<< 漫談。 | main | とりま。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


週刊朝日、表紙デザイン解体論。


おっすオラ四十路!
いつもエディトリアルなデザイナーとして眠らない街TOKYOでガンバってるナイスガイさ!
今日はひさびさにエディトリアルなデザインについて講釈してみようって寸法さ☆ミ
え?デザインは分かるけど、エディトリアルってなんのジャンルなのかって?
HAHAHA、のび太くんは何にも知らないなぁ!
書籍とか雑誌とかパンフとか、要は「紙」に印刷する形態のデザインジャンルのコトさ!
特に日本では、雑誌専門とかやってる人たちのコトを指すんだZE★
だからさ、いい加減、ホームページとかネットのヤツを何でも出来るんでしょ?とか、
あぁ!絵描いたりしてるんでしょ?とかドヤ顔しながら本人に語ってくるのやめてくんない?
なにその、そんな自由業なアナタにも理解のあるアテクシって素敵♪って上から目線。
てめぇいい加減舐めとったらドタマかち割るゾこのボケがァアアアアア!!!
何度言うたら分かるんじゃぼけぇぇえええええ!!!!!!!!

エディトリアルデザイナーあるある、でした(苦笑
いやぁまぁカタカナ並べられても良く意味が分からんだろうが、マジでそろそろ勘弁して。
さて、今回はそんな現役デザイナーが、ある雑誌の表紙デザインを解体して、
ちょっとばかり真面目に解説してみようじゃないかという、一風変わった趣向をお届け。
っうか、そういう記事を書いて下さい、ってな[依頼を頂戴した]からなんですがの。

当ブログでは、常連の読者お一人様につき年に一度だけ希望する記事をPOO節で書く、
そんなルールがなんか今年から追加されたらしいっス、本人の知らないトコで(笑
もちろん、誰でも何でも請ける訳じゃないっスよ?
POOが琴線に触れた依頼のみツマミ食い、ヒマな時限定ってな按配ですが。
↑こう書かないとホントに見境無く乞食が殺到するんでマジ勘弁。
昔やった無料ブログバナーのデザインが、相当にトラウマになってまして。
POOは金払ってもらってる訳じゃないんっス、個人の趣味でブログやってんス。
義務でもないし強制でもないんで、その気になればいつでも閉めれるんっス、このブログ。
こんな記事は、POOからの善意・好意だと解釈してもらいたいっス、マジで。
お願いしますとかありがとうぐらい言えやって感じっスYO。
当時、礼も言わずにバックレたヤツが出た時は閉鎖考えましたわ(´・ω・`) ショボーン

表紙デザインの解説記事を書いたんですが、まぁコレが大変アクセス数を稼いでくれて(笑
その記事を読んだ方なんでしょうね、またもや週刊朝日のデザイン解説してくれと。
え?またアサピー取り上げなきゃなんないの?
俺、ゴリゴリの国粋主義者って何度も書いてんじゃん、右っスよ、右。
アサピーなんか左は、ぶっちゃけ吐き気するんであんま触れたくねぇんだよな〜と思って、
依頼コメントをよくよく読んでみると『週刊朝日の表紙デザイナーが変わったそうですが、
デザインのドコが変わったのかよく分かりません。教えてください』という内容。

ほぅ…悪くない。

またミンス党議員のバカ面を見なきゃいかんのかと思ってんたんですが、
純粋にデザイン論としてのポイントを教えてほしい、ってな内容に現役としては滾るよNE!
っか、デザイナーにちゃんとデザインの話書いてほしいって、このブログ初じゃねぇ?(爆
な訳で「初物」としてのご依頼、ソコがポイント高いので依頼を引き受けようじゃないか。
てなノリで、ひっさびさのPOOのデザイン論、はっじまるよ〜☆ミ



あ、先にいっとく。
二番煎じの記事はもうやんないから!
末席とはいえ、POOはコレで飯喰ってるから!おまんまのタネなんで安売りしないから!
今度デザイン論を訊きたいヤツはマジで個別に金を払うかカラダで払え!(核爆

まず誤解の無いように、初めにハッキリさせておかなきゃいけない点がある。
それは、POOなんかよりも週刊朝日のデザイナーさんの方が[遥かに格上]ってなトコ。
今回の記事では、デザインなんかあんま良くわかんな〜い、あ、絵描いてる人?
ってな人にでもわかるように、なるべく平たく解説していきたいとは思っているのですが、
これからやる事はいわば、参加者10人ぐらいの町内会のテニス大会で優勝した人間が、
世界四大大会であるウインブルドンのファイナリスト(決勝進出者)のプレーを、
あ〜でもないこ〜でもない、って論評しようなんていう、恐れ多い行為だというコトなんっス。
そこを初めに踏まえていただいて、POOが生意気なコトを書いてても、
ぬらりと生暖かい眼差しで付き合ってやる、というのがオトナの貫禄であり余裕ってモン。
なのでガチでツッコまれると四十路なのに大人気なく号泣してやるからな!(爆


さぁ、予防線は張ったから大丈夫か(苦笑
前文で述べたように、POO的には朝日新聞社系列のモノにあんま金、落したくない訳で。
なので、表紙のデザイナーが変わった、というのもコメントに書かれるまで知らなかったし、
まぁぶっちゃけ、興味なんかもある訳がなく。
しかも、今週から変わったそうで、そんな1号出ただけで万人が理解出来るような、
劇的な変化なぞある訳がないだろうが…ってのが、掛け値なしの本音。
っか、そもそも何でそこまで週刊朝日にこだわってるのか理由を書いてないから謎だらけ。
なんなの?なにがどうなってるの?週刊朝日のデザインが謎だらけなの?
週刊朝日が気になってモンモンとして夜も眠れないの?オコなの?

…悪くない。

うむ、大事なコトなのでカリアゲ兵長にもう一度出張ってもらいました(笑
デザインというものは、例えば見本を渡されて「そっくりそのまま丸写ししろ」と言われても、
実はまったく同じには決して出来上がらない、というナマモノでしてな。
必ず、どこかに癖が出る。
その癖がドコに出ているのかを見極める、それがデザインを解体するという行為。
いわば、謎解きに近いんっスよね。
デザイナーの間では解体することで、その構造を理解し、本質は何処か、狙いは何か?
ってのを読み解く娯楽みたいな遊び(訓練)だったりもする訳です。
棋士が詰め将棋やるのと感覚が似ている感じ。
だから、この依頼?をPOOが受けてみようかなぁと思った理由はソコにあったりもして。



さて、前置きはホントにこれぐらいにして、
まずは、依頼者が問題としている週刊朝日の最新号の画像をぺタリと御紹介。


上戸彩ちゃんが表紙の号が、最新号(デザイナーが変わった一発目)と思うのですが、
おろ?アサピーが中国叩いてるんっスけど、そこら辺は大丈夫なんっスかね?(暗黒微笑

で、デザイナーが変わる前…という話なのでPOOは確認してないっス。
だってさぁこの記事のためだけにアサピーのバックナンバーとか買うの金の無駄じゃん(笑
直近の9月末発売号と、8月発売号の2冊、ちょっと画像を見てみましょうか。



さぁて。別に本職がデザイナーじゃなくても、
良く見ればコレだけでドコが変わったのか一目瞭然なんですがね。間違い探しっスな。
1個見つけられたら拍手、2個見つけたら万歳、3個ならウォーリーキラーの称号を進呈。
わかったかな?え?分からん?
なら画像は縮小されますが、一覧として並べてみましょうかね。
こんな感じになりまっスな。で、答えも見せちゃいますかな〜正解は5つでした、ドン!


順番に解説していきましょうか、まず 
左右両端を比べると分かりやすいんですが、雑誌のロゴの位置が違うってトコ。
最新号の方が、8月のやつより下に下がってます(赤線より上にはみ出している)。
この最上部は「天」と呼ばれるスペースで、雑誌の場合はココが生命線だったりします。
なぜか?
コンビニや書店で、雑誌や書籍を平たい台の上にただ並べて置くのを「平置き(平、平台)」、
棚に表紙をこちらにむけて置かれるのを「棚置き(棚)」、
棚に背表紙だけ見えるように置かれるのを「棚差し(差し)」といいます。
平置きってのは一番面積を使うので、話題の新刊とか最新号なんかが優先される一等地。
たいていの場合は、まず間違いなく棚置きされる運命にあるものでして。
コンビニの書籍売り場、想像してみてください。
棚の一番上、漫画の単行本とかビジネス新書が並んでるあそこ、そこが「棚差し」。
真ん中の雑誌がメインに置かれる場所が「棚置き」、
下の週刊漫画とかが置かれている部分が「平置き」のスペースになる感じっスな。
平に関しては、コンビニの場合はほとんど目立たないので書店とは逆に、
客が探してでも買うだろう、というジャンルのものを置くようにしてたりしてるんっスよ。
だからジャンプとかマガジンとかエロ本があそこに置かれる訳。かがんででも探すからね。

で問題は、週刊朝日とかこういった雑誌類。
棚の場合は段違いに見えるとはいえ、一番手前じゃないかぎり、表紙全体が見えない。
2段目とか3段目(上のほう)に置かれると、ちょっとしか見えなかったりします。
そうですなぁ、B5サイズでだいたい7〜8センチしか見えません。
なので、最悪の場合はその上から覗く数センチの部分、前述した「天」の部分しか、
お客さんにアピール出来るスペースが無い、という訳なんっス。
週刊朝日が、若干なりとも雑誌ロゴの位置を下げてくる、というのはこの「天」対策。
そのスペースを空けて、もっと文字を入れることでPRする狙いが。
それを踏まえてもう一度画像をみてみると、
最新号は天に入ってる文字がサイズが違うとはいえ2行になってるのが分かるかと。
それによって、今号の売りをより詳細に客にアピール出来る結果になっている訳ですな!



続きまして◆
この、色の付いた丸いスペース。コレが最新号では消えてなくなってる訳です。
この丸いのは効果として、そこだけデザインの色を変えることで目を惹き付ける事ができ、
ポイント、アクセントとしての効力がある、とされている技法だったりします。
今までの週刊朝日だと、女子大生グラビアを「売りのポイント」としてたんでしょうなぁ、
表紙デザインの目立つポイントとして活用してたのを、最新号では止めた訳。
今日び、女子大生グラビアとかいつまでも昭和のオッサンテイストを引っ張んなよ〜と
昭和生まれのPOOですらも思う訳なんですが(苦笑
あと、文字だけではなくこういったポイントを作るデザインと言うのは平成の世では、
やはり古い手法として、若い編集者には好まれたりしません。
なのでイメージを一新する狙いも兼ねて、文字と丸、両方外したのではないでしょうか。

まぁ、意外とコレは「冒険」だったりします。
だって今まで確実に目立つ!(と製作側は思い込んでる)ポイントを捨てた訳ですから。
こういうのはデザイナーが変わったから、というのは後付けな口実として、
社内外を説得する材料に使ったりするんっスな。
オトナの世界ってのは、こういうまどろっこしい手順を踏まないといかんのよ(苦笑



ガンガン進めますか、次は。
雑誌の上部を「天」と呼ぶのに対比して、この下の部分は「地」と呼びます。
この「地」において、本来ならば文字の位置を揃えるのが基本中の基本、セオリーですが
なんとまぁ、全部バラバラ。
これは正直、ホントにプロなんか?と疑問を抱いてしまったのは内緒にしとけ(苦笑
最新号で例えると、上戸彩ちゃんの組んだ両手がこのラインに沿ってます。
9月売りだと、ジャンプしてる女の子の左足(手前の方)が、このラインに揃ってます。
なので、この「地」に関しては文字組みを揃える、というよりも人物を揃えると見た方が、
まぁ理解しやすいのではないでしょうか。
次号が出れば、おそらくこのラインに人物の手や足を揃えてくるのでは…。
何分、今は判断材料がなさすぎてコレぐらいが関の山。


続いて解説するのはぁ
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、そのまま垂直に目線を下げてみてください。
雑誌の月号&値段表記の部分になりますね。
この「書体」が変更されてます。
さらに表記の変化でいうと、月と日の間が/(スラッシュ)から、・(中グロ)に。
今までは書いてなかった表紙モデルの名前も、ここに書かれるようになりましたね。
これは、表紙のモデルを購買層がわからなくなってきている、という推測が成り立ちます。
要するに、上戸彩の顔と名前が一致しない、もしくは名前だけ知ってるけど…という人種。
世間的な流行り廃れに弱い層にも、週刊朝日もトレンディなんですよ!という、
アピールをしたいから、わざわざここで名前を打ち出しているんじゃないかぁと邪推。
すなわち本格的に「老年向け」に舵を切った、と見る事もできるんっス。



最後はァ
で少し解説しましたが、人物の位置が王道に立ち戻った点。
トリミング(写真から余分な部分を削除し、重要な部分を強調する)による仕掛けの変更。
ここが専門的かつ、核心的な部分なので、しっかり解説したいと思います。

最新号の上戸彩ちゃんの写真、この写真で重要なポイントはもちろん顔(表情)。
微妙なニュアンスの違いで、雑誌の売上げってのは如実に増減しますから、
表紙の写真選びだけは、どの出版社でもどんな雑誌でも、ガチです。
親の仇をとるぐらいの勢いで、その瞬間だけは120%の集中力を発揮するもんで。

で、次に重要なのが、その写真をドコまで使うか?な点です。
そんなに表情が大事なのだったら、写真を大きく使えばいいんじゃねぇの?と思うっしょ。
そう、その大きさを選ぶコトこそが、エディトリアルデザインの最大の見せ場。
もう一回、本来の最新号の画像を貼ってみます。


この大きさですね。
で、次にPOOがちょっと大きさ変えてみたのを貼ってみましょうか。はい、こちら。


文字が読めないですが、トリミングの大きさの違いが分かりやすいように作ってみました。
全然印象が違うでしょ?
コレはどっちがいい悪いってな単純な話ではなくて、この雑誌、この場合は、
週刊朝日に対してどういうイメージを読者にもってもらいたいか?という方向性の違い。
大きいとインパクトがありますが、同時に狭っ苦しい印象も与えます。
勢いはあるが余裕が無い、というような猪突猛進な若者イメージを与えやすいのが、
POOが作ってみた方のトリミングな訳でっスな。

本来のデザインの方を分析してみると、インパクト面では確かに負けますが、
周囲の余白が生む余裕が、ゆとり感を与え、そこから連想される「高級感」が生まれます。
△如∧神の時代に女子大生グラビアとかプゲラ!となっていたイメージを一新し、
ネットの発達、スマフォの普及から、雑誌を買う層の年齢も高くなっていく一方の昨今、
勢いのある暑っ苦しいデザインなんかだと、ジジイは買わない訳で。
なので、POOが作った方は週刊朝日が目指す購買層には響かないのが予測できます。
実際に発売されている表紙のトリミングの方が、購買層にアピール出来る、
そういう意図がこのトリミング比較から読み解ける訳なんですな。

過去デザインと比較してみると、過去は狙いすぎた「いやらしい」トリミングな訳です。
いやらしい、ってのはエロい、って意味ではなくて「厭らしい」の方。
狙いがあからさま過ぎる。
それを実証した画像をPOOが作ってみたんで、まずは御覧下さい。


Aは8月売りの週刊朝日のメインキャッチコピーの「位置」を再現。
モデルが骸骨なので、あなたの脳内でチョーボインな水着ギャルにでも変換しといて(笑
この文字の「位置」がクセモノなんですな。


分かりやすく説明するために、もう一度貼ってみました。
ニッポンの「ン」と、の出番の「の」の下に隠れるように、モデルの股間がある訳で。
なぜ、そこを隠したのか?
それはソコに間違いなく目がいくので、そこに文字をわざと載せて文字を読ませたい。
こういった「デザイン上の狙い」が存在するのです。
コレが実に「厭らしい」。
エロに対する男の本能を刺激して、わざわざそこに置く文字が「ガンも老化も」ってな、
ジジイのハートを直撃する殺し文句な訳っス。
エロってのは人間の半分は間違いなく反応するんで、技法としては問題ありません。
男の本能なんで、意志でどうにかなるもんでもなかったりしますし。
ただ、これを胸張って堂々とやるのはエロ本だけの特権にしとけよ、と。
仮にもオピニオンリーダーみたいな振りをして、政治を大上段から斬るのが好きなら、
エロに頼るなよ、心意気がねぇのか、お前んトコは?とも思う訳で。
この写真の場合、Bのように股間もしっかり見せた上で、文字を置くのも可能なハズ。
それをやりゃいいのに敢えてAを採用したのは、売れば良かろう根性。
それを世間一般では「拝金主義」とか「銭ゲバ」とか「プライドが無い」というのですよ奥さん。
実に「下衆い」デザインだった訳です、以前まで。

で、翻って最新号では、胸に文字を置いてきました。
え?胸だったらダメじゃん!と単純に思わないでほしいのですが、この写真の場合だと、
「そこにしか」文字を置くところがないのです。
それはなぜか?
顔が命、というのは先に書きました。
次に肝なのが、で示した「地」のラインでの「動き」。
手を何気に合わさってますが、これは表情に次ぐ動きを表現している箇所。
ここに文字を置くと、この写真は「殺されて」しまいます。
そして三番目に肩。
ここもわざと左右を段違いにするポージングで動きを表現していたりするポイントなのです。
すると残された場所は胸か腹。
腹というのは見た人に、重さを感じさせる場所でもあるので、
特にへそ周辺に文字を置くのはデザインとしては厳禁だといわれている場所でもあります。
すると消去法というか、この写真、このトリミングで文字を置く場所はただ一箇所。
デザイン的な技法としては王道中の王道、満点です。

このコトから推測できるのは、お?厭らしいテクを使わずに正々堂々きたな?という印象。
まぁ、まだ1号しか出てないので結論を出すには早すぎますが、
デザイナーが変わって、新しいデザイナーの心意気、やろうとしている狙い・方向性は、
エロなんかに頼らずとも、純粋にデザインで魅せてやる!と感じ取れます。
そこが、一番のデザインの変化ではないでしょうかね?
まぁそれがどこまで続くか分からないのが、アサピークオリティーなんですがね(苦笑



最後に補足説明として、もう少し変化のあった場所を解説すると書体ですかな。
文字には、何の細工もしない状態を「正体(せいたい)」呼びます。
このブログの文字は正体ですな。
「斜体(しゃたい)」というのは、こういう文字が斜めの状態のコトを差します。
もしかして携帯から読んでると、斜体が反映されないかもです。PCで御確認下さい。

で、週刊朝日の場合、過去は「長体(ちょうたい)」が異様に多い印象。


長体の場合は、上の画像のように文字の左右を圧縮することで、細長く見せる細工。
これは文字数をたくさんギュッと入れたい場合に有効な技法です。
水着の号の「天」にある文字、あまちゃん云々の書体は、この長体細工をしてますな。
あんま関係ない文字もあますトコなく長体かけてるので、ちょっと読みにくい印象。
多分、天文字が長体なので、全体的に長体にしないと統一感ねぇ〜!とか、
まぁ思ったんでしょうかね。なんとなく強迫観念に襲われている感じもしますが(笑

んでもって最新号では長体を一切見かけない代わりに、「平体(へいたい)」を多様してます。


これは、文字の上下を圧縮して平たくするフォント細工の技法です。
行数を稼ぎたい場合なんかに使われます。
「天」部分のスペースを前より確保し、さらに文字を平体にすることで2行になった訳です。
しかし、それ以外の部分ではそういった細工をしていません。
これも正々堂々とデザインで勝負!といった意気込みを感じられるので、個人的に好印象。



長々と書いてきましたが、これにて週刊朝日、新デザイン解説は終了です。
何故そこに文字がないとダメなのか?とか、何故この色になったのか?などと、
まだまだ書ける細かいところはありますが、依頼内容はドコが変わったのか?だったので
そこまで求められて無いようなので、残念ながら割愛させていただきます。
これにて、読者の依頼によるPOOのデザイン解体論、一件落着!!









たった1号しか出てない雑誌のデザインを判別して、
ここまで文章書ける俺ってスゲェ!俺かっこいい!ステキ抱いてPOOさん!な心境。
ホント、よくぞココまでこねくりまわしたな俺、ココまで書けば逆に天晴れ(爆

デザインにはそれがどんなに上手かろうがクソだろうが、雑誌だろうがチラシだろうが、
必ずデザイナーの意図が隠されているのです。
意図の無い、狙いの無いデザインなどは存在しないのがデザインの真理です。
そこを読み解くのは、それが優れたデザインであればあるほど、
上質のミステリーと対面しているような恍惚感を覚える、まさに麻薬みたいなもの。
手軽に楽しめる娯楽的なもんなので、デザインセンスが無いわ〜という人もこれを機に、
身近なデザインを眺めてみるのも一興ではないかと思ったりもしまっス。
分からないから、と早々に投げ出して他人に訊く、というのは、
わざわざ目の前に広がる上質の謎を読み解く愉しみを捨てているような気もしますので、
ちょっともったいないなぁ〜とも思ったりもするのですがね。
また機会があればデザイン論、この続きを語ってみたりもしたいもんですな★
ではでは。



スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 07:23
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
デザイン論、興味深く読ませて頂きました。これから雑誌を見る楽しみがひとつ増えました^^PS・血液型占いの本、たまに読み返しております。巻末の言葉に励まされました。POOさんのご多幸とご健闘を祈ります。
  • 一愛読者
  • 2013/10/22 5:18 PM
お〜いPOOさん、師走やで〜!

生きてるかぁ〜?
  • みー
  • 2013/12/03 9:44 AM
POOサンのブログ更新が恋しいです〜
(*p´д`q)゚。
  • ナム
  • 2014/04/20 4:24 AM
>一愛読者さん
長らくコメント放置状態で申し訳ないッ!(汗

でも休止中、実はこのコメントだけ読んでまして。
(スマフォで間違えて管理者ページ開いたら飛び込んできたw
自分のやっていた雑誌が結果、廃刊になったのですがその渦中の中、
このコメントに救われて、必死に活力を振り絞っていたんです。
有り難う、自分がやってきたことはまったく無駄じゃなかったんだなぁと思えたから
昨年末から今年前半にかけての修羅場を乗り越えてこれました。
有り難う、僕の作った本を買ってくれて。

最新記事で書きましたが暇になったんで(自爆
またぞろ更新していこうと思います。
どうぞ、また、仲良くしてやってください。
  • POO
  • 2014/09/02 4:55 AM
>みーさん
生きてるZE!
うむ、最新コメントはとりまの記事で返しておきますが、一応ここでも(笑
  • POO
  • 2014/09/02 4:56 AM
>ナムさん
うむむ!
あなたのためにこのPOO、還ってきましたでやんすよ〜!
(調子のんな、この腐れ四十路

いやほんと御心配お掛けして申しわけない。
ごめんね。
  • POO
  • 2014/09/02 4:58 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM