<< ( ゚∀゚)ノィョ―ゥ | main | 44,000サイトが壊滅。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


素晴らしくも馬鹿馬鹿しい「おっぱい造語」の世界。

JUGEMテーマ:ニュース


やはり洋の東西問わず、男ってのはおっぱいが好きなんだ!っうニュースを。
風邪復帰からのリハビリ記事一発目がおっぱいニュースなのは、まぁ見逃せ(苦笑
【アメリカの「バスト俗語」の奥深さ】
“ドッペルゲンガーズ”、“黄金のドーム”、“2つの月の光”……。
 何のことだかわかります? 実はこれ、アメリカの女性のバストを表現した俗語なんです。
 日本のバストに関する俗語といえば、今では死語になってしまった“ボイン”。1960年代の深夜番組「11PM」で、司会の大橋巨泉が朝丘雪路の大きな胸を見てボインと称したのが始まりらしいです。
 90年頃から“巨乳”という言葉が使われはじめ、その後、爆乳やスイカップという俗語が生まれました(逆に、小さい胸を表すのは貧乳ぐらいでしょうか)。
 そんなおっぱい好きな日本人を遥かに凌ぐほど、アメリカ人はおっぱいが大好き。使われる俗語の数は、「どんだけ〜っ」ていうぐらい、膨大な数になるそうです。
 そのほんの一部を紹介したのが『巨乳はうらやましいか? ―Hカップ記者が見た現代おっぱい事情』(早川書房)という書籍。スーザン・セリグソンさんという規格外の胸をもつ女性ジャーナリストが、美容整形外科医やOカップの爆乳ストリッパーなどに体当たり取材したもので、女性が読んでもたいへんおもしろい、「バスト完全読本」なんです。
本書の「ナイス・チチ」という章で、バスト俗語を研究している言語学者にインタビュー、スーザンさん自身もウィキペディアで膨大なバスト俗語を徹底的に調査し、ジャンルごとに紹介してくれています。いや〜、これはもう日本人には理解し難いものばかりです……。
 まず、老若男女問わずアメリカで最も親しまれているのは“ブーブス”という呼び方だそう。確かに私も何度か映画で聞いたことあります。意味はないけれど、音の響きから派生したもののようです(これはボインとよく似てる?)。
 地名にちなんだものでは“ボストンさまよい乳”、“グランドキャニオン”、“ピラミッド”、“ドイツアルプス”などがあって、有名人の名前や固有名詞にちなんだものは“ブラッド・ピット乳”、“アイゼンハワー乳”、“ホームズ&ワトソン乳”“ジョン&ポール乳”など。なかでも、“アイザック・ニュートン乳”は重力にかかわるだけに、よくわかるような気がします。しかし、“マハトマ・ガンジー乳”っていうのはどういう意味なんでしょう……?
 日本人にとっては嬉しい“フジヤマ乳”、“ゴジラ乳”というのもありました。富士山はともかく、ゴジラは破壊力があるということなんでしょうかね。
 俗語は男性の大半は男性たちによってつくり出されているために、軍事用語から引用されたものも多いという。
“弾頭乳”“キャノンボール乳”、“手榴弾乳”、“リーサエルウェポン乳”“水爆乳”など、かなり脅威的です。
 そしてやはり車から連想されたバスト語も多い。“エアバッグ”、“ヘッドライツ”、“フード飾り”、“ヴォルボ乳”、“スノータイヤ乳”など。
 自分の胸をこれらの俗語で呼ばれても、ちっとも嬉しくないですが、中には女性をキュンッとさせる俗語がごくごく稀にある。例えばスーザンさんも大絶賛の“ラブ・マフィンズ”。甘〜くて美味しそうじゃありませんか。他にもココナッツ、メロンなど。そうそう、食べ物にたとえるならまだ理解できるのよね。 
 バカバカしいけれど、その発想力には感心してしまう(?)アメリカのバスト俗語たち。今日もまた、新たな俗語が誕生しているのでしょうね。
(ソース元/exciteニュース)



…ドッペルゲンガーズに黄金のドーム、2つの月の光って、それなんてFF?っう、
そんな微妙なイメージも無い訳ではないと思うのは、POOだけでしょうかね?(笑
なんだかな〜このネーミングセンスってのは、まるで中二病患者みたいだ(苦笑

アメリカってのは、ま、すさまじいショービジネスの世界なもんで、
女優やタレント、グラビアなんかの観られるのが仕事!って女性の間では、
ぶっちゃけ豊胸手術がデフォルトなんですが、そんな関係もあって自分の胸が
いかに凄いのか?かつてない程の魅力なのか?っていうアピールが強烈なのね〜。
その関係で、POO-MONOでも既報の『おっぱい新時代の波【軟乳】到来?』の様に
新しい女性の登場時には、新しいネーミングってのが必須なワケ。
だからこんなにドンドコドンドコと新しいおっぱい造語が出来るんですが、
それ以上にアメリカが凄まじいのは、実は【乳首】な訳。
来月に発表がある…ん〜デモのおかげで無いかもしれませんが(苦笑
アカデミー賞なんかでも、全米からきらびやかな女優達が集結する訳ですが
ドレスからポチッと透けたり浮き出てる乳首ってのは、あれ、90%以上の確立で
『付け乳首』な訳だったりするんですよ〜、エロオヤジ残念!(笑
そういう欧米のゴシップ企画を昔やってたから知ってるんですが、あれは偽物。
これからは週刊誌のエロ記事は信用しない方がいいっス。むはは(苦笑
向こうでは日本人では想像も出来ないくらい、肉体美崇拝みたいなものが凄くって、
乳首の位置ってのまでも、黄金比みたいな数値が弾き出されてるのね。
このサイズの乳なら、ここに乳首がないと美しくない!っていうのがあるの。
さらには大きさ。このバストサイズならこの乳首サイズってのもある。
んな訳で、普通にドラッグストアなんかで付け乳首、売ってたりするんですわ。
さらに極め付けは、こんな↓商品。



わかりますかね?
えぇ、日本語で言うなら『付けマンコ』ってな具合ですかね。
いわゆる土手の盛り上がりにも、数字的な美醜があるのがアメリカの凄い処で、
女性なんかがジーンズなんかを履いた時に、このカップホルダーを装着して、
私のアソコはこんなに盛り上がって美しいのよ!っていうのがデフォだったり。
いやぁ、ここまで観られる事に執着出来るアメリカってのも凄いですが、
当然のように、脱がせてガッカリ…みたいなことも多いそうで。
んなアメリカっすから、水爆乳とかゴジラ乳っうネーミングが出来るんでしょうな。
うん、なんとなく日本人で良かったとそこはかと思うのはPOOだけ?(苦笑

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 09:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
復活おめでとうございます。
今日会社でこの記事読んでたら、上司に「昼間っから何見とんねん」とツッこまれましたw
とっさに「アメリカ人のおっぱいに対する情熱は凄いですね〜」と切り返し、たぶん上司との距離が縮まりましたww

ラブ・マフィンズとかいいですね〜。
巨乳の娘への口説き文句に使えそうww


そういえば、engineさんとこが残念なことになってしまいましたな(-人-)ナムナム
元気かなぁ。
  • Light
  • 2008/01/23 10:53 PM
>Lightさん
いやはや、お騒がせ致しましたですな〜。
大丈夫、今年はそのまんま失踪したりしないからw

しかしそんなコミニュケーション方法があるとは、いやぁヤルなお主www
POO的にはゴジラ乳ってのを、死ぬまでに拝みたい気持ちがあるんですが、
脱がせた瞬間、被爆しそうでイヤだったりw

なにが(-人-)ナムナムなのかと思って覗いてみたら、まさかの404が来るとは…!
いやぁ〜まいったねぇ…別に更新なんかしなくても放置のまま置いててくれれば、
まだこちらの心構えとしても良かったんだけど。
せめてサヨナラ記事でもあればなぁ〜…。
ホント元気なんだろうかねぇ〜…。
むぅうう…。
  • POO
  • 2008/01/24 1:03 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM