<< 目当ての美女がすぐ見つかる?『パリ美人ガイド』発売。 | main | 320000HIT御礼。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


それでも俺は敢えて「安倍ちゃんGJ!」と言おう。

JUGEMテーマ:ニュース


今、日本に国家主席という中国最高権力者である胡錦濤が来日してる訳だ。
その訪日を巡っては連日連夜、色んな所で取り上げられているので、
まぁ皆さんも御存知ではないかと思うのですが。
1匹につき年間1億円で2匹もレンタルしちゃう、巷で噂のパンダ外交ね(苦笑
記憶にまだ生々しいチベット問題を始めとして、毒餃子、東シナ海ガス油田問題…
もうね、ホントに待った無し!の難題が山積みの日中関係なんですが、
そんなの関係ねぇと相変わらず『媚中』の本領発揮しまくる糞バカ政治屋の中で、
安倍元総理、やっぱこの人だけは違っていてくれた訳ですよ。
ちょっとだけその雑感を書こうと思う。
【胡主席、歴代首相と朝食会 安倍氏はチベット問題に懸念表明 小泉氏は姿見せず】
 来日中の胡錦濤中国国家主席は8日午前8時から、東京都千代田区のホテルニューオータニで、中曽根康弘、海部俊樹、森喜朗、安倍晋三の歴代首相と朝食会を開いた。ここ10年間の日中間のわだかまりを超えて「暖かい春の旅」の演出を狙った会合だが、安倍氏はチベットなどの人権状況への懸念を表明。靖国神社参拝をめぐり、胡主席と遺恨を残す小泉純一郎元首相は姿をみせなかった。
 朝食会は89歳と最年長の中曽根氏の主宰で開かれた。入り口で中曽根氏らに出迎えられた胡主席はにこやかに握手を交わし、「みなさんとお会いできて大変うれしい。このように一堂に会するのは初めてであり、かなり創造的な形だ」と謝意を表明した。
 中曽根氏は「第4の政治文書である7日の日中共同声明は歴史的な意義がある。今まで日中関係は必ずしも良好ではなかったが、共同声明により新しい展開が可能になるだろう。双方ともに努力し合おうではないか」と来日の成果を高く評価した。
 一方、安倍氏は「戦略的互恵関係の構築に向け、相互訪問を途絶えさせない関係を作っていくことが重要だ」と述べ、小泉氏の靖国参拝をめぐり中国側が首脳交流を途絶えさせたことを暗に批判。その上で「北京五輪を前にチベットの人権状況を憂慮している。ダライ・ラマ側との対話再開は評価するが、五輪を行うことでチベットの人権状況が改善される結果が出ることが重要だ」とクギを刺した。
 さらに安倍氏はウイグル問題にも触れ、東京大に留学中の平成10年に中国に一時帰国して逮捕されたトフティ・テュニアズさんについて「彼の家族は日本にいる。無事釈放されることを希望する」と述べた。
 胡主席はトフティ氏について「私は知らないので、しっかりした法執行が行われているかどうか調べる」と応じたが、チベット問題について言及はなかった。
 安倍氏の発言を受け、会場は気まずい雰囲気が漂ったが、森氏は「アフリカではリビアを含めた53カ国が『アフリカ合衆国』を作る動きもあるが、アジアにはない。日中間が協力して新たな枠組みを作ってはどうか」と提案。北京五輪について「日本でもっとも成功を願っているのは日本体育協会会長であり日本オリンピック委員会理事である私だ。2016年の東京五輪招致ではぜひ協力をお願いしたい」と要望した。
 海部氏は東シナ海のガス田問題について「だんだんよい方向で進んでいるようなので、ぜひその方向で進めてほしい」と要請した。
(ソース元/Yahoo!ニュース)


いくら中国が非人道的な国家であろうが、外交問題ってのは1+1=2じゃない。
何でもかんでも中国に噛み付けば済む、万事解決ハッピーエンド♪って、
そんな簡単な問題じゃないのは、POOなりに承知しているつもり。
でも全世界を巻き込んだ聖火リレー騒動の後、特に日本は年頭に毒餃子やられての
まさにこのタイミング、このジャストタイミングでの中国最高権力者との会合。
ここでなら、この奇跡的にも近いと言えるタイミングでの訪日であれば、
幾ら「中国の犬」呼ばわりされて嘲笑されまくりの日本の政治屋達でもですな、
何かしら然るべき発言があってもいいんじゃないか?と思う訳ですよ。
期待する訳ですよ。今なら世界の理解も得られる!ガツンと言ってくれ!
願いに近い訳ですよ。このタイミングなら中国も言う事聞いてくれるんじゃないか?
言った所で、劇的に日中関係が好転する、なんてのは誰も考えちゃいない。
そこまで政治に期待して、夢見てるほど日本国民もマヌケじゃない。

でも。
ここでなら!このタイミングであるならば!
きっと言ってくれるに違い無い!きっと俺達の思いを代弁してくれるに違い無い!
言ってくれるだけでいいんだ、ちゃんと伝えてくれるだけでいいんだ!
頼む!ガツンでなくてもいいから、ピョコ〜でもいいから言ってやってくれ!
そう思う訳じゃないですか。そう託す訳じゃないですか。
なのに、誰も何も言わない。
田中真紀子は「敢えて申し上げませんでした」とか、庶民の王者は「熱烈歓迎」だし、
現職の総理大臣に至っては、パンダもらえてウレピーです♪ときたもんだ。
なんだ?この茶番劇は???
これだけ問題が山積みしてて、全世界が注目している中で、みんなが願う中で、
パンダ2匹とか、ほんまにどうでもええわッ!!!!!!
このタイミングで物申せなかったら、もう二度と何も言えない訳じゃないっスか?
なのに、敢えて申しませんでしたってバカかお前は?
そして、そもそも出てすらも来なかったとはどういう理屈だコラ?
もう日本の政治はダメポ。
軽く死ねるぐらいに絶望してしまいそうな中、言ってくれた訳ですよ一人だけ。
日本の政治家として、中国の最高権力者に面と向かってガツン!と。
言った所で何かが変わる訳じゃない。
それは分かる。

でも。
それでも言ってほしかった訳じゃないっスか?
無駄だと分かっていても、ちゃんと声を上げてほしかった訳じゃないっスか?
俺達の思いを代弁してくれる。俺達の気持ちを伝えてくれる。
俺達が胸張って日本の政治「家」だと言える人の登場を待ってた訳じゃないっスか?
確かに安倍ちゃんは、投げ出した。
どれだけマスゴミが非難したとも、投げ出した事をチャラに出来る訳じゃない。
期待が裏切られた事を、投げ出した無責任さを、なかった事にはできない。
今回のガツン!も素直に受け止める事は、POOにも出来ない。
なのに、なんだか泣けたよ。
ちゃんと安倍ちゃんは言ってくれたんだ、と思うと。
政治ってのは政治家に民意を託す事で、それが選挙という形を取る訳で。
民意を受け取ったはずなのに、投げ出してしまったという事は、
イコール、民意をも投げ出したという事。
だから安倍ちゃんはやはり過去に投げ出した事がある、というこの1点だけでも
これからも非難されるだろうし、非難しなきゃいけない。二度としないためにも。

でも。
それはそれ、これはこれ。
過去の過ちは過去のモノとして、また新たに成し遂げようとする気概があるのなら
その道程は、自業自得でかつてより遥かに険しい道になるけれども、
本人が敢えて、自ら進んでそのイバラの道を歩く!と決意したならば、
容易に助けはしないけど、邪魔だけはしないで見守ってやる!
そういう度量を、傍観者は持ってもいいんじゃないか?
その決意が本物と分かればその時は、もう一度信じてあげてもいいんじゃないか?
過去の失敗は確かに失敗であり、二度と取り戻せるモノじゃない。
無くした信用、人望、夢、思い。
それは確実に存在する。

でも。
やり直すチャンスだけは、あげていいんじゃないか?
そして次に真っ当な事をしたら、それを正しく評価してあげていいんじゃないか?
それはそれ、これはこれ。
そういう姿勢を、傍観者は持つべきではないか?
過去と未来はイコールでは無い、そういう度量を傍観者は持つべきではないか?
過去は過去、もう二度と取り戻せない過ぎ去った日々。
しかし人間は過去に縛られる存在ではなく、未来に生きる存在だと信じたい。
過去の過ちを許せる心を持てるのは、人間だけじゃないか。
過去の過ちを未来に繰り返さない事で、人間は進歩していくんじゃないか。
折れた心が再び輝きを取り戻す、それはとても素晴らしい事じゃないか。

だから俺は敢えて言おう、安倍ちゃんGJ!と。










ちょこっと蛇足。
最近、2chで流行ってる政治コピペが面白かったので貼ってみる。
緑字(最初)は「福田総理コピペ」、青字(後)は「安倍ちゃんの功績コピペ」。
2つを比較して現職総理のチンパン爺を貶めるつもりっうワケでは無いんですが、
結果そうなれば、ま、万々歳かもね(苦笑


安倍にも負けず麻生にも負けず
ナベツネの密談にも負けぬバーコードはげを持ち
欲はなく決して怒らず
いつもフフンと笑っている
一日にそばうどんカレーライスを食べ
一円以上の領収書出させず 自分の領収書も改ざん
あらゆることを 自分を勘定に入れずに
全て官僚のいいなり スタンスは無責任他人事
サミット終わるまでもてばいいと思っている
東に読売あれば霧の摩周湖内閣と書かれ
西に森永宅郎あれば総理を辞めろと言われ
南に経団連あれば株価下がったねと言われ
北に共同通信あれば支持率急落したねと書かれ
暫定税率は維持 公務員の給料だけは上げる
みんなにつなぎ内閣と呼ばれ
褒められもせず 相手にもされず
そういう総理にわたしはなりたい 

      〃~ ̄ヽ
        .6□c□
.       ヽ´┴/ / ̄/ ̄/
      ( 二二二つ / と)
      |    /  /  /
       |      ̄| ̄





安倍晋三とは
たった就任3ヶ月で、教育改革と防衛省昇格を成し遂げ、
就任早々から各国との外交を精力的にこなし、
経団連の圧力に負けずにWCエグゼンプションの対象者を
目標だった年収1000万円以上の近くで踏みとどめ、
それでいて企業側に非正社員の社会保険と厚生年金の適用を
認めさせ、 児童福祉と子育て手当てとフリーター自立支援を
予算に設けつつ、国債を減らして財源建て直しをスピードアップ、
北朝鮮制裁をガンガン強化して朝鮮総連をガサ入れ、
パチンコ屋を税務調査の波状攻撃で締め上げて総連を逆ギレさせ、
貸金規正法を改正してグレーゾーン完全廃止で悪徳サラ金業者を締め、
「負けたら即引退スペシャル」の重圧下でも重要な選挙に連勝し、
「女系天皇容認」を白紙に戻し、「日本海」を「平和の海」
に改名しようと提案した盧武鉉大統領のアホな要求を見事に拒否し、
人権擁護法案を凍結し日本国民の言論と表現の自由を守って、
国民の大多数が疑問に感じていた「ゆとり教育」の見直しを明記し、
中国への武器輸出禁止解除反対をEUに働きかけて、
在日や凶悪犯罪を取り締まる共謀罪成立に全力をあげた政治家。

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 23:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM