<< 音で占う、おもしろ占い。 | main | 緊急速報「京都の神社が韓国人に乗っ取られる」 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


バトン記事「Winny有罪判決について」。

当ブログでもLINKを張っている、Lightさんのブログ「FoA」で、
12月14日付けの記事「今の時代だからこその問題」がありました。
ファイル共有ソフト『Winny』の開発者が起訴されていた件で
有罪判決が出た事について、ソース紹介や独自の見解を記事に書いてたのですが、
その冒頭で、『…熱く語るにはガス欠気味なので、後はPOOさんにバトンタッチ!』と
書かれておられましたので、今回そのバトンを受け継ぐ意味で、記事を書きます。

POOは、本当はこのWinny問題だけは触れたくなかったのです。
常にぶった斬り上等!な覚悟の僕が書くと、『ある事』について触れなければならず、
それについてまったくぼやかさずに本音書けば、物凄い反論も巻き起こしそうで。
だからこの問題だけは触れたくなかったのが、偽らざる僕の本音だったのですが
腐っても、POOは男。指名されたら、…書かなきゃしょうがねぇ。
義を見てせざるは、勇無きなり。

ではWinny有罪問題について、POO、語らせていただきます。
では、今回の問題はいったいどういう事なのか?
ニュースソースをPOO的に抜粋しながら事件の概要を見ていただきたいと思います。

【ウィニー開発者に有罪 元東大助手に罰金150万円 京都地裁判決】 

 ■著作権侵害幇助を認定
 ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」をめぐり、
 著作権法違反幇助(ほうじょ)の罪に問われたソフト開発者に対する判決公判が
 13日、京都地裁で開かれた。
 裁判長は「不特定多数によって著作権侵害に広く利用されている状況を認識しながら 
 ホームページで最新版を公開し、悪用者2人の犯行を幇助した」として、
 罰金150万円(求刑・懲役1年)の有罪判決を言い渡した。
 ファイル交換ソフトによる違法行為で、開発者の刑事責任を認めたのは初めて。

 公判では、ウィニーの開発意図などが争点になった。
 検察側が「著作権侵害を蔓延(まんえん)させるため」と指摘したのに対し、
 被告は「新しい技術の検証が目的」と無罪を主張していた。

 判決によると、被告は平成14年5月、開発したウィニーをネット上で公開。
 群馬県高崎市の会社員ら=著作権法違反罪で有罪確定=が15年9月、
 ウィニーを使って映画などの著作物を
 違法にダウンロードできる状態にするのを手助けした。

 ≪ウィニー著作権法違反 判決骨子≫
 一、被告はウィニーが著作権を侵害しながら
   社会で広く利用されていた状況を認識、認容しながら提供を続けた。
   本件の著作権侵害者はウィニーが匿名性に優れたソフトと認識し
   犯行に及んでおり、被告の行為は幇助にあたる

 一、被告は著作権侵害がインターネット上に蔓延することを
   積極的に企図したわけではないが、流出データの回収は著しく困難で
   ウィニー利用者が相当数いるため、結果に対する被告の寄与の程度は少なくない

 一、ウィニーの技術自体は各分野に応用可能で有意義なものであり、
   被告の開発目的に関わらず、技術自体は価値中立的である。
   技術の提供が無限定な幇助行為となるわけではない

 (ニュースソース及び全文はこちら→産経新聞:12月13日)



まぁ記事のタイトルを読んでここに来られた方は、もう御存じの内容だとは思いますが
Winnyというソフトを開発した人が、そんなソフトを作ってけしからん!と
裁判に訴えられていたのですな、すっごく簡単に言うと。
んで、そのけしからんと何処ぞの偉いサン方を怒らせたWinnyってなんじゃらほい?
という方には、同じく産経新聞のニュース内からこちらを。

【用語解説】Winny(ウィニー)
 インターネット上で、動画や音声などのファイルを交換することができるソフト。
 平成14年に開発、匿名性が高いこともあって、著作物の交換が横行した。
 パソコンに保存したデータを勝手にウィニーのネットワーク上にさらす
 「暴露型」ウイルスが蔓延し、個人情報の流出が相次いでいる。
 利用者は50万人、著作権侵害の被害総額は100億円との試算もある。

仕事のデーターや、フリー版権データーなどを自由交換するのに元々開発された
ファイル共有ソフトとは、結構昔からあったそうなのですが、
Winnyの画期的なところはなにかというと、
【誰が、どんなデーターをダウンロードしたのか、絶対にわからない】という匿名性。
もし、あなたがスナッフフィルム(人が本当に殺されていく映像)やロリコン映像を
Winnyを介してダウンロードしても、絶対に身元がバレない、という一点なのです。
(以前は、データーをアップしても匿名だったそうですが、改善されたとの事)

そして、Winnyがここまで問題になり、開発者が逮捕されるまでに至った
根っこの原因は何かと言えば、『著作権の侵害』なのです。
例えば誰かがレンタルビデオを借りてきて、その映像をWinnyにアップしたとします。
そうすれば、50万人という利用者が全員、無料で、しかも足もつかずに、
その映画をダウンロードして、鑑賞してしまう事が出来るのです。
ニュースでも紹介してますように、違法コピー目的に使った人間が先に逮捕されてて、
そんな奴等の悪事にソフトを供給した開発者も悪い、という話に。
しかし、現在の法律にプログラム開発者を裁く法律が存在しません。
そこで裁判では、著作権侵害幇助(自分の行為で他人の犯罪行為が容易になること)で
一応の判決が下された訳なのであります。

この判決自体に、僕が言うとするならば、まぁ当然じゃね?ってだけなのです、実は。

今回の裁判では、こういう例えがネット上に噴出していました。
『包丁は人を殺す事が出来る。だからといって包丁職人が逮捕されるのか?
 今回の判決は、その包丁職人を逮捕するようなものである』
さらにはこういう意見も出ておりました。
『今の法律は時代に適合していない。そういう現実があるのにも関わらず、
 新しい技術や事例を裁くために、古い法律を拡大解釈しているだけである。
 なので、新しい法律が施行されるまで、裁くべきではない』

たしかに、法律が時代に則していない面はあります。
法の拡大解釈の前例が出来れば、特に日本の裁判では前例を必ず踏襲しますので、
今後やっかいな問題が起きる可能性は十二分にありますが、
みなさんの反論覚悟で、包丁職人の例を出して僕の持論を言わせてもらうと、
『包丁は人が生活するのに必要だけど、Winnyが無くても人は生きていけるから』です。

Winnyをその基本となったファイル共有ソフトと同じようにして、
法に触れない使い方してる人って、ぶっちゃけいないでしょ?ゼロでしょ?
みんな、映画や音楽、画像にアダルトビデオ、コピーしてるのに使ってるでしょ?
そもそも、Winnyってそのために作られたんでしょ?
なのに、そんなの予見出来るとは思ってもいなかった、技術の有用性を見てくれ!
なんてどこの幼稚園児の言い訳ですかいの?
なおかつ、そんな騒ぎが沸き起こったのにも関わらず放置してたんでしょ?
そもそも、違法コピーしやすいP2P作って→おk把握っていう経緯があったわけじゃん?

制作者に、必ず「1%の悪意」はあった。
ならば罪は償うべきだと。たとえそれが法の拡大解釈であろうが、法は法だ。
現在犯した罪は、現在存在する法で裁かれるべき。
こうした新しい事件が起って、また法は時代に合わせて変化して行くんだから。
どれだけ高尚な理屈を吠えようが、技術の進歩に冷や水をかけたと言おうが、
悪い事したらごめんなさい。幼稚園で教えられませんでしたか?
それ以上でもそれ以下でもない。そういう風に考えています。

本当にやっかいな問題はそこじゃない。
無料だし、身元もバレないし、といって違法コピーやっているユーザーの方が問題。
すごい無責任な言い方しますが、僕は何度も書いたようにMacユーザーです。
なのでWinnyなんぞ使えないし、正直使う奴の気がしれん。
僕のリーマン時代の後輩は、なぜか映画のDVDが発売2日後にはその内容を知っていて、
よく金が続くなぁ〜と思っていたら、全てWinnyからダウンロードしてたとの事。
「もうレンタル屋に行くなんてバカらしくて出来ませんよ〜、ケケケ」と
笑う顔が、とても醜いゲスな顔していたのは、今でも焼き付いて離れません。

性根が腐ってないか?人としての一番大事な何かが、ドロドロに腐ってないか?

POOは貧乏だ。
タダで毎日映画が見れるのなら、そりゃ嬉しいわ。
でも、こんな違法コピーしてまで観るのは、そんなのは嬉しくもなんとも無い。
身銭切って、制作者に支払うべき代価を支払って観たい。
そうしてこそ、ああだこうだと好き勝手に批評したり論評する権利を手に入れられる。
お金が無かったら、我慢する。今年は全然映画を観れていない。
でも何の問題も感じない。
足るを知る。
それを分っているから。
だから。
俺は人間だ。
胸を張って、ニンゲンだ!と叫べます。

Winny使って違法コピーしている奴に、
官舎に愛人囲ってえらそぶってる政治屋を批判する権利は、一切ない。
子供のいじめ問題や自殺問題に、えらそうな口を開く権利は、一切ない。
政治や特定アジア問題に眉を潜める権利すら、一切ない。
道徳とか、倫理観とか、身の程とかが欠如したケダモノごときが、口を聞くな。
それだけ。

ん〜…書き方キツイかな?んじゃ書き直そう。
違法ダウンロードやコピーに勤しむ者は、別にまぁもう好きにやってくれや。
ただ、お前がいつの日か歌手になったり、映画監督になったりしても
自分の作った作品が日本国民全てが手に入れてるのも関わらず、実は1コしか売れず、
それが違法ダウンロードで行き届いていたとしても、文句は言うな。
100億円手に入っているかもしれないのに、500円しか財布に無くても文句を言うな。
その覚悟があるのなら、どうぞ、今日も著作権侵害に励んでくれたまえ。
それだけ。



最後に技術者の方に言いたい。
技術者が技術を高めるのは、もうそれは「本能」みたいなものだと思う。
僕もまがりなりにも「デザイン」という技術を高めたいと日々思う、技術者だから。
でも。
技術者である以前に、人であるという事を忘れないでほしい。
技術者が技術を高めるのには、相応の責任と義務を背負え。
お前の技術は、ゼロから価値を生み出す、とてもとても素晴らしいモノだ。
それをまずは自覚しろ。
力の有る者には、必ずそれを制御する責任が存在する。
その責務を果たせ。その上で、さらなる高みを目指せ。
それが出来ないのなら、逮捕されるのは当たり前。技術者を名乗る資格は無い。
そしてニンゲンである事すら、出来ない。
理念でコントロール出来ない技術は、もう技術じゃない。
そんなものは、この世に必要ない。
必要の無い人間が、必要の無い技術を生み出す、そんな哀しい事をするな。
必要とされる人間が、必要とされる技術を生み出す。
真っ当な世界の陽の下を、堂々と胸を張って歩け。
それだけの力があるんだから。

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 04:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
リクエストに応えてくれてどうもありがとうございましたm(_ _)m
微妙な問題だとわかっていましたが、勢いで書いちゃってそれにPOOさんを巻き込むカタチになって申し訳ないっす。
しかし、相変わらずわかりやすい記事ですね^^
著作権問題については、中古屋やレンタルショップ問題などで裁判が行われたりして、その都度一応の解決をしてきたわけですが、インターネットを介してのデータダウンロードに関してはなかなか対処しきれないでいますよね。
結論は使う人間のモラル次第ってなっちゃうんですけど、それならそれで映画館の上映前広告みたいに(海賊版反対運動みたいなやつですね)著作権が大事なことを訴えていくしかないですね・・・。



P.S
上とは関係ありそうでなさそうな話なんですが(どっちやねんw)、私はituneを使ってて、音楽に関しては今やCDではなくデータが重視されていると感じます。
シングルCDにカップリングされるインストルメンタルverやアルバムに収録されている捨て歌はいらないから気に入ったのをバラで1曲¥150で買った方が得ですし。
しかもローカルネットワークでライブラリの共有が出来るので、ituneで買ったデータとパス認証でPC5台まで、CD買って普通にインポートした曲だと無制限で聴けてしまうわけですが、これは著作権には触れないのかなぁと・・・。
インポートしたデータを他人にあげるのは違反になるのは知ってますけどね。

とにかく一般層へのインターネットの普及により、CDで稼ぎ辛い時代になったので、売り方を考えないといけない時代になったなぁと痛感しました。
ゲーム業界も次世代機になってネットワークを介してコンテンツダウンロードなどの売り方を考える時代になってきたし、私達が先導していい時代を築きませんとね!
  • Light
  • 2006/12/21 12:18 AM
>Lightさん
いやいや、バトン記事ってのも楽しかったよ^^
プレッシャーでか過ぎて、一回書いたんだけど半日寝かせて、また書き直したのは内緒(爆


著作権は大事な物なんですが、それを取巻く環境が全て「善」かといえば、
決してそうとも言えないのが、音楽ヤクザ・カスラックに代表されるように。
だから、ホントはそこまで踏み込んで書かないと、
物凄い片手落ちなのよね〜…さすがに僕もパワー切れしたっス^^;
機械オンチな僕はiTuneも実はよくわからないんだけど、
今国会で音楽のダウンロード自体に課税しようという法律が
提出されている(されようとしている)のは知ってる?
この辺も著作権だけではなく、天下りケダモノの温床にも関わってくるので
そのうちちゃんと調べて書かなければ、今回のバトンをきちんと受け継いだ事が出来たとは言えないので、
重ね重ね申し訳ないっていう気持ちばっかりで。

僕はこんなに辛辣に書いたけど、実際その通り生きていってるかというと
全然そうでもなくて、ホント情けないですよorz
時代を先導する役はライちゃんにまかせて、僕ら団塊Jr世代はその露払い。
膿を出し切って闘うんで、マジでその後はまかせた!っていう気持ちです。
善いものを君たちの世代に受け継いでもらうために、僕らのようなオッサンがいるのさ♪
  • POO
  • 2006/12/21 5:12 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM