<< GOGO仙台。 | main | みちのくみそじ旅・仙台編。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


オリンピックとはかくあるべし。


このブログで時事問題を取り上げる事はあんまりね、なくなってきたんだが、
ちょっと今しがたこんな海外CMを見つけてしまい、あんまりにも胸にグッと来たので書く。
この(↓)動画なんだが、まぁまずは観てくれ。
日本語字幕は無いんだが、そんなもん無くても理解出来るのが「真に優れたCM」だ、と
このブログでは口を酸っぱくして言っているので、まったく何の問題もない。
2分だ。
2分だけお前の時間を俺にくれ。後悔はさせない。



【Best Job | P&G London 2012 Olympic Games Film】




このブログの管理人である三十路は、今年39になってデザイナー7年生になってな。
話がそういう自身の経歴に触れるような流れになれば、
これまた口が酸っぱくなるほど書いてきたことなんだが、今、もう一度繰り返そう。
たとえ三十路がこの先、何年職歴を重ねたところで、真性のデザイナーには勝てないのだ。
それはなぜか?
32で社畜リーマンから足を洗い、フリーランスになってデザイン稼業を始めてもう7年目。
それなりに経験は積んできて、最近じゃまぁちょっと自惚れの気も出始めて。
経験積んできたからな、そりゃ。
頭の中のイメージが綺麗に紙の上に出せるようになってきた、という感覚が掴め始めてる。
でもよ。
22歳でデザイン会社に入社してれば、39の歳には17年のキャリアになる訳で。
その差は10年。
この10年という時間は、絶対にひっくり返せないものなのよな。
この10年という経験は、絶対に勝てるものでもないのよな。

人というものは他人はおろか、自分自身ですら自分を裏切る事が出来る生き物だと思う。
お金は裏切らない!…そんな事はない。
歴史を紐解くまでも無く、経済が崩壊し持ってる紙幣が紙屑になるなんて幾らでも例が在る。
でもな。
たったひとつだけ裏切らないものは、積み重ねてきた時間・経験なんだ。
それだけは誰にも奪えず、誰も否定出来ず、誰にも誇れるもので。
いつか死のその瞬間を迎える時まで、寄り添って離れていかないたったひとつのモノ。
それが時間であり、経験なんだと思う。
だから俺が三十路入ってから血迷ったかのようにデザイナー始めたところで、
10年早くスタートを切ってそれ一筋に生きてきたヤツには勝てない、と思っているのよ。
ま、その土俵での勝ち負けじゃないなら勝つ道はあるかもしれないのだが、
それは既にデザイナーとして勝負してないんで、まぁ今回は割愛。

どんな道を往こうがよ?
辛苦に耐えて、負けても負けても戦い続けて、ひとり孤独にその背中に積み重ねた経験。
積み重ねた時間が多ければ多いほど、その力は自分を救う盾となり、活路を開く剣になる。
その力、それだけは絶対に自分自身を裏切ることは無い。
それが頭でも体でも理解出来る歳、ってのは随分と大人になってからなのが皮肉でな。
日々の積み重ねが、若い頃からの腹の座り具合が、本当に大事なんだ…
そう思った時にはもうそれを取り戻すための時間ってのは無いんだよな、これがまた。

デザイナーなんてものは、まぁ歳喰ってもまだどうにかなる道なのかもしれない。
だけど、スポーツというのはもっともっと狭き道じゃないかな。
物心つくかつかないか、ぐらいの頃から空けても暮れてもソレばっか練習して、
それを何年、何十年と続けてきたところで花が咲く保障も無い。
それでも陽の目を見ようと、桧舞台に一度は立ちたいと願うからこそ続けてこれるのだろう。
毎年、毎週、ましてや毎日なんぞ行われる訳じゃない、オリンピックは。
たった4年に1度。
その機会を逃がしたら、選手生命のピークが過ぎ去る事だって十分ある訳で。
でもその機会を掴もうと、みんな猛練習を積み重ねて来てる。
何年も、何年も。
幼い頃から背負って必死に育んできた夢を競い合う、そんな祭りだと思うのよな、五輪って。
積み重ねて来た時間、経験。それはまさしく自分自身であって。
そんな人間が一同に会して、競い合うわけだ。
積み重ねて来たものすべてを差し出して、自分の価値というものを賭けて。
だからこそ彼らはとても眩しくて、世界中が興奮するんじゃないかと思うんだけどさ。

そんな中に、ポ〜ンと横入りしていい話じゃないと思うんだけどな、最近のアノ話。
ましてや本職でもなく、芸人の売名行為だなんてのは論外でさ。
どんなもんかね、アレは。
ま、自ら辞退なんかするタマならそんな恥ずかしい真似は最初からせんだろが。
やるせない、の一言に尽きるなぁ。
なんだかなぁ〜、と。

このCMを観て、ちょっと我慢出来なくなったので久々に独り吐いてみた。

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 00:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
デザイナーとしての素質を信じてくれと、励まそうとしたら割愛されました(笑)

どうなんですかね?アレは単なる売名行為だったんでしょうか…
素人足自慢大会から、自分の素質に気付いて、競輪のトップクラスで活躍している人もいるので、あの人も気付いちゃったのかと思ってました。

しかし、言われてみれば、そんな気もします。

才能なんて言葉を使うのは青臭い気がしてきました。

アレって、その話ですよね?最近、テレビを見てないんで、違ってたらごめんなさい。
  • 2012/04/30 9:24 AM
>まサン
真性に勝つには搦め手。
スペシャリストに対抗するためのゼネラリスト、っう手段もあって。
負ける戦ばっかじゃなく、こっちの土俵に持ち込むのも実力っス。
むはは。


そそ、ねこひろしのカンボジア国籍による出場の話しね。
特に伏字にするつもりは無かったんだが気分悪かっただけで(苦笑
ルール上はどうも問題無く、おそらくモラル的な部分の問題だと思うのね。
現地に住まず、言葉を覚える気もなく、また日本に帰化します、仕事は日本でしますじゃ、
カンボジア国籍を取得する意味が、ホントに五輪に出たという箔付けしかない点。
そこが透けて見えるから、拒絶反応みたいな騒動になってるんじゃないかと。
TVで取り上げられる→オファー殺到→金儲け、
なんでもかんでも金金金でいいのか?え?っうヤな気持ちになるっう。
それでもね、現地の全候補選手を上回るタイムが出せてるのなら百歩譲るが、
ベストタイムも現地選手を下回ってて、ってオイオイオイと。

恥を知れ、という日本語はもはや辞書の中だけなのかぁ…
と深い失望感を禁じえないってだけなんっスけどね。
  • POO
  • 2012/05/02 5:19 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM