<< 『ホビット 思いがけない冒険』劇場鑑賞レビュー。 | main | 行く、逃げる、去る。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『インキーパーズ』DVD鑑賞レビュー。


レンタルビデオ屋で借りて来た映画を誰に頼まれた訳でもないのに
POOが勝手にレビューしたるでぇ記事、27本目ももちろんホラー映画の登場っス。

あぁこんな冒頭書き出しのお約束文句もあったなぁ、と過去ログ読んでしみじみ。
それもそのはず、2009年8月の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』以来、実に4年ぶり、
しかも今回はレビューを【頼まれた】というオチ付きでの帰還と相成りました。
ことのキッカケは、【●REC4公開速報】記事でのコメントのやりとりで、
「酷い内容の映画だったのですが、ホントに酷いのか検証してください」ってな感じの
ご依頼?をPOO-MONO読者さんから戴いた事に始まった訳なんですが、
酷い映画をわざわざ観てレビューしてくれ、なんてホントに酷い話ですなぁワハハ(笑

まぁ、この言い回しは四十路流のネタなんで本気にしちゃイヤンなんですが、
このブログも開設して今年の6月で満7年になるんですが、
こんな形でのコミニュケーションを取るのが初めてというか、かつてない絡まれ方に
うおっ、なんかイイね!と心が踊ったので[依頼を請けてのレビュー]をする事に。
酷い内容のホラー映画だ、というのがオカルト好きの血が騒いだのもデカいんですが。

さっそく核心からズババッと書いてみるのがPOO-MONO映画レビュー、鉄の掟。
なおかつ、いつも書いているような映画館での鑑賞レビューと違って、
DVD鑑賞の場合のレビュー記事は【100%完全ネタバレ問答無用】なのも、血の掟。
という訳で本文に入る前に、未見の方はくれぐれもご注意してくださいっス。
で、肝心要の酷い映画と前評判?の高い「インキーパーズ」はどうだったのか?

コレなぁ、オチわかるヤツ少ねぇだろうなぁ

ってな、なんとも不完全燃焼というか、不親切な映画で(´・ω・`)ショボーンな評価。
丁寧に撮ってるつもりが、その伏線の貼り方をことごとく失敗していて、
駄作、というより、生煮えの料理を喰わされた、と書くのが正解ではないかと。
ま、その辺のことを四十路になっても一切容赦しないPOO節で解説してみますかね。


レビューに入る前に、まずはお約束、あらすじ紹介&トレーラー動画のペタリっス。

【インキーパーズ(原題「The INNKEEPERS」)あらすじ】
アメリカ、ニューイングランド地方のとある街角に佇む、ある古びたホテル。長い歴史を誇るホテルも老朽化や不景気の前に、遂に閉館することとなり、その最後の週末を迎える。この歴史あるホテルでは昔、ある女性が結婚式当日に新郎に捨てられ、客室で首吊り自殺を図るという悲しい出来事があった。その日以来、花嫁衣装をまとった女性の幽霊が、新郎を探すかのように廊下をうろつきまわる姿を多くの客が目撃してきたという。そんなホテルの従業員であるクレア(ケリー・マクギリス)と中年男ルーク。2人は共にオカルトに興味があり、特にルークは自身の勤めているホテルに伝わる怪談を自作サイトにUPして、その謎を解明しようとやっきであった。閉館が迫る中、オーナーも不在であるこの際に、徹底的に調査してみようと意気込む2人の前に深夜、誰も居ないハズのロビーに置かれたピアノが鳴り出し、自殺を遂げた花嫁の死体を、評判が堕ちることを気にした当時の経営者が3日間隠したと噂される地下室からはクレアを呼ぶ謎の声が。クレアはその声に導かれるかのように、謎の地下室へと続く、固く閉ざされた扉をあけてしまう…。




…とまぁ、こんな感じのよくある「幽霊の出るホテル」ってな設定でのホラー映画。
TOP画像にある金髪のお姉ちゃんが主人公のクレアで、
横に居る出来損ないのゾンビみたいなのが、昔死んだとされている花嫁さんなんですな。
この記事を書く直前にDVDを鑑賞しおえて、即座にこのレビュー執筆してるんですが、
しっかし、このトレーラー酷ぇなぁ!
100分の作品の中から、怖いシーン全部抜き出して凝縮してやがるんだもん(爆
あまつさえ、最後の最後、オチのシーンまで差し込んでやがるという(核爆

普通はね、こういう予告編動画ってのは謎(この場合だと恐怖の正体)を匂わせつつも、
あからさまにしないで、本編観てその正体を確かめてね☆(ゝω・)vキャピ
ってな作り方をするもんなんだが、コレ、本編に予告編以上のモノが出てこないっう(苦笑
そんな意味では、レンタルするまでもなく、このトレーラーで全て把握出来る!
なんて画期的でアッパレ!いや、これは映画史上初めての試みかも!ステキ抱いて!
ってな、100点満点つけてもいい。この予告編にだけは(笑

さぁて、本編はというと。
このトレーラー作ったヤツに本編の編集も任せれば良かったのに、マジで。
という、ダラダラッとした意味のないシーン、無駄なシークエンスが多すぎて間延びしすぎ。
余韻を残そう、という丁寧な狙いなんだろうなぁと好意的な解釋も出来るんだが、
ホラー映画でよ、まず初めの恐怖との遭遇に20分も30分もかけるなよボケカスが、と。
途中で寝そうになりそうな、退屈な出だしが延々と続くのよね。
ホラー映画編集の鉄則に、わざと人物を左右どちらかに立たせてる場合。
もちろん背景が大きく写っている。
始めはピントは人物にあっていたはずなのに、段々と後ろの背景の方にピントが合い始めて
ギャーーーーーーッ!!!で、でたぁぁぁああああああ!!!!
となるのが、お約束というか様式美というか、動かしちゃいけないルールなんですよね。
主人公が立ち去った後になおもその場でカメラが廻ってる場合。
そこに映し出されるモノってのは、ミステリーでいう「秘密の開示」にならないと駄目で。
画面の外から、主人公を追う血塗れの手が伸びてくる、とかね。

この基本ルールを、ことごとく無視した作りになっているのが、本作「インキーパーズ」。
背景が大写しになろうとも、ソコには何も映らない。
主人公が去った後にカメラが廻っていても、ソコには何も映さない。
なんなんだろうな、この間は。
学生が自主映画を撮ったとしても、もっとテキパキとテンポ良く撮るんじゃね?と。
この記事を書くに至ったコメントを頂戴した後、DVD借りる前にレビューサイトを幾つか散見。
み〜んな、異口同音でダラダラと間延びして飽きる、と書いてあって。
で、自分が実際に観てみると、あぁホントだったんだと(苦笑
だが、しかし。
ホントに酷い映画でしたマル、と終わらせてはわざわざ数ある映画レビューサイトから、
片手間に映画鑑賞書いてるようなPOOにレビュー依頼をした意味も無いのでは!?
うむ、その御期待に添えねば成り立てホヤホヤ四十路の意地が廃る。
なんとかして、この原因を解明せねば…!
四十路になって思わず知恵熱出るかと思うぐらい考察した結果、導き出された結論。

ズバッと書くと、この監督はホラー撮っちゃダメな人種だな(爆
恋愛ドラマとか、もっと大掛かりなサーガとかを撮った方がたぶんピッタリくるタイプ。
バックパッカーを襲う恐怖を撮った『ホステル』の監督、イーライ・ロスが絶賛したそうだが、
(当ブログでレビュー済み。こちらからどうぞ→【ホステル】【ホステル2】
まぁ、好きそうな感じがするのは分かるんだが、馴れ合いの採点はやめとけよと。
ホラーのお約束を外すんであれば、ホラーじゃないのを撮ればいい。

で、だ。
あまり脱線してもしょうがないので、スパーン!とこの映画のオチを解説してみようかね。
ヒント、というよりも最早答えに近いんだがタイトルにご注目あれ。
[InnKeeper]というのは、INN=宿屋、KEEPER=管理人、で宿屋の主人、という意味。
ここが最大にして最後のオチなのよね、実は。
映画の中で散々繰り返されるセリフが、たったひとつだけはあるんだが、それは何か?
「オーナーは留守にしています」
要するに、インキーパーが不在です、ってのを登場人物に言わせ続けている訳。
実際、劇中では閉館間際のホテルをほったらかして、バカンスに出掛けてるんだけども。
で、ココがポイントなんだが、そんな書面上での誰だか分からない管理人じゃなくて、
【真の主人はもう既に居ますよ】ってのがこの物語のオチであり、どんでん返しな部分。
往年の名女優で、降霊セミナーに講演に来たといって宿泊してたあのばあちゃん。
あのばあちゃんが最後、惨劇が終わった後に【何処の部屋】から外を眺めていたのかが、
この監督なりの【恐怖の正体】を明かした瞬間だったんですが、分からんって普通。
いいっスかね、ここからネタバレじゃ済まない、オチバレしますぞ?


























主人公クレアの部屋。214号室だっけ?
あの部屋こそが、昔、花嫁が自殺した部屋であり、ホテルの真の支配人の棲む部屋。
それをどこから観てとるか?というと、冒頭のトレーラーでもバッチリ入っていた、
最後のシーンで、降霊師のばぁちゃんがクレアの部屋から外を見ていて立ち去った後、
ず〜〜〜っと部屋が映しだされて、ドアがバターン!ってなるじゃないっスか。
あれは、あの部屋の中に誰かが居る、という演出。
誰が居るのか?
それは霊とコミニュケーションがとれると豪語していた、あのばあちゃんが鍵。
あのばあちゃんの特殊能力、事前に出来事が予見できる、ってやつ。
アレ、中年男のルークが最後の問答で問い詰めてたっしょ。お前、知ってたな?と。
ばあちゃんも、知ってたけど止められなかった、と返してたアレ。
惨劇を阻止出来るチャンスが、実は冒頭に一回だけちゃんと映されていたんだな、実は。
幽霊に殺された?クレアが、自分が泊まる部屋を決める時。
そして、その後に間髪入れずにばあちゃんがチェックインしてた、あのニアミス演出。
アソコが、実はすべての謎が交差したシーンなのでして。

ばあちゃんは知ってた訳ですよ。
このホテルで、というよりも、このホテル「が」、か。
廃館前に誰かを道連れにしよう、と生贄を求めていた事を。
そしてその生贄として主人公クレアが選ばれていた、ってのは最初から提示されてた訳。
日本の怪談風に書くとクレアは悪霊に【呼ばれていた】訳なんですな、既に。
それを防ぐために来たんだが、肝心要の部屋は、もう埋まっていた。
だから止められない(ゆえに自分が殺される事も無い)、と悟っていた訳。
その理由を明かしていたのが、クレアとばあちゃんの初遭遇の会話シーンにありまして。
あなた、今何してるの?と訊かれたクレアが、ホテルの従業員ですダメですか?みたいな
会話をしてる時に「いいえ、アナタと一緒。生きていたいのよ」と答えたアソコ。
ふと考えると、おかしな会話だよね。
職業訊かれたのかと思って返答してたら、いきなり「生きていたいのよ」なんてのも。
あの時、この娘は死ぬ運命にある、というのをばあちゃんは分かってた訳。
死にたくないわよね、生きていたいよね、でもダメなの。あなたはもう死ぬしかないの。
そういう省略したニュアンスがあのセリフにあった訳っスな。
既に死んだハズの亡霊と、同列に語られているクレア、というのがあのセリフな訳です。
この映画は、悪霊に取り憑かれてもう死が決定している生贄の最期、として観るのが正解。

そう考えてから、改めて映画を思い浮かべてみてほしい。
何故、あんなに無駄だと思ってしまうようなシーンをカットもせずに続けていたのか?
何故、クレアが地下室では無く、自分の宿泊した部屋で悪夢を見たのか?
何故、家出してきた母子がクレアを見て怪訝そうな顔をしたのか?
すべては、このホテルの真の管理人が主人公であるという演出の一環なんですな。
クレアの後ろを人ひとり分ほどのスペースを常に開けたまま廻るカメラ。
クレアを見て敬遠したり、居ないような対応を取り続ける宿泊客。
本当は亡霊なんか見た事のなかったルーク。
なのに自分だけが次々と怪異に遭遇してしまうクレア。
この監督は実は徹頭徹尾、初めから【恐怖の正体】を観せていたんですな、我々に。

だぁが、しかし。
そんな演出がホラーには馴染まない、っう話でね。
余韻含みのカメラワークに編集ばかり使ってて、肝心の幽霊は何処行ったんじゃー!??
みんなそう思うのは当たり前。ダラダラ長い!酷い展開!そら怒るわな、みんな。
だって、ホラー映画観に来てるんだから(苦笑
だから始めに書いたんだが、ラブロマンスとか撮らせた方がいいんじゃね?と。
思いっきりムーディーなBGMで美男美女を撮らせた方が、この監督の手法には合うと思う。
丁寧に演出しようと頑張ってはいるんだが、ことごとく空回り。
それがこの「インキーパーズ」の惜しい所でもあり、最大の見所でもあるという矛盾。
こんな映画ね、わかるヤツの方が少ないんだっうの。

それでも何処かひとつ、擁護するならば。
監督が頑張ったなぁ〜と、個人的に褒めてあげたいのがクレアのキャラ作り。
あの人物に感情移入出来る人って、ほとんどいないと思う。
お化けに遭遇した!でも同僚が逃げ出しちゃった!なんてビビって客室に突撃したり、
接客の途中で逆切れするようなホテルマンとか何処のDQNやねんっていう(笑
アレはね、感情移入させないための演出】なんじゃねぇかなぁと。
最初っから死ぬのが決定してるから、無駄に感情移入させると観客は心痛むんじゃ?
どうにも観客が感情移入しないで、淡々と悪霊が管理人をしているホテルの恐怖、
ってやつを観てもらった方がこの映画にはピッタリなんじゃないだろうか?
そんな優しさが垣間見えてしまう。
って書いちゃうのは、ちょっと無理目で褒めすぎなのかのぅ?(苦笑
ま、性根が優しいヤツはホラー撮っちゃだめよ。
人間なんて自分以外全員くたばれ!と怨嗟が心の奥で渦巻いてるようなヤツじゃないと。
その意味では、登場人物全員拷問嬲り殺し映画をサクッと撮っちゃうイーライ・ロスが、
絶賛したというのも分からない話ではなく、むしろその真意を強烈に分かってしまったり。
だって、自分には絶対撮れないだろうからなぁ(爆


スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 03:27
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
納得しました。イーライロスの責任はpooさんにとってもらおうとレビューを頼んで正解でした(笑)
すっげービビりなクセに、それでも幽霊を追い続けたのは呼ばれていたからって解釈で良いのですかね?

いや、そうですか、そうですか…
予告動画は見てなかったのですが、酷いですね。それと、パッケージの後ろのあらすじを読めば全てがわかっちゃいますね。
客室で命を絶った老人、地下室からクレアを呼ぶ声、扉を開けた時、本当の惨劇が始まる…
なんて書かれてましたからね。

ま、それでみた後に、あっけにとられた訳ですが。
前置きが長かったが、これからが本編だよね?みたいな。エンドロールみたいなのが流れているけど、気のせいだよね?みたいな(^^;)

花嫁の幽霊の血液の飛沫した感じから、死因にも首吊り以外の秘密があるなんて読んでいたものですから…

確かに、伝わりませんね…残念な映画です。
ちなみに自分が一番怖かったシーンは、冒頭の椅子が揺れている動画です(笑)

レビューありがとうございました。

次は貞子3Dをお願いします。これもツマラナイですよ(笑)
  • ま。
  • 2013/01/26 5:20 PM
初めまして!

今日インキーパーズ借りてきたんですがどうもつまんなくてレビューを見て回ってました。

みんなただつまんないと同じ事ばかりかいてましたが、なにか深いストーリーになってるはずと思いケータイを眺めていたところ、ここまで飛んできました。


いやー、ここまでこのストーリーを解説できるなんてすごいです!

尊敬しました

またレビュー見にきます!
  • 池田
  • 2013/01/29 6:44 PM
POOさん早く次の更新してよ。
POOさんとこあけるたびに花嫁さんにドキドキして血圧が150ぐらいになるのやわ。

お正月の神社ラリーもちろん八坂さんも行きましたで。考えてみたら全部祟り神さんのところばっかりでした。

今年は、旧伊勢街道ウォーキングラリー全13回に挑戦中ですわ。
  • みー
  • 2013/02/09 7:00 PM
>ま。さん
おっ、メール無事に戴きましたでやんスよ〜!
特に返信する必要性も無い感じだったので放置しましたが(爆

そうそう、なんで劇中あれだけムキになって幽霊追い駆けてたのか?
ってのを考えると、この映画を理解しやすいかも。
さらに解説すると、あの主人公、途中でカフェにコーヒー買いにいくじゃん?
その描写で、この店にくるのは初めてじゃなく何度も通う常連みたいなシーン。
あれがあった、ってコトはこのホテルに勤務して数ヶ月、少なくても1ヶ月は経ってる…
そんな推測が出来る訳なんだけども、それにしてはですよ?
なぜ、【今の今まで幽霊騒動を放置してたのか?】がポイントな訳。
あれだけオカルト好き(の描写をする)なら、幽霊出るって噂のホテルに勤務したら
まぁ普通はとっとと早めに動くよね?って訳でさ。
なんで、あの日まで一向に動かなかったのに、急にそんな事やり始めたのか?
その背景を推測すると、パズルのピースが埋まり出す訳ですな〜♪

え?次は貞子3D?
いやぁ、見ても分からなかった映画解説レビューは初めてやってみたけど
予想外に面白かったんでまたやってもいいかなぁと思うけど、
「何度もコメントくれた常連さんに限りお一人様、年に一回」で勘弁して(苦笑
昔、仕事柄ブログバナーを希望者に作ってあげる、ってのをやったんだが
そういうのって検索で来て、作ってあげたらとっとと消えていなくなってさぁ。
アレ、すっげぇむかついたから頼み事は金もらわない限り請けない事にしたのね。
ま。さんの場合は、日頃の御愛顧の感謝として書いた訳で。
また来年になったら、リクエスト受け付けるんで、それまでにたくさん映画観て、
何を書かせたいか決めておきな〜^^
  • POO
  • 2013/02/14 5:07 AM
>池田さん
どもども、コメントありがとうございまっス!

そうよね、自分がインキーパーズのレビューを色んなトコで読んだけど、
みんな「つまらない。退屈」しか書いてなくて逆に借りてみたっていう(笑
つまらないモノをつまらない、と書くだけなら幼稚園のコにだって出来る訳で、
僕は40歳なんで、それなりの文章書かないとアホな中年ってだけで(苦笑
ま、他のブログさんに喧嘩売ってる訳じゃないので誤解しないでね。
この監督は、ちょっと不器用な感じがしてさ。
別にストーリーが悪いっうほどでもないんだけど、演出を丁寧にやろうとしてて
それがかえって展開がもたつく原因にもなってるだけで。
そう思うと、こりゃ何とか書いてあげないと可哀想じゃね?
ってな、なんか保護者な気分になった、ってのが真相で(爆

ま、そんなに数多くレビュー書くブログじゃないんですが、
よろしかったらまたお越しになってくだされ〜♪
  • POO
  • 2013/02/14 5:13 AM
>みーさん
むはは、高血圧の原因は下げときましたZE!
そうよね、確かにコレは自分も気になっていたんで(苦笑
今度からホラーの後は間髪入れずに更新するようにしとくわw

お伊勢さん参りかぁ〜、よろしおますなぁ。
今年は初出雲を狙っているんだが、いかんせん相手がなぁ…。
ちょっと道中、俺の恋愛成就も願掛けしといてくれんかね?wwwww
  • POO
  • 2013/02/14 5:17 AM
メールの件は、何で送れないのだろうと試したら送れてしまったって話なんですよ。放置でOKです。
なる程、深く考察すればする程、イマイチな感じになってきます。また見たいとかは思えない映画ですね。やっぱ。

貞子は冗談です(笑)つまらなさのあまり、途中で見るのを止めた映画は、さすがに勧められません。
  • ま。
  • 2013/02/14 12:02 PM
>ま。さん
まぁ確かに一度観れば充分な映画だわなw
考察してみたとところで、そんなに深い文脈が無いってとこが致命的でwwwwww
  • POO
  • 2013/03/02 8:52 AM
お初にお目にかかります。
大分経ってはいますが昨夜この『インキーパーズ』をDVDで拝観し
壱度観た限りでは「はてな?」になっちまいまして
早送りで(字幕が出る程度)弐度観して解った事と今だ解らずやが出てなんやもやもやし
色んなネタばれサイトを拝見しつつ此処に辿り付いた次第でござります。
お手前のレビューはなはだ感服いたしやした。
あぁ成る程 あっこはそうゆう事だったのね と納得でける所しばしば。
ただ
>中年男のルークが最後の問答で問い詰めてたっしょ。お前、知ってたな?と。
ばあちゃんも、知ってたけど止められなかった、と返してたアレ。
の所 あっしの解釈では クレアがゴミ捨てに行って 倉庫?の地下扉に鍵掛ける所を二階の窓越に婆見てたじゃないですか
で最期 部屋から見てたのはその倉庫で あのクレアの行動がルークの言う「知ってたな」じゃないかと。
だから婆 地下には行っては駄目と注意したんじゃないかなぁと思ったんですが…
で婆が言う「止められなかった」のはその鍵が無かったから。
クレアが地下に行ったら追い詰められ 逃走ルートはあの倉庫に出る扉。この行動は必然で、が そこはクレア自身が外から鍵を掛けてしまった。
その事をあの夜 婆は知っていたんじゃないかなぁと。
でも そうなると婆 地下には行くなじゃなく あの扉の鍵 開けといた方がいいわよ と教えてやったいいのに…という疑問が出ますが…
終幕 あの部屋がしばらく映って扉が閉まる場面 よぉおく観ると カーテンの所にクレアが…映ってるんですよねぇ弐度目 目を凝らして観てたら 見えました!

っちゅうのんんが あっしの解釈であり壱応解った?んかなの部分にござんして。
機会があったらも壱回観て…観ようと思う今日この頃です。
長文 失礼しやした。
  • 越後屋
  • 2015/07/21 3:48 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM