<< 【C89】「艦これデザイン解説読本 改二」完売御礼&大晦日回顧録。 | main | 【C90新刊】「エロ漫画デザイン解説読本」の御紹介。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【同人誌Reデザイン計画】プロジェクトの紹介・解説&第0期生、受講者募集中。



【はじめに】
あなたは本が好きですか?
僕は本が好きです。
本屋さんで買ってきて、家で読むことしか知らなかった本の世界に、
「同人誌」という世界があるのを知ったのは、中学生の時でした。
本って自分で作ってもいいんだ!!という、あの時の衝撃は今も覚えています。

好きが高じて故郷を飛び出し、出版業界に入り19年。
末席にしがみつきながらも、商業誌ばかり作り続けていましたが、
縁あって同人誌の世界に帰ってきたのが、2015年の夏。
本がただ好きだった初心に戻って、自分なりに好きなように本を作ってきましたが、
20年ぶりに戻ってきた同人誌の世界に、どうにも「?」な感触がありました。
「面白い本にあまり出逢えない」という感触が。

あの当時の同人誌は、せいぜい一太郎で文字を出力してのコピー製本が主。
手書きのページも多く、お世辞にも分かりやすい誌面でない同人誌が多かったですが、
20年経った今、技術や機器はどんどん発達し、個人でPC所有が当たり前。
イラレやインデザなどの専門職ツールを職業に関係なく使いこなす。
昔では大枚叩いても整えられなかったハイテクな環境が整った今の時代なら、
もっと面白い本に出逢えても良さそうなのですが。

なんでだろうなぁ…と思い、よくよく観察してみると、あるひとつの傾向が浮かんできました。
「同人誌なのに、商業誌っぽい」という傾向が。
こぢんまりと小奇麗にまとまってはいるが、小さくまとまっているだけで、
言い方は悪いのですが「出来の悪い商業誌を読んでる気分」になってきたりして。

読んだ人を(その本に書かれている成否は別にして)巻き込み動かす、熱意みたいな。
そんな意味での「本の力」はどんな同人誌にも宿り、見受けられるのですが、
その「力」の表現方法が、どうにもお粗末すぎるんじゃないか…。
そう自分の中で結論付けた時、はたと思ったのです。
「同人誌作ってる人らは、そりゃ本を作る訓練を受けてないから当たり前じゃんか」と。

同人誌を作る時、参考にするモノは何か。
それはおそらく商業誌のはず。
プロが作ったモノだから、それをお手本にすれば大筋で間違いはないだろう…
そう思って見本にした商業誌が、実はもうかつてのように面白いモノではなかった。
その責任は業界内の人間である僕も背負わなければならず、
商業誌を手本として同人誌を作り、結果として面白くならず売れなかった、
という参加者の方、みなに詫びなければならないのです。
君の作った同人誌がたいして面白くもなく、ちっとも売れなかったのは僕のせいだと。

僕が19年前、出版業界に潜り込んだ頃はいわゆる出版バブルの残滓が残っており、
デザイナーやライターが原稿料で新車を買う、家を立てる、というのが当たり前の時代で。
会社も編集者を何十人も抱え、脂の乗った中堅の層も非常に厚く、
本を作る技術は、先輩から新人へと教育・指導し、惜しみ無く引き継がれていました。

それは、出版業界にとっては最期の徒花。
気付けばあっという間に本が売れない!と総出で泣き叫ぶ出版不況の時代へ突入。
喰えないからと次々に離職、廃業するフリーランス達。
社内ではコストカットの名の元に、リストラに次ぐリストラが相次ぎ、
気が付けば本を作る技術を、教える人間も、教わる人間も居なくなってしまったのです。

本を作る技能が無い人間が作る本が面白い訳がなく、本が売れない。
本が売れないから、本を作る技能ではなく、金勘定に長けた人間だけが内部に居残る。
さらに面白くない本だけが粗製濫造され、ますます本が売れない負のスパイラル。
フリーランスながらも、僕も出版業界内部の人間。
その人間が正直に話しますが、もうかつての有象無象の面白い本が書店に並ぶ、
という時代は帰ってこないでしょう。二度と。

僕は本が好きです。
面白い本を読んで、面白い本を作って、面白い本を世に出して、面白い本を読ませたい。
本で笑ってもらい、本で泣いてもらい、本で見知らぬ新しい世界と出逢ってほしい。
本をもっともっと好きになってもらいたい。
この欲望だけはもう骨の髄まで染み込んで、自分の血肉になっていて。

紙媒体が無くなる、ということは今後何百年経とうが有り得ないと確信していますが、
緩やかに、速やかに、規模縮小するのはもう、逃れられぬ定め。
では、本が好きな人間としてはどう動くべきか。
作る、読む、の違いはあれど、本を楽しむことそのものは、
商業でしか決して為しえないモノではなく、同人でも当然のように可能であり、
可能であるからこそ、様々な即売会が開かれ、今日もまた盛り上がっているわけで。
商業が元気ではなくても、同人が元気なら、まだまだ本の命脈は断たれていない。
一度、自分の原点に還ってみるか…。
それが同人誌を20年ぶりに作ってみる切っ掛けでした。

この1年半で作った同人誌「艦これデザイン解説読本」という3部作シリーズは、
デザインの観点から、面白い本を作るための技術を広め、残し、活かしてほしいという
その願いから生まれ出たモノであるのが、正直な本音です。
なので、レポートや報告書でも使えるようなテクニックコラムを誌面に盛り込む事で、
本以外の場所でも、自身が習得した技術が「生き残れる」ように仕掛けておいたのです。
しかし、100、200部程度の領布数では限界があるし、なにより活動としては小規模すぎる。
50万人が集うコミケという場所ではたかが1サークルの影響など、ほぼ無に等しい。
さて、どうするか。
3部作の最終刊を領布した2015年の大晦日、ひとつの決断をしました。
「面白い本が生き残る下地を作るためにこれからは生きて、そのまま死んでやろう」と。
そのためには、もっと多くの人間を巻き込んでやってみればいいのではないか、と。

その本が持つ力、面白さがとても伝わりやすい同人誌が今より数多く輩出されれば、
本を面白がってくれる人が増える、例え増えなくとも本を面白いと思う価値観は生き残る。
それを5年、10年と続けられれば、本を作る…こんなにも面白い世界があるのか!
なら、自分も本を作ってみようかなぁ、と思う人も増えるのではないか。
他人が作った面白い本を読む→面白がる→面白い本を自分でも作ってみたくなる→
面白い本を領布する→それを手に取った別の人が面白がる→その人も本を作る→
…こんな正のスパイラルがもし完成すれば、
本を作る技術と、本を楽しむ価値観は、出版不況のこの時代を超えて生き残るのでは。
その2つが生き残れば、何十年か後、もしくは何百年か後にでも、
再び本を取り巻く環境が盛り上がる時代を迎えるかもしれない。
僅かかもしれないが、その可能性があるだけでも挑戦してみる価値はあるのではないか。
それが、ここまで自分を育ててくれた本の世界に対する「恩返し」ではないか。

二十代、出版業界に入った時は色んな事を学ぶのに、とにかく無我夢中でした。
三十代、フリーランスになった時は明日の糧を得るために、とにかく必死でした。
そして四十代になった今。
ようやく自分が何を為す為にここに居るのか、薄らぼんやりと見えてきたような気がします。
先達から学び、受け継ぎ、自分なりに研ぎ澄ませた「本を面白く作るための技術すべて」を、
次の世代に手渡ししていくのが、きっとこれからの自分の役目なんだろうなぁと。

編集者として、とある雑誌の長にまで昇り詰めた8年の経験のすべて。
デザイナーとして、11年もの間、干されずに生き残ってきた技術のすべて。
20年近くかけて培ってきたすべての技術を、これより一切の惜しみも無くすべて吐き出す。
全部だ、全部、君に教えよう。

この技術を存分に使って、「読みやすく、伝わりやすく、面白い」同人誌を作ってほしい。
何かの縁あって君の作った本を買ってくれた人に「この本、面白かった」と言わせてほしい。
その本でやりたかった一切合財を盛り込んで「ちょっとこの本、ヤベェ」と唸らせてほしい。
君の同人誌に感化されて「自分でも同人誌、作ってみました」と伝えられてほしい。
そういうふうに君が同人誌のクオリティを上げていけるのであれば、
君の同人誌に刺激を受けた仲間やライバル、皆で切磋琢磨していけるのであれば、
本を読むことを楽しむことは、きっと何世代も受け継がれていくのだと思う。
本を作ることを愉しむことが、きっと未来に花咲く日が来るのだと思う。

君の同人誌は、もっと面白くなる。
君の同人誌は、もっともっと売れて当たり前のものになる。
君の同人誌は、きっと語り継がれるものになる。

デザイン・編集・構成、すべての技術を会得した本作りのプロが直接個人指導する、
よ〜し面白い本作ろうぜプロジェクト「同人誌Reデザイン計画」、始まります。

【第0期生:第一受講者/牧田翠「TL統計」のプロジェクト進行過程公表】
随分と長い前置きで申し訳。
いやぁ〜、オッサンは話が長いってのは古来からの相場でしてな(爆
同人誌の個人指導っても、いったいどんな感じになるのか?
そんな当たり前の疑問をお持ちでしょうから、ここから詳しく説明をば。

栄えある(?)生徒第一号となったのは、統計学を同人誌に持ち込んで
独自の路線を極めている、サークル・でいひま主催:牧田翠さん。
牧田さんとは、初めてコミケに出展した時にウチを目ざとくチェックして頂いて、
お付き合い(強引にナンパされた呈)させていただいていた関係。
元々はこんな大掛かりな計画などは存在していない時に、
たまたま同人誌のデザインをリニューアルしたいという相談に乗ったことから
このプロジェクトの骨が出来た、という感じでスタート。

今回はReデザイン計画のプロトタイプとなった同人誌、
2016年GW新刊「ティーンズラブ統計」の製作過程を紹介します。、
本来は、ここで幾つかのデザインのツボを解説する予定だったのですが、
スペースに限りがありますので、詳しいデザイン解説は後述の、
C90発行予定の「同人誌を作るための同人誌(仮)」をお待ちください。
とりあえず、Reデザインの大まかな流れを理解していただければ。



以前まで、こういった「いかにも研究論文発表!」な誌面構成で作られており、
艦これ同人誌仲間的な意味で、互いの新刊を交換した際に頂戴したのが
上図の「統計これくしょん改」。画像はある見開きを借用。



ステップの初段階として、先にあげた同人誌のフォーマットを
具体的にどう弄ればいいか?の相談を、新宿某所で5時間ほど行った。
その後、なぜか2人でキンプリを観に行ったのは秘密。
オッサンも真面目にサイリウム振って、応援してきたのはもっと秘密。



拙著「艦これデザイン解説読本 改二」を教科書に講義を行った後日、
牧田さんが独力で仕上げてきた第一稿。
この時点でも随分とイメチェンに成功しているが、ここからが本番。
この第一稿を叩き台にして、詰めていく作業が始まる。



新宿某所にて9時間という大激戦。
コピーされたページをはさみでチョキチョキしながら組み変えたりして、
専門知識がなくてもわかりやすく、ページの構成・順立てを実演講義。



第一稿を添削し、その後に作り上げた第二稿。
まったく同じ見開きなのに、これだけデザイン・構成が変化した。
この激変っぷりが、いかに牧田さんが優秀だったか、の証左に他ならない。



第二稿以降は、ネット上で添削。
細かい箇所への修正指導を入れながら、牧田さんリライト作業。



第三稿への添削指導。なぜこう作った方がいいのか?も解説。



第四稿が最終系となり、この同人誌が手元にある人はコレを読んでいるはず。
四稿まで妥協せずに作り上げた信念と根性は、まさに賞賛に値する。
ぶっちゃけ、プロである出版業界内部にもここまで頑張るヤツは皆無に近い。
これもひとえに、「読んだ人が面白がってくれる同人誌を作りたい」という、
牧田さんの想いがただただ背中を押したのだった。


こちらのアドバイスは、ただ赤字を入れて直しとけ、とほり投げるのではなく、
「本を作ることを理解」してもらうために、入念な解説も行う。
なぜコレがダメなのか?そこが分からないと、結局面白い本にはならないからだ。



実は第一次打ち合わせの段階では、上図の扉ページは存在していなかった。
しかしこの本の性質上、さらには全面改訂にしたい、という牧田さんの思いから、
扉を作ってみたらどうか、とこちらから提案。
その添削をした上で、仮に自分ならこう作る、という見本を製作し再度提案。
それが下図。



こちらの提案をうけ、自分なりにアレンジしてきた第三稿が下図。





デザインの構成、素材の流れを解説しつつ、なぜあの提案だったのかの解説。
写真の向きや、文字の流し方で読む側の印象は大きく変化する。

写真をどうしても断ち落としで使いたい、という牧田さんの意見を取り入れて
そのアイデアを活かす方向での、こちらからの再提案。
こちらはデザイン以外にも編集経験があるため、
キャッチコピーなどの文字関係でも読み手に訴えるような添削指導を行う。
言葉はデザイン以上に大事な要素なので、ここは妥協せず見逃がせない。



下図が最終形である第四稿。
これが完成したのは印刷所への納品前日深夜だった。
大激闘にもほどがある過程を経て、産み出した扉ページには、
牧田翠という人間が、この同人誌で何をやりたかったのか?という
「顔」(個性と言っても良い)が、遂に見えてきた。



デザイン、構成以外にも、見やすい・見栄えのいい誌面を作るための添削。



部品等は作って画像として見せますが、データーそのものは渡しません。
自分で作ることに慣れてほしいというのと、こちらが部品を作って渡す、
それはもうお金が派生する「仕事」の領域なので。
ただ、ちょっとした複数案ならお見せして、お伝えしようと思っています。







写真や図版、グラフやコラム、本文スペースやキャッチ、キャプション。
各種の素材を活かすためにはどうすればいいのかも、具体的に解説指導。
トータルで高いクオリティを自分の本に取り入れたい方、ようこそ。



【同人誌Reデザイン計画/プロジェクト要項、一問一答】
●具体的な活動はどうなるんですか?
→今回と同じように、幾度かのセッションを経ながら同人誌製作にアドバイスを行います。

●アドバイスして終わり?
→その参加者の同人誌を添削した模様、その過程や、その本を作る上でのポイント・コツ・テクニックを「同人誌を作るための同人誌(仮)」として一冊の同人誌にまとめ、参加できなかった方にも広く伝えられるように領布します。

●記事タイトルの「第0期」とは何?
→今後の活動スタイルですが、一年を前期(1月〜6月)と、後期(8月〜11月)の2回に分けて、それぞれのタイミングで参加者を入れ替える予定です。つまり、基本的に一度・一冊しかアドバイスはしない、ということになります。しかし、今回は立ち上げということで、よく分からないオッサンに頼ってでも!という方はこちらにとっても貴重で得がたい人なので、特別に第0期生と称して参加者が望む限り永続的にアドバイスを続けます。10年でも20年でも。

●お金は掛かりますか?
→第0期生に関しては一切料金等はいただきません。2016年後半から募集予定の第1期生以降は、前述の「同人誌を作るための同人誌(仮)」を教本として購入していただくことを考えております。

●今回参加できなかったらもう今後も参加は無理ですか?
→2016年夏コミにて、第0期生たちの作品群をまとめた同人誌を製作・領布します。その同人誌にて第1期生の募集概要を掲載します。そちらをお読みになってから参加ください。

●参加条件などありますか?
→第0期では「東京都内で直接会えること」が最大の条件とさせていただいてます。会って話をする、という点にこちらは最大の価値を見出しているのでご了承ください。ただ複数回の直接会合はこちらも予定しておりません。1〜2度で大丈夫です。
→次に重要な条件は、前述した「同人誌を作るための同人誌(仮)」への掲載許可していただける方に限定します。面白い本を誰でも作れる環境を作る、が当プロジェクトの理念です。どうやってその本が変化したのか?それを同人誌の形で広く世に出すのが目的なので、技術や知識を自分だけのモノにしたい、という方は参加をご遠慮ください。尚、掲載は画像にて作業しますので、データーの提出等は不要です。部品データーは渡さない(自分で作りなさい、それも訓練)代わりに、参加者のデーターももらわない(そんなの無くてもプロだから解説出来るぜ)ということです。
→第0期では「今までに同人誌を作ったことがあり」かつ「その改訂版、もしくは同シリーズの新刊をC90(2016年夏であればOK)に発行する」方のみとさせていただきます。要するに経験者のみ、です。
→第0期では、あと1〜3名だけの募集予定になります。今回紹介した牧田さんだけで同人誌は作れるのですが、サンプルがもう少し欲しいかなぁという感じ。2016年6月いっぱいで締め切りますが、ぶっちゃけ「早いもの勝ち」です。男は度胸だ、ピンと来たならドンと来い。

●どんなジャンルの同人誌でも大丈夫ですか?
→エログロナンセンス、なんでも来いですが、残念ながら「漫画・小説」だけは守備範囲外です。せいぜいアドバイス出来るのは表紙ぐらいで、漫画に関してはデザインうんぬんよりも画力勝負なのがすべてです。どうにもお役に立てそうにありません。イラスト集ならトリミングなどのアドバイス出来る部分もありますので、まずはご相談ください。

●参加したいけど具体的にどうすれば?ツイッターでDMすればいいの?
→改訂したいと思っている同人誌を画像で構わないのでどこかのアップローダーにUPするなど、こちらが見れる状態にしていただいて、ツイッターのDMなどでご連絡ください。それを拝見してから打ち合わせの日時を決め、一度お会いする形をとります。同人誌の現物はその時に見ますので全ページのUPではなく、本の一部で構いません。もちろん、先に全部見れるのであれば話はスムーズですが。

●このPOOってオッサン、よく知らないけど…信用出来るの?
→と、二の足を踏むような方はこちらも第0期生に求めておりません。よく知らないのはこちらもです。第0期に関しては「お金をもらう仕事ではない」ので、よく知らないオッサンへの不安と、面白い本作りたいッ、という欲望を天秤にかけて不安が勝ったのならC90領布予定の「同人誌を作るための同人誌(仮)」をお待ちください。
→能力的な部分で不安な方は、今回の告知記事で見せているビフォーアフター画像で判断していただくしかありません。特にこちらからこれ以上の作品(商業誌などで今現在している仕事)をお見せすることも無いです。

●途中でバッくれてもいい?
→残念ですが強制出来るものではありませんので、ご自由に。しかし、その過程はすべて「同人誌を作るための同人誌(仮)」にて公表させていただきますことはご了承ください。

●事前に了承いただきたいこと
→当方、かなりヘビーな喫煙者です。打ち合わせ時も目の前でガンガン吸います。喫煙者が苦手な方はお互いのためにも参加をご遠慮ください。
→報酬等の金銭、および見返りは一切戴きません。打ち合わせもスペース的観点からファミレスや喫茶店になると思われますが、きっちり割りカンで参りましょう。
→都内であれば当方はどこでもお伺いします。また関東近郊であれば、移動可能な場所での会合をご相談しましょう。上京してくるケースであれば事前にご相談ください。可能な限りこちらのスケジュールを調整します。
→遠隔地にお住まいの方にはネット配信による講義も構想としてはありますが、少なくとも第二期以降(2017年後期)になるかと思われます。
→同人誌を作ったことのない方にも門戸を広げたいのですが、それは少なくとも第二期以降(2017年後期)の対象になるかと。大変心苦しいのですが、初心者向けは必ず手を付けたい領域なので、その時が来るのを楽しみに待っていただければ。



…随分と長くなり、ここまで読むのも大変だったのではないかと思います。
が、書く方も大変だったので、勘弁していただければ(苦笑
プロが同人誌の指導をする、なんていう今までに誰もやったことのない活動なので、
どれだけ言葉を尽くせばノッていただけるのが不安で、ついつい長文に。
単純に言えば、夏コミまでの間であと2〜3人、デザインとか入れ知恵してあげるから
ガツン!と売ってっみたいヤツは、俺んトコに同人誌持ってこいや!という話で。
おお、3行どころか、2行で終わってしもた(爆

まだまだ書き漏らしたこともあるような気がしますが、
細かい質問や、もっと踏み込んで聞いてみたいことなどありましたら、
出来るだけ、このブログのコメント欄を使っていただければ、
後から読みに来た方への配慮になるのではないか、と思いますのでよろしくです。

偉そうな大上段から物を申してしまいましたが、
面白い本を作りたい、たくさん売れたい、というのはどんな本でも願っていること。
本にとって一番残酷なのは、そんなモノがあるなんて知らなかった、と
その存在すら知られないまま、二度と陽の目を見ることが出来ない状況です。
そんな悲しいのは、商業の世界だけでもうお腹いっぱい(苦笑

どうせ頑張って同人誌を作るのなら、例え数が捌けなかったとしても、
手にとってくれた人が宝物のようにいつまでも大事にしてくれる本を作るべきであり、
そんな本を作った自分を誇るべき、だと思っています。
そのためにこちらの持っている技術や経験、知識が必要ならいくらでも使ってほしい。
君の本が喜ばれれば、僕も喜べる。
誰が作ったかというのは実は大した問題ではなく、
その本を読んで愉しんだ人がそこに居る、それこそが本当に素晴らしいこと。
本の世界で長く生きてきたオッサンがこの歳になってやっと分かった大事なこと、です。

どうだい、いっちょ俺と一緒に「おもしろい本」、作っちゃみねぇか?
 

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 06:57
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
  • デパートの屋上、少年、袋いっぱいのヌイグルミ。
    さち (04/24)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    POO (04/09)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    しば漬 (04/09)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    POO (03/25)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    藤白台 (03/25)
  • “知的障害者”は合法的に犯罪が許されるのだろうか。
    POO (11/23)
  • “知的障害者”は合法的に犯罪が許されるのだろうか。
    三段box (11/23)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    アキゴジ (11/06)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    POO (08/28)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    POO (08/28)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM