<< 『パシフィック・リム』劇場鑑賞レビュー。 | main | 漫談。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【開設7周年御礼企画】POO-MONO SHORT FILM FESTIVAL。


当ブログ「POO MONOLOGUE」が今年の6月で何と満7歳を迎える事が出来ました。
ひとえに読者皆様の生温〜い御愛顧のおかげと管理人POO、感謝感激でありまっス。
今回は7年間も、よくもこんなつまらぬ書き殴りを御訪問いただいた御礼として、
POOが開設時から密かにコツコツと蒐集していた秘蔵の動画群を一挙にご紹介して、
皆様の良きお暇潰し、ちょっとした心の潤い、毎日の生活の手慰みになればと。
動画といっても日頃の言動から想像出来るエッチィのではなくスマンコ(オヤジギャグ

今回はいわゆる<ショートフィルム>、数分から10分程度で完結する短編映画をご用意。
管理人は映画が好きなもんでして、ブログ開設当初からいつかは紹介しようと、
YOUTUBEでサクッと観られる、かつ、ちょっコレ金払っていいんじゃね?というレベルの、
ショートフィルムをこつこつブックマークし続け、その中からさらに厳選した50作品を。
動画紹介の前に少しだけ、POOによる御案内の前文を挿入しながらの紹介になります。
「グロ注意」や「ホラー注意」、「R18」などの主観による要注意項目も併記済み、
その但し書きと分数の表記を目安に、好みのフィルムを探していただければと思いまっス。

いやぁ、この企画、去年ぐらいから構想だけはしていて、ホントは7周年を迎えた6月末か、
遅くとも夏休みには出そううと思ってたんですが、遅くなってスマンコ(大事な事なので2回ry
その分、厳選に厳選を重ねた作品を御準備。ちょっとマジ期待してくれていいんだぜ?
作品によっては英語による会話部分もあったりしますが、会話の意味がわからなくても
ストーリーの意味はちゃんと分かるものだけに絞りましたので、純日本人でも安心。
あと、セル画・クレイ・3D・CGの如何に問わず、アニメーション映画は一切省きました。
そっちはそっちで今回紹介する50作品と同等数以上のブックマークがありますんで、
ブログ記事スペース的にも限界、載せられずという結果になりました。スマンでやんス。
本記事に反響があれば、アニメ部門として近いうちにもう一度開催してもいいんですが、
特に反応が無いようであれば、また数年間は寝かせようかと考えております。
ま、そこはね、ただ並べるだけの簡単に終われる作業でもないんで、御了承下さい。

では相変わらずグダグダと前振りが長くなってしまいましたが、まぁそこはホレ。
7年間も変わらない、POO-MONOの長所(と短所は紙一重w)で見逃してチョンマゲ。
映画はねぇ、短かろうが長かろうが、やっぱ良いモノっスよ。
秋の夜長を迎えたこの季節、どうぞお暇な時にでもじっくり愉しんでいただければ。

01.<オープニング作品>【An Honest Universal Studios Intro (1:20)】
大阪のテーマパークも大人気の映画配給会社、ユニバーサルスタジオ。
そのUSの配給作品の冒頭に入る、あのおなじみのロゴ。
アレが現実だったらどうなるの?という、一発ギャグネタを真面目に撮りました!な作品。




02.【SURICATE - MOVIES vs. LIFE (2:39)】
映画でよくありがちなコト、現実だったらこうなってるよな!という現実&空想比較ギャグ。
英語による会話、字幕入りますが、んなもん読めなくったって問題ナッシング♪
個人的には、にせブルース・ウィリスの車乗り越えシーンに大爆笑。




03.【Cat-Friend vs Dog-Friend (2:29)】
ネコと犬が、もし人間の友人だったら?というギャグムービー。
細かい差異がよく表現出来てるんですが、実際にこんなの居たらブン殴るよな(笑




04.【Sound Engineer's Hard Work (1:10)】
映画には音楽がつきもの。
その音楽を手掛ける職人サウンドエンジニアが、観客の知らない処で如何に奮闘してるか?
プロが汗水流して手腕を発揮する、想像を絶する苦労の様子を御覧下さい…。




05.【Sound Engineer's Hard Work <part II> (1:11)】
どんな音も思いのままに操る職人、サウンド・エンジニア。
そんなプロ中のプロである彼らも、驚愕する事態に見舞われてしまい…。
ひとつ前のショートフイルム「Sound Engineer's Hard Work」の続編となってます。




06.【Occupied (3:22)】
とある任務を果たすべく、飛行機のトイレに立て篭もった女性の奮戦を描いた短編。
あぁ、コレ、20年来のユーザーであるPOOにはよく理解出来るわ(笑




07.【EPIC WAR! (2:17)】
男にはァ!戦わねばならぬ時があるゥ!それはいつか!?今だッツ!!!
てな感じで、親子が繰り広げる一大バトル。
いやぁもうね、男の子にはホントにこう観えていた時期ってのがマジであるんっスよ奥さん。




08.【Transformers (3:43)】
男にはァ!幾つになっても戦うべき男が居るゥ!倒すべき宿敵がいるのだァア!!!
てな感じのちょっと尖がったお年頃なロシアボーイズによる、タイマン劇。
タイトルから分かる通り、ロボット映画「トランスフォーマー」へのオマージュ的作品ですが、
コレをただの素人(ファン)が作ったってのが、マジすげぇ。




09.<ちょいグロ注意>【The Kiss (4:00)】
男にはァ!恋敵と戦って美女の愛を!祝福の接吻を勝ち取らねばならぬ時があるゥウ!!!
な訳ですが、まぁ行き過ぎた愛情ってのも怖いよねって話。




10.【Brush With Death (1:44)】
まだまだバトルは続くぜ!ってな、今度はスタイリッシュなアクション短編映画。
落書きを消そうとする清掃人と、その落書きから生み出される敵との戦いを描いた作品。
錯視を利用した、路上トリックアートのアイデアとカメラワークがかっこいいっス。




11.【Carousel (2:19)】
アイデアとカメラワークが凄まじいのはこちらも負けておりません。
タイトルの「Carouse」lとは、回転木馬の意。何がどう回転木馬なのか?はとくと御覧あれ。
あなたにはこの事件の真相、っうか、真犯人は分かりましたか?




12.【Potion Overdose (1:54)】
ある意味、こちらの特殊映像も凄い!ってなバトルモノ、行きますか!
今度は魔法使い同士の決闘。ポーションを飲んで、様々な魔法を駆使する彼らですが、
オーバードーズ、過剰摂取には注意しましょう☆ってなオチ。サムネで見えてますがな(苦笑




13.【The Glitch (2:28)】
ゲームネタ繋がり、ってな感じでお次はこちらの御紹介。
ゲーム中で起こるバグ。そのバグが現実世界で起こったならば、こんな感じ!というお話。
オチがYOUTUBEのシステムを逆手にとって、中々ナイスな感じ。




14.【Achievements (2:43)】
またまたゲームネタつながりで。
アチーブメントとはゲーム内で条件を満たす事によって獲得出来る勲章みたいなモノ。
もし人生がゲームのようなら、こんな感じでアチーブメントGETだぜ!ってなお話。




15.【PAC-MAN The Movie (6:37)】
もういっちょゲームつながりで、あのレトロゲーム「パックマン」が映画化したら?
そんな思いを胸に、ただの素人ファンがここまで作ってしまったというスゴいムービー。
なんなのよ、もう外人の思い入れレベルって、ホントになんなのよ!(発狂




16.【The Hunt for Pikachu (1:38)】
今や世界中で大人気のゲームキャラ「ピカチュウ」。
そのピカチュウを現実世界でGETだぜ!というショートショートがこちら。
最後にメイキングがついていて、そこを見れば誰でも分かるように全編CGです。
本物の猫を着色してませんので、どうぞご安心を(笑




17.<ショッキング注意>【3 Minutes (3:00)】
こちらもちょこっとゲーム系な、本格アクションムービーの御紹介。
3分間の時間を与えられた戦士たちの戦いを、ガチで3分間の映像に仕上げた逸品ですが、
ちぃ〜っとばかし、グロな描写も含まれますんでご注意をば。




18.【Kittens On The Beat (2:04)】
こちらもある意味、アクションバトル系。
Kittens、子猫たちが飼い主が留守の間に一体何と戦って部屋をぐっちゃぐちゃにしたか?
その謎がついに明かされる時がやってきた!




19.【Address Is Approximate (2:43)】
上記に続きまして、こちらも鬼の居ぬ間の洗濯、ってなお話。
貴方の居ないオフィスでは、ホントに次の出社まで誰も何もしてないと言い切れますか?
もしかしたら見えない時間で、こんな事がおこってるのかもしれません…。




20.【Framed  <A Short Film Shot with iPhone 4S> (3:19)】
もし仮に、見えないモノが見えてしったら…?
そんな年代物のカメラを題材にした、少し心温まるショートストーリーがこちら。
この作品の何が凄いかって、副題にもあるように全編「アイフォン4S」で撮影したってトコ。
弘法筆を選ばず、とは言いますが今や携帯でこれだけのものが撮れる時代なんっスな!




21.【Le Miroir (6:20)】
人を映すのは何もカメラだけのものではなく、こちらの洗面所の鏡をそう。
とある少年の、その一生を映し出し続けた鏡のお話。




22.【Out of Sink (2:54)】
洗面所つながりで、こちらのショートショートを。
用を足した後、手を洗いたいのに水が出ない…そんな男の悪戦苦闘を寸劇仕立てで。
う〜む、四十路が管理人する当ブログに相応しく、実に昭和なノリっス(笑




23.<ホラー警報>【Out of Order (4:37)】
トイレつながりで、今度は満を持してのホラームービーの登場。
欧州では超高級な場所(三ッ星ホテルとか御高いバー)に設置されてるトイレには、
本作の冒頭に登場するコンシェルジュ、ボーイさんが駐在してるそうでして。
そのコンシェルジュが真になにくれと面倒を見ているのはお客ではなく…、という怖いお話。




24.<ホラー警報>【LOVE HURTS (6:01)】
もういっちょ、トイレつながり&ホラーつながりでこちらの短編作品をば。
恋人と喧嘩して気分を落ち着かせようと入ったトイレ。その個室から助けを呼ぶ声が…。
ストレートな微グロ描写もあるんで、ホラー苦手な方はご遠慮を。




25.<ホラー警報>【Still Life (8:48)】
長らく当ブログを御読みいただいている方はもち御存知、POOはホラー大好きっ子でして。
そのホラー好きがブログ開設時の7年前、2006年に発掘したのが本作品。
直接的な描写が無くとも、心胆にクル!ってなお話は超大好物でございまして。ウヒヒ。




26.<ホラー警報>【One Last Dive (1:09)】
ホラーというものは、何も血や内臓を出さなきゃ始まらないという訳ではなくってですな。
怖いという感情の深層を刺激出来れば題材なんぞ、なんだっていいんっスよ。
そのお手本なのがこちら。わずか1分で心胆直撃な逸品でござい。




27.<お色気注意/R13>【Moolta (1:26)】
ホラー続きの気分転換にココから数作品はお待たせしました、お色気ゾーン突入。
まぁ手始めなのでR13、小学生は見ちゃだめですよレベルからスタート。
「Moolta」とは外国に実際に存在する動画投稿サイト。
視聴数によって賞金が跳ね上がっていくというサイトのコマーシャルムービーなんですが、
派手に稼ぐにはやっぱこの手しかないよね、というオチ。
最近なんだか騒がしい、昨今のツイッターに阿呆みたいな自爆画像UPするのなら、
これぐらいの事をやってみせろってんですわ、おじさんプンプンですよ(←コレこそ自爆




28.<お色気注意/R15>【STRIPPED】
お色気ムービー第二弾は、まぁ中学卒業したら観てもいいかなレベルの投入。
題名通りストリップ…デートから帰宅した美女が身に付けたモノをどんどん脱いでいくと…



29.<お色気注意/R18>【Escalator (2:58)】
続いてのお色気ムービーはR18、高校生はサムネイルだけで我慢しなさいレベルの登場。
アメリカでは(何の日だったか失念)お客さんなどの来訪者にチョコを配る日があって、
それを配る日に売り込みにきたサラリーマンが門前払いされて、そのまま帰ろうとしたら…




30.<お色気注意/R30>【Thanks, Smokey! (3:07)】
最後のお色気ムービーは30歳未満は視聴禁止でよろしくお願いします。
いや、過激度という意味ではなく、この洒落が分からないレベルの人は観ちゃダメって話。
この場合のタイトルのSmokeyは単なる喫煙者、という意味ではなくて、
要は(大麻などの)ハッパやってラリってるな!の意。まぁそうじゃないとこうはならんよな(笑




31.<超絶ブラックジョーク注意/R40>【Animal Rescue! (5:50)】
こちらはお色気ではないのですがR40、四十路になってない奴は視聴厳禁でひとつ。
今回紹介する中では、ガチで最大最凶の問題作。
繰り返しますぞ、オトナとして客観的に視聴出来ない人と、動物好きは視聴厳禁っス!!
アニマルレスキュー、動物を救助する「真の意味」とは一体なんだ?
犬に服を着せるのは、犬を売り物にするのは、犬の毛を刈り取るのは虐待ではないのか?
そんな問い掛けが潜む、超絶弩級のブラックジョークムービー。
マジになっちゃうような人は、ホント、観ちゃだめ。散々警告はしたからなッ!!!!!




32.<不条理注意>【Terminus (8:35)】
こちらも問題作っちゃ、問題作なショートムービー。
タイトルの「Terminus」とは、古代ローマの「境界を守る神」を差す言葉で、
鉄道なんかでよく使われる「Terminal」(ターミナル/終着点)の語源。
その境界神を題材に、2010年公開になった「第9地区」の脚本家テリー・タッチェルが製作。
独特で不安になるイメージ描写と、実に不条理なオチで<注意>を付けました。
この感性、POOは好きなんだけど、同じように好きな人、少ないんだろうなぁマジで(苦笑




33.【The Black Hole (2:49)】
さてさて、もう問題作ゾーンではないんで、怖いの苦手な人にも安心して鑑賞できますが、
ある意味、オチがホラーなこちらの作品。
深夜残業中、突如手に入れたブラックホール。それを使ってヤッたことの顛末とは?




34.<ちょいグロ注意>【IT'S A SNAP! (1:58)】
指を鳴らすだけでドコにでも瞬間移動出来る能力を身に付けた男。
友人と一緒にあちこちへとSNAP!(指を鳴らす音)して遊びまわるのだが、その結末は?




35.【Room 8 (6:22)】
こちらも上2作品と同じ、そこはかとないダーク展開で世にも奇妙な物語りテイストなお話。
囚人が送られた監獄の、とある監房に置かれた、なんとも奇怪な箱。
その箱には恐るべき秘密が隠されており…。




36.【World Builder (9:16)】
劇中に登場する壮大な舞台装置では、こちらの作品も凄いっスぞ!
何もない処にイチから世界を創り上げる事の出来る男の、少し哀しいラブストーリードラマ。
こんなのが無料で観られるなんて、ホント、世の中変わったよねぇ〜しみじみ。




37.【Table 7 (4:22)】
壮大な仕掛け、ってことではこちらも負けてはおりません。
とある中華料理店の7番テーブルで食事をするカップル。しかしどうにも喧嘩が止まらない。
その模様を密かに盗聴して、交わされる言葉を逐一記録する、怪しい男。
喧嘩も最高潮に達し破局を迎えそうなその瞬間、男は一枚のメモを店員に手渡す!


【この作品だけ、少し解説を】※作品を鑑賞後に御読みください!
物語の終盤で店員が持ってきたメニュー(センベイみたいなのが2つ載った皿)は、
最近では歌のタイトルにもなった「フォーチューンクッキー」と呼ばれるモノ。
北米の中華料理店では中華煎餅の中に、おみくじ(一言占い)が書かれた紙を忍ばせて、
コースの最後に出すのが習わし。食べる、というよりもオマケサービス的なモノ。
で、カップルのフォーチューンクッキーに書かれていた内容は、
男性が、A simple sorry between lovers can prevent life-long regrets.
(恋人に率直に謝ること、一生の後悔をしないですむ)
女性は、To blame is human, but to forgive is divine.
(罪を責めるのは人間、許すのは神の御業)、という感じの内容。要するに仲直りしなさいと。
このお店ではあらかじめ適当に印刷されているおみくじを用意するのではなく、
その場で適切なものを出すべく客席を盗聴しているという、なんとも粋なオチなのですな♪



38.【SPIN (8:16)】
うらないなんかで喧嘩を止めさせるよりも、もっとすんごいヤツがキター!
DJが使うターンテーブルでなんと運命を変えてしまえる、神のごとき能力をもつ男。
広場で起こった事故を未然に防ごうとする、そのチョー奮戦劇。




39.【Plot Device (9:15)】
まだまだ大作ラッシュは続くぜ!
アマゾンで通販しようとした映画マニアの目にふと飛び込んできたのは、
<この商品を買った方は、こちらの商品も一緒に買っています>に表示されたとあるアイテム。
「Plot Device」、脚本装置と名付けられたアイテムを入手した彼の運命は?




40.<モンスター注意>【Head Hunters (3:20)】
ヘッドハンターが追い求めていた見る者すべてを石に変えてしまう伝説の怪物の生首、
「メデューサの首」の隠し場所にヘッドハンターを脅し、ようやく辿りついた悪人一味。
今までこき使われていたハンターに悪人一味を倒す、逆転一発の術はあるか!?




41.<ゾンビ注意>【Rotting Hill (4:17)】
おバカなゾンビカップルの恋愛物語。
スプラッターなシーンが山盛りテンコ盛りなので、その趣味の無い方は避けた方が無難。
…書いてて思ったけど、おバカなゾンビってなんじゃ!ゾンビは馬鹿が基本じゃねぇか!(爆




42.<ゾンビ注意>【CARGO (7:05)】
こちらも外人の大好きなゾンビムービーなんだが、是非観てほしい凄い作品。
この手のジャンルでは異例のわずか半年で380万ビュー突破という、とんでもない傑作。
ゾンビに噛まれた父親が赤ちゃんを守るために行った行動とは?というお話。
ゾンビ基本ルールの、知能が著しく低下する、という御約束を綺麗に利用しての展開に、
今まで腐るほどゾンビ映画を観てきたはずのPOOも、思わず大唸りしたほど。
っうか、ゾンビ映画観てて最後がこんなにホロリと来たのは初めてだぜ、こんちくしょう…!!!




43.【Night Stroll (2:04)】
この企画は当ブログ開設7周年ということでお送りしております。
7年前に始めたこのブログ、このまま7年後もやれてるといいなぁと思うのですが、
POOが現在住んでいる東京の7年後といえば、オリンピック開催。
その時、どんな記事を書いているのか。すこし楽しみでも有り、かなり不安でも有り(苦笑
こちらは、そんな東京の夜を舞台にした不思議なイリュージョン系ショートムービー。
夜のTOKYOに現われた、光の乱舞を御覧下さい。




44.【Frame of Mind (1:13)】 
これまたカメラのマジック的なイリュージョン系ハイスピードショートショート。
もう説明は無粋、まずはその目でよ〜く御覧あれ!




45.【RIGHT PLACE (5:18)】
今回御紹介する短編映画の中で、唯一の日本製ショートムービー。
タイトルの「RIGHT PLACE」とは正しい場所、意訳すると収まるべきしかるべき処、てな感じ。
人より少しおかしいと自覚するコンビニ店員が、迎える人生の転機とは。




46.【Splitscreen: A Love Story (2:26)】
幾らPOOがホラーやお色気が好きだからといって、そればっかり観てる訳でもなく、
キュンとくる恋愛ムービーなんかも美味しくいただいちゃう雑食性なんだぜ!
こちらはサムネイルの時点で分かるかな?画面の右半分と左半分が別々の視点なのね。
とあるシングルの男女が出会うまでの視点を、同一画面で見せるという演出。
こういうのもショートムービーだからこそ出来る、実験的な演出で大変美味しく戴きました☆




47.【Post-It Love (3:02)】
こちらはポストイット(付箋)を使ったショートラブムービー。
BGMもほのぼのとした感じで、なんとも心温まる優しいムービーなんですが、
お前ら!それ会社の備品やろ!?というツッコミは、野暮なのでどうぞ御遠慮下され(笑




48.【The Brick Thief (2:27)】
レゴブロックを題材にした、ちょっぴり摩訶不思議な物語り。
子供の頃、いつの間にか遊んでいたレゴブロックが少なくなったりしてませんでしたか?
その時なくしたと思い込んでいたブロックは、実はこんな風になっていたのかもしれません…




49.【PORCELAIN UNICORN (3:00)】
第二次世界大戦中のドイツが舞台。
廃屋に忍び込んだ少年が、隠された部屋で観たものとは一体なにか?
あれから年月を重ねて老人になった少年が、向かう場所は?




50.<エンティング作品>【16: Moments (4:17)】
ここまで紹介したショートフイルム、実に49タイトルに及びます。
POOが掻き集めた個人的ベスト御開帳に御付き合い下さいまして有り難う御座いました。
どうですかな、お気に召す作品などはありましたでございましょうかね?
ショートフィルムなもので、どの作品もわずかな時間のみの構成。
いわゆる映画館で観るような大作に比べれば物足りなさも感じるでしょうが、
それでも映画の一ジャンル、立派な形のひとつなのが、ショートフイルムでございまして。
今回の企画で少しでも映画を楽しく思ってもらえる、また、魅力を知ってもらえれば、
ただのイチ映画好きとしては、これ以上の喜びはありません。
POOが思う映画とは、人生を少しだけ豊かにしてくれるスパイスであると同時に、
また明日から頑張ろうと思えるようにしてくれる、カンフル剤のような存在ではないかと。
皆様方ご自身の人生を、一生懸命歩むためにちょっとだけお手伝いしてくれるモノ。
映画を観て素晴らしいと思えるのは、ひとえに貴方の歩む人生が素晴らしいからなのです。
え?自分の人生はちっともドラマチックじゃないって?
いいえ、どんなに地味に思えようが、貴方の人生は貴方にしか歩むことの出来ない、
他人には決して真似の出来ない映画のような、ワクワクハラハラする物語りなのです。
どうぞ、これからも映画の様な人生を、人生という映画を、歩み進めて下さい。
その日々にちょっとスパイスがほしくなった時、お手伝いになるような後押しが必要な時、
このブログを覗いていただければ、それに勝る喜びもございません。
POO-MONOLOGUE、今まで7年間の御愛顧を感謝するとともに、
これから7年間もひとつ、いや、ふたつみっつと御厚意頂ける様、御願い申し上げます。

では、最後になりましたが本企画のエンティングショートフイルム、50作品目の紹介を。
POO-MONOの歩みも、貴方の人生も、ギュッと詰まった映画です。
生きてればまぁ、良い事も悪い事もあるもんで。
どんなにその日、辛くて苦しくで泣き崩れようが、幸せすぎて終わらない様に願おうが、
明日という日はやってくる訳で。誰にだって平等に、どんな時でも確実に。
辛い時、悲しい時、嬉しい時、楽しい時。すべての瞬間は繋がりあって時間を織り成すモノ。
今日が暗くても、明日は明るい。明日は見えなくとも、明後日はほのかに感じる。
生きるってのは、まぁそんなものじゃないかと思ったりするのでっス。
人生はきっと美しく、貴方の明日はもっと明るい。そんな希望に満ちた優しいフィルムです。
ぜひ御覧になって、今この一瞬も人生というフィルムの1コマだと感じていただければ。





スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 18:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM