンになったワタクシもですな、
女性向けファッション誌やギャル誌なんぞのデザインで糊口を凌いでいた時期もあった。
ここ数年のうちにこのブログを読み始めた方にしてみたら、意外かもしれん。
ホント、このブログを始めた初期の頃は、その方面の愚痴しか書いてなかったハズで(笑
で、その頃、見たい見たい病に散々振り回されて煮え湯を飲まされた経験があって。
それからもう五年ぶりぐらいか?のオサレ系デザインへの回帰とあって、
今回、あらかじめ見たい見たい病への秘策を用意していたのだよ、ヤマトの諸君!
むはは、男子三日会わざれば刮目して見よ!だ。
昔の俺とは一味違うぜぇい♪と、三十路が今回用意した秘策とはなにか。
初撃で殺す、それが奥義である一の太刀を『わざと』外すこと。
あらかじめ二の矢を放つ準備をしておいたのだ。うはは。
どういうことかってと今回、三十路が提出した第一稿は社風に絶対合わない、
チョー女の子女の子したポップカラフルなギャルテイストで仕上げて提出したった、のよ。
おそらくボツにされるであろうフォーマットを、分かっていながら製作したってこと。
え?
そんなのって?え?三十路ってバカなの?死ぬの?
そう思われるであろう読者諸君に解説しよう!
見たい見たい病を(おそらく)発病するであろうクライアントには、
その後のリテイクをなるべく減らすために、わざとボツになるであろう案から披露する。
そして第二稿に、あらかじめ本命を仕込んでおいて提出するとあら不思議。
あぁ〜良い出来になりましたね〜じゃぁコレ決定稿で。
好みじゃない→修正を命じる→好みのモノが仕上がって来た→OK。
…クライアントにわざと仕事させた感を演出してOKを獲りやすくする、荒業中の荒業。
中世ファンタジーの戦っぽく解説すると、弓兵がいるとするじゃん?
通常に作られた第一矢を放った直後に、特注の黒く塗って敵から見えにくい二の矢を放ち、
目に見えやすい第一矢をわざと交わさせた直後に、目に見えにくい二の矢で殺る。
これぞ見たい見たい病に効果覿面、唯一無二の特効薬【影矢】の技なり。
オトリに引っかかったな、この間抜けが!ってなもんで。
これ、けっこう中堅どころのデザイナーは最終的な時間節約のためにわざとやる(笑
だって手離れ悪いと、単価計算したら赤字も赤字、大赤字になるんだぜ!
俺なんか今回1944円よ、日当が。
コンビニでバイトした方がまだ稼げるってもんで。
しかしよ。
これはなぁ、諸刃の剣だから駆け出しの新人諸君は真似したらいかんよ?
わざと外しにいく第一稿、提出する先が違えば一発採用されるほどのクオリティじゃないと
たんに、あぁレベル低すぎるから仕事自体を取り下げるわ、となりかねない。
凄いんだけど、ウチのイメージじゃないっしょ!?と言わせないと成立しない技なのだ。
さらに上のレベルに上がっていくと、そんな事しなくても良いもの出せるし。
一見便利そうな技だが、コレを使ってるうちはまだ自身のレベルが低いのを自覚せねば。
こんな技に頼らずとも確実にOK出る。そここそが目指すべき最終到達点ですぞ?
むふう。
俺もそんな事がサラッと書けるようになったなんて随分偉くなったもんだな(爆

第一稿でシックなオトナっぽいブランドイメージとは真逆の、
まさかのギャルテイストで提出されたもんだから、もちのろんでボツ→修正命令がきたが
その次にあらかじめ頭にあったイメージデザインを提出した訳ですよ。
通ったね、一発で(笑
中の本文部分に関しては、文章の句読点修正ぐらいの注文が来てフィニッシュ。
むはは、俺テラ孔明。

だが、しかし!
そんなに上手くコトが運んでいてはPOOらしくねぇ!そうガッカリされた方もいるだろう。
骨の髄までPOO-MONOマニアな貴方にお届けするおなじみの展開、
もちろんありましたがな!
表紙だけがネェ、なんと第十二稿まで行きましたっう(泣
いや、これがまた影矢作戦の弊害でな。
第一稿がアレだけに何か信用ならん、みたいなふいんき(なぜか変換出来ない)で、
とにかくパターンを出せ。一個二個じゃねぇ、分かってんなオラ?
そんなトバッチリを喰らってしまい、ガチで半泣き状態で作業が終わらなかったという。
まさに策士策に溺れる状態。
な?
こんな技は二流どころが使うものなんで、みんなは真似すんじゃねぇぞ(自爆
で、さらに笑うのがオチよ。
最終的にOK採用になったフォーマットがなんだったと思う?
去年の11月、いっちばん最初に作ったがD通に横槍入れられまくって頓挫した、
その時のデザイン案に戻してくれなんて最終注文になってな。
見たい見たい病なんてレベルのオチじゃねぇ、時空間ごと巻き戻された大オチですわ(核爆
だからあれほど一の太刀だと言ったじゃないk(ry

逆神と貧乏神を恐れて、事の顛末をこのブログに書かない間にも、
三週間も放置されたり、連絡あったと思ったら30分以内に出せとか無茶振りもあったが、
なんやかんやで三十路の初、企業広告デザインは先日無事納品と相成りまして。
このブログで、いままで断片しか書いてなかったのでまとめてみました。
いやぁ、ほんとに長い長い戦いでしたがな。
日当計算では1944円という、おいおいお前大丈夫か?レベルの案件だが、
一部上場企業の顔、とでもいうべき仕事を手掛けられた『名』はデカいんじゃないか。
そう思って自分を慰めたりもしてみてる最中なんだがな(笑
真面目にヤッてりゃ、そのうち良い事もある。
なんか、そんな感じっスかね、正直な今の心境としては。
ま、日当1944円が良い事かどうかは分からん…っか確実に良くない事だけどな(苦笑
仕事にはお金よりも大事なモノを手に入れる、という局面があって、
そんな局面が四十路を目前にしてようやく廻ってきた、という事はホント良かったなぁと。
どんだけ今が不遇でも、折れない限り、耐え続けている限りは、
必ずチャンス、たった一度かもしれないが、チャンスというものは廻ってくるんだなぁと。
今回は代打出場で二塁打、ってなトコだろうけど、
この一打ってやつは、意外と後々になって効いてくるんじゃないかという予想もあったり。
ま、逆神疑惑のあるPOOが言うこっちゃないような気もするんだが(笑
思えば、随分遠くまで歩いてきたような感じもするんだが、
俺はまだまだ道中ば、もっとここから遠くに歩いていくぜ、と改めて思ったりもして。
影矢なんか小手先の技で目くらましを使わなくても良いような、
一撃で相手の心を切れる、真の一の太刀を覚えるようにもならんとなぁ(切実

納品、手離れした今思うのは、終わったんじゃないんだなぁと。
終わるまでは、心底、終わってくれ〜終わってくれ〜と念じながらヤルんだが(笑
実際に終わってしまうと、それはまた新しいスタートな訳で。
ここ半年ぐらいは、本音でいうと仕事が終わるのがイヤな部分もあってな。
だってまた何かが始まるので、何が来るのかが怖いっていう(苦笑
が、しかし。
それでも否応なく物事には終わりがあり、始まりがある訳で。
この歳なるとね、ちょっと怖いよね。
積み重ねてきたものが自分の支えになってくれるのを頭でも体でも分かっているんだけど、
ここから先、果たしてどれだけのものを積み重ねていけるのか?
その限界が来るんじゃないかと怯えてしまったりもして。
果たして自分はどこまで遠くに行けるのか、どこまで高みに昇ることが出来るのか。
いつ矢尽き刀折れるのか、いつ力尽きるのか。
終わる事じゃなく、新しく始まる事に対してちょっぴり不安が付きまとってくる感覚がある。
それが三十路から四十路へと移る証なのかもなぁ。
しかしだ、不安を心のどこかに抱えていようが、それでも歩いていかねばならぬ訳で。
次から次へと山を越えて、谷を越えて。
ならばせめて、顔だけは上げて胸張っておこうじゃないかと奮いなおしてみたり。
なかなかシンプルに行きませんな、この歳になると(苦笑
ま、仕事は納品すれば終了、晴れてミッション・コンプリートめでたしめでたしなんだが、
人生っていうミッションはまだまだ続くって訳ですな、やれやれ。
さぁって、と。
またいっちょ、新しい何かと戦ってみますかね。


スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 12:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント

お久しぶりです。
そしてお仕事お疲れさまでした。

私、広告代理店に勤め、
まだまだへなちょこグラフィックデザイナーなのですが
クライアントの見たい見たい病に遭遇しました(笑)
これこうやってみてよ、こうやってみてよ
と言われ、結局は原点に戻るんですよねえ・・・。

そんなこんなで楽しみながら
最近は仕事に明け暮れております。

そういえば、一月末に飲みに行くみたいな話流れてしまいましたが、
またお母さんと飲みに行ける日を楽しみにしておりますので
落ち着いたときにご連絡ください(`・ω・´)
多分、連絡先は変わってない・・・はず・・・(笑)
  • とんセクア
  • 2012/04/07 1:19 AM
>あひぃ〜るん
あら、いやだ。
このコったら何を今頃こっそり書いているのかしら?

な〜んてなwwwwwwwwwwww
いやぁ中々順調に世間に揉まれてるようで、大変よろしい。
見たい見たい病に発病されてから、まぁ三年はソコから抜けられんので
ふてくされてるヒマがありゃ必死で手を伸ばして何でも掴むとよろし。
掴んだものが何なのか?
それを見れる日、それが理解る日、それを自分のものに出来た日。
その日が大人になったと言っても良い日だから。

うん、近いうちに電話するわさ〜。
フリーなんでな、5日先の予定なんて見えない身分でのwwwww
ま、がんばんなされやす〜ノシ
  • POO
  • 2012/04/10 4:47 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
  • デパートの屋上、少年、袋いっぱいのヌイグルミ。
    さち (04/24)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    POO (04/09)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    しば漬 (04/09)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    POO (03/25)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    藤白台 (03/25)
  • “知的障害者”は合法的に犯罪が許されるのだろうか。
    POO (11/23)
  • “知的障害者”は合法的に犯罪が許されるのだろうか。
    三段box (11/23)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    アキゴジ (11/06)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    POO (08/28)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    POO (08/28)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM