<< デパートの屋上、少年、袋いっぱいのヌイグルミ。 | main | 大ピンチ! >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


議員宿舎問題におけるモラル・ハザード。

最近問題になっている、豪華過ぎると批判されている議員専用宿舎。
このニュースを御紹介しつつ、問題の本質は建物そのものではなくて、
そこに住もうという議員さんの頭の中であるという事を、少し書こうかなと。
モラル、いわゆる道徳観念・倫理観といったモノが、もはや日本では死語なのか?
まずはgoo辞書から抜粋した、モラルハザードの意味から。

モラルハザード【moral hazard】
道徳的危険。
たとえば,金融機関や預金者,企業が節度を失った利益追求に走ることをいう。
また,自宅に放火するなど保険金詐欺の発生する危険性をいう。
倫理の欠如。


この単語を覚えて頂いてから、ニュースの御紹介。

【太蔵議員“超優遇宿舎”入居へ】
 一般国民の感覚からは遠くかけ離れた衆議院赤坂議員宿舎。
 総事業費約334億円は国民の税金 「豪華すぎる、安すぎる」と
 批判の的になっている衆議院赤坂議員宿舎(来年2月完成予定)に、
 入居をためらう動きが一部議員の間で広まっている。
 家賃が、相場の5分の1(約9万2000円)という試算に対し、
 国民からブーイングが起こる中、民主党の若手・中堅議員らは
 「入ったらつるし上げに遭ってしまう」と民間の住居を探して情報交換。
 豪華住居は一転「恐怖の館」とささやかれている。
 
 新しい宿舎は東京メトロ・溜池山王駅から徒歩3分の一等地に建つ。
 5日に明らかになった衆院事務局の試算では、
 3LDK(82平方メートル)で家賃は約9万2000円。
 スポーツジムや食堂、最上階には夜景が楽しめるラウンジもある。
 
 周辺の不動産業者によると、同じような条件のマンションの家賃は約50万円。
 「ひどい特権だ」と国民の怒りが爆発している。
 それだけに、民主党議員たちは「入居すれば出口で報道陣にマイクを向けられ、
 名前、選挙区まで出されて国民の前でつるし上げに遭ってしまう」と危ぐする。
 ある議員は「入るのが怖い。恐怖の館になっている」と打ち明けた。
 
 総事業費は約334億円で国民の税金からまかなわれた。
 「税金の無駄遣いだとの声が上がる中、野党議員として堂々と入るのはどうか」
 との声も。民主党の若手・中堅議員たちは、別の物件を
 インターネットで検索するなどして「(東京メトロの)有楽町線沿線に
 いい物件を見つけた」などと情報交換を活発化させている。
 
 国会へは車で5分前後。議員は早朝から会合に出ることが多いため、
 住まいは国会に近い場所が譲れない条件のようだ。入居は4月の予定。
 ある議員は「物件の家賃と世論を見て決める」と話している。
 
 与党は対照的。永田町関係者は「森喜朗元首相も入るとの話が流れている。
 自民党ではちゅうちょしている議員の話など聞いたことがない」と指摘。
 仮宿舎に住み、入居待機組の自民党の杉村太蔵衆院議員は「入りますよ」と断言。
 「社宅と同じイメージ。でも確かにスポーツジムはいらないだろうって思った。
 僕が決める段階にいたらジムは造らない。精いっぱい仕事で結果を出します」
 としている。
 
 ほかの自民党若手議員も「入居する。社宅でもっと優遇されている人も多いと思う。
 批判はおかしいのでは」と首をひねった。
 [ソース元 スポニチ/2006年12月10日付 紙面記事]

 

なんだか、ひさびさにタイゾーがニュースの出てきて、少々噴いたんですが、
実はこの宿舎、さほど問題じゃないとPOOは思っています。
そりゃ、庶民感覚からは遥かに懸け離れていて、多少の怒りは感じますが、
国会議員とは僕らが想像するよりも遥かに、もう考えられないぐらいハードな仕事。
いわゆる国会開催中、審議が長引けば2〜3日は平気で国会の中に軟禁状態、
一日十何時間も会議に継ぐ会議が行われ、一歩も外に出れずに一週間過ぎる。
なんてことが平気であるそうなのです。
そして、予断を許さぬ重要審議の間は、なんとWCに行く事もままならぬそうで
某政治家の自分の部屋には、大人用の紙オムツが10日分くらい常備されているらしい。

大のオトナが、トイレにも行けないぐらい激務の中で、オムツを履いたまま
その中に垂れ流して、日本の事を考えながら仕事をする。
POOがいくら忙しくMacの前から動けないっていってもそこまでは…ないなぁ。
さらに国会開催中は、必ず国会周辺にいなければならず、うろ覚えなのですが、
イザ!という時は、最低でも5分(10分だったかな?)以内に議場に到着しなければ
ならないそうなのです。ソバ屋の出前みたいな悠長な事はしてられない。

そんな議員のために宿舎が国会周辺にあるのは当たり前の事だし、
運動不足にもなるだろうから、スポーツジムがあったってPOOは構わないと思ってます。
POOより、タイゾーの方がよほど真っ当な見識を持ってるかもしれませんな(苦笑


問題は。
そういったある種、必要最低限なモノであるので堂々と入居すりゃあいいのに、
こういった↓バカな事をTVという公共の電波でしゃべってしまう輩。



松浪健四郎、おまえ、それだけは言っちゃだめだろ???
こんな奴が大阪で議員やってるなんて、大阪出身のPOOは恥ずかしくてしょうがない。
『顔は男の履歴書』とは昔から言われる言葉ですが、こいつの顔には
モラルという日本語がスッポリ抜け落ちた、醜さしか感じられないですわ…。



そして、最大の問題は次のニュース。
これがなかったら、この記事を書くつもりもなかったんですが、POO、怒り心頭です。

【本間税調会長、愛人と官舎生活…税トップのモラルは?】
 政府税制調査会の本間正明会長(62)が、
 都内の官舎に愛人と同居していることが11日、分かった。
 官舎住まいの公務員などが国民の税金で甘い汁を吸う構図が問題視されている中、
 税制調査組織のトップにいる人物としてのモラルが問われそうだ。

 本間氏の官舎愛人同居疑惑は、11日発売の週刊ポストが報じた。

 それによると、本間氏は平成15年1月から、
 JR原宿駅から徒歩5分の東京・神宮前「東郷台宿舎」に部屋を借りている。
 部屋は上層階の96平方メートルで、
 民間の相場で50万円はくだらないとされるが、
 本間氏はわずか7万7000円で借りているという。

 その格差だけでも噴飯ものだが、
 大阪大学大学院教授である本間氏がなぜ東京の官舎を借りられたのか。
 実際、13年1月から今年10月まで務めた経済財政諮問会議議員としての
 東京での会議は、月3回程度しか開かれていないのに。

 しかも、同居人の届けが出されているのは本間氏の本妻だというが、
 実際は、同誌の取材に愛人関係であることを認め、
 「奥さんとは離婚調停中。結婚しようと話し合っている」。
 本妻も「北新地の女性らしい」と愛人の存在を承知しているが、
 「離婚の話は具体的にはない」と話している。

 本間氏本人は「個人的なことで、プライバシー侵害」と話しているというが、
 官舎を使った愛人との生活は個人的問題では済まないのでは…。
 [ソース元ZAKZAK 2006/12/11]



………(゚Д゚;)

………(つд⊂)ゴシゴシ

………(゚Д゚#)

愛人と官舎で不倫生活続けていて、つっこまれると「プライバシー侵害!」と逆ギレ!?
こんな奴が、今大騒ぎになっている、サラリーマンの残業代カット法や、
嘱託社員から正社員への雇用廃止法などの経済政策を決めてるんですか?
マジな話すると、もうそろそろ日本国民は暴動起こしてもいいんじゃないかと。
もっと怒った方がいいよ?じゃないと、何も変わらないどころか、
どんどん事態は、二度とまっとうな生活が出来ない奈落の底へ堕ちるだけだぜ?
この究極最大限にモラルがブッ壊れた、ケダモノの顔は、はいこちら↓。



ちょんまげサムライ以上に醜い御尊顔を拝見出来まして、もう朝から気分は最悪です。
こうやって顔を並べて見ると、タイゾーが凄ぇサワヤカに見えてしまうから、大変。

昨今の政治不信が尾を引いて、色んな議論や批判が出るのは当たり前ですが、
議会制民主主義で日本の政治が成り立っている以上、この事態を変えて行けるのは
結局のところ、『選挙』という唯一の方法しかないのです。
醜いケダモノが跋扈する今の時代に、改変を諦めてその方法を放棄すれば、
今度は僕ら自身がモラル・ハザードと言われても、何も反論出来ません。

あきらめんな!まだまだ日本を良い方向に変えていける!

そう思わなければ、いつかこんな奴らみたいな顔になってしまうかもしれませんぞ?

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 10:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM