<< 『善き人のためのソナタ』レビュー。 | main | シャー! >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【四川大震災を読み解く】人を呪うな、国を憎め。

JUGEMテーマ:ニュース


5月12日に中国四川省で発生した大地震、いわゆる「四川大震災」。
阪神大震災の30倍〜200倍以上と推測される壊滅的な被害に遭った訳ですが
ちょっとネットの論調がおかしいんじゃないかと思うので記事を書く事にします。

極一部だと思う(極一部だと信じたい)んですが、中国がこの震災に遭った事に対し、
『ざまぁ見ろ』的な意見が、ネットの至る所を飛び交ってるんですな。
確かにココでも何度も取り上げてるように、POOはガチガチの反中華論者です。
毒餃子しかり、チベット問題しかり、ODA問題しかり、領土資源問題しかり。
今の中国は日本にとって百害あって一利なし、という事に議論の余地は無いと思う。
中華人民共和国という国は、とっとと滅んでもらった方が日本の為だと思う。
でも中国人が一人残らず滅んだ方が良い、とは書いた事が無いはずで。
「それ」と「これ」とは話が違う。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、という諺が日本にはありますが、
坊さんという職業をしてる人間が幾ら憎いからといって、着ている服まで憎むのは、
まったくもって本末転倒というしかないと思っています。
中国は憎いが、そこに住む人すべてを憎むのは間違っているんじゃないか?
中国の政府・体制を憎む事と、中国人を憎む事はイコールでは無いと思うのですよ。
なのに中国憎しの余り、震災を天罰だ!被災者を自業自得だ!と喜ぶのは
明らかに『人として間違ってる』としか思えない訳で。

人を呪わば穴二つ。
中国を呪うあまり、自分の人間性を畜生レベルに堕としてはいないか?
その辺の事を、POOが集めた四川大震災の各種ニュースを総合的に読み解く事で、
真に僕ら日本人が討たねばならんのはナニか?という点を考察したいと思います。
ようやく中国政府も重い腰を上げて、国際救助隊の受け入れを決めましたが、
そこに至るまでのニュースから、まずは御紹介しようかと。


【中国側から支援要請なし、日本の医師ら足踏み】
 中国四川省で起きた大地震で、国内では、人的支援をしようという動きも広がり始めているが、発生2日目の13日も中国側から正式な援助要請がないまま。関係者は焦りを募らせている。
 「外国からの支援は受け付けていない」。中国の駐大阪総領事館の担当者にそう言われ、NPO法人「日本レスキュー協会」(兵庫県伊丹市)の担当者は落胆を隠せなかった。
 阪神淡路大震災をきっかけに設立された同協会は職員4人が災害救助犬4、5頭を連れて救助に向かう準備を整えていた。中国外務省が各国からの支援に「感謝と歓迎の意を表明する」と述べたのは13日午後。協会は同日午後3時過ぎ、再度、総領事館に支援を申し入れたが、結果は同じだった。協会レスキュー部の石井博章さん(27)は「今も大勢の人が生き埋めになっている。すぐにでも救助に向かいたい」と残念そうに話した。
 総務省消防庁は、「国際消防救助隊」の第一陣として隊員約20人に出発の準備をさせているが、国際緊急援助隊派遣法では相手国からの要請がなければ派遣できない。医師や看護師の派遣の準備を進めている日本赤十字社(東京都港区)も派遣時期は未定だ。
 海外の被災地に医師を派遣している国際医療援助団体AMDA(岡山市)の担当者は「被災地は山間部で夜間は気温も低い。早急に救援活動を行わねば」と話した。
(ソース元/2008年5月14日03時09分 読売新聞)


阪神大震災を経験してるPOOは、震災には徹底的に『初動救助』が大事な事を
本当に身を持って知っているんですが、この四川大震災では中国が拒否してた訳。
さすがに本日になって、受け入れを許可したというニュースが入ってきましたが
なんで「救助を拒否してた」のか?ここが最初の問題なんですよ。
思えば阪神大震災でも、時の政権だった社会党がアメリカ軍の救助隊派遣を
徹底的に断固断った経緯がありまして。アメリカが大平洋のすぐそこまで、
空母までを展開させて待機させていた救助隊を、お前ら帰れ!とやった訳です。
何故か?
受け入れれば助かった命も多かったかもしれない善意の行為を拒否したのは何故か?
それが政権与党だった社会党の思想に反していたからだけ、なのですよ。
社会党ってのは、分かりやすく言えば「反アメリカ」の政党だった訳。
アメリカ嫌い!憲法9条サイコー!在日米軍は出て行け!
それ自体は、個人個人の思想なのでとやかくどうこう言うつもりはない。
しかしそれを頑に信奉した挙げ句、日本人を見殺しにしたのが社会党なワケですよ。
POOの友人知人が震災で死んだのは、日本人が日本人を見捨てたからなのですよ。
震災で即死しなかった日本人が、救助の遅れが原因で死んだのは、
アメリカに上陸してほしくない日本人が駄々こねたから死んだのですよ。
…ちょっと話が脱線しますが、POOが民主党を支持しない理由はココにあって、
社会党が政権を転落し政党が空中分解した後、今はその残党がドコに流れたか?
6〜8割が民主党っスよ、あいつらが潜り込んだ先が。
民主党が割れれば問題ないんですが、割れない限りは絶対に支持しねぇ。
自分達の理想だ!とか言いながら、人の命を弄んだ連中なんぞ絶対に支持しねぇ。

すまんね、脱線した。
翻ってこのニュース、今回中国側が各国の初動救助の申し入れを拒否したってのは、
其処に入られたら困るからにしか過ぎない訳で。
誰が?
中国政府が、に決まってるじゃないですか。
そこには思想もあるだろうし、震源地が『チベット自治区』に近い、というか
ほぼチベット自治区で起こったとの報道もありますが、だからこそ、
その地域に外国に踏み居られて「色々見られたらヤバいから」と読み解けるのです。
道路状況が悪いから…って、そんな状況でこそ救助するための救助隊だろうが。
同じく、サイクロン被害を受けたミャンマーが頑に救助隊を拒否するのも同じ事。
軍事政権による独裁のありのままの姿を、見られるのが困るから受け入れない訳で。
自分達の理想とか主義思想とか、自分達の政権維持とか、面子とか。
人の命より、そいつらは大事なのか?
同じ自国民の血が幾ら流れようが、そのお題目の方が崇高なのか?
だから、このニュースからまず僕らが読み解かなきゃならない大事な点ってのは、
その国を治める政治体系が悪だ、という点。

そして、政治体系が悪だ、という証明みたいなニュースを。
かなり衝撃的なニュースなんですが、初報がなんと2年も前の事なんです。
そしてはっきり言うと、この2年前より悪化しているのが現在の中国体制です。


【被災支援金の99%流用 中国陝西省】
【北京13日共同】中国陝西省で2年前に発生した洪水被害で、中央政府が被災農民の支援費用として拠出した約5900万元(約8億4400万円)のうち、地方当局が99%以上を流用、被災民が受け取ったのは約50万元(約710万円)にすぎないことが13日までに明らかになった。支援費用の拠出元である国家発展改革委員会系の中国紙、中国経済時報が同日までに伝えた。 同紙によると、地方政府はさらに、不満を訴え抗議した農民らを拘束、最長3年間の「労働教育」処分としており、住民を全く顧みない地方政府が存在する実態が浮き彫りになった。
(ソース元:JPN47News/配信日時:2006/01/13 08:54/配信元:共同通信)


今回の地震で、義援金や救済金募集をいたるメディアで呼び掛けており、
それに応じる、もしくは応じた人も沢山おられると思います。
しかしちょっと待て、と。
その行為自体は素晴らしいものだし、賞賛されて然るべきものだと思う。
でもそれが現実にはどうなってるのか?ちゃんと被災者の手元に届いているのか?
答えは『ノー』なワケです。
途中で99%もネコババされてしまう、それが中国の現実なのです。
だから募金すんな!って言ってるワケじゃないっスよ?
適切な募金運動が果たして成り立っているのかというと、決してそうじゃない。
その仕組みも分からずに闇雲に金だけ出すのが間違っていないか?と自省する。
そういう心構えが必要なんじゃないか、と思う訳です。
そして、99%もネコババ・中抜きする中国政府を信用するな、と言いたい。
悪いのは募金を求める人間でも、真実を知らずに募金する人間でも無い。
それを横領する中国の体制が悪いのです。
信用するに値しない政治体系、それをこのニュースから読み解くべきなのです。

信用するに価しない体制、その決定的なニュースをさらに2つ程。
中国共産党がいかに腐っているか?それを見極める目を持つ必要があると思う。


【公共施設の手抜き「おから工事」横行、被害拡大の一因に】
【北京=杉山祐之】中国・四川省地震では、各種建築の耐震性の低さに加え、公共施設の手抜き工事も被害拡大の一因になったとみられる。
 さらに、被災地の多くは山間部にあり、地滑りなどに巻き込まれた人も多数いる模様だ。13日の新華社電によると、重大な被害が出ている四川省北川チャン族自治県の中心都市では、旧市街の80%、新市街の60%の建築物が倒壊した。街全体が崩れたに等しい状況だ。
 各地で学校の倒壊が相次いだことについては、インターネット掲示板を中心に、「おから(豆腐殻)工事が原因だ」との声が上がっている。「おから工事」は、汚職などが原因で建築費を安くあげた手抜き工事のことだ。多くの地方で、幹部が使用する建築の耐震性は厳格に守られるが、学校など民衆のための建築では手抜きが横行している。
(ソース元/2008年5月13日13時14分 読売新聞)

【校舎崩壊は『人災』です】
四川?川縣地震で、學校や病院などの「公共施設」が多数倒壊し、多くの犠牲者が出ています。一方で、(少なくとも私の知る範囲においては)私有大厦や政府大樓の倒壊は極めて少ないことが非常に対照的です。
この違いは、一体何が原因なのでしょうか?
すでに各メディアで業者と役人の癒着で建設費を低く抑える「豆腐渣(おから)工程」が社会問題化していると報じられています。しかし、被害を大きくしたその背後にある中國の汚職体質にまで踏み込んだ報道はありません。
 実は、この汚職体質は中國の歴史そのものといっても過言ではないほど、根が深いものなのです。秦代以降、郡県制が敷かれたことによって、『辺境の地』には、皇帝から任命された官吏が派遣され、その地方の権力を一手に掌握していました。
この地方官制度は、優秀な官吏にその政務遂行能力を実地に試させるという面もありましたが、実際には官吏が中央に戻ってくるまでに莫大な不正蓄財を為させる温床となっていたのです。
 中國の古い諺に、「三年清知府、十萬雪花銀」というものがあります。これは、どんなに清廉潔白を謳う者でも、3年間地方で知事をしていれば、銀貨10万両(現在の相場でおよそ2億円!)もらえてしまうという、収賄の常態化を表したものです。そしてその財産は、更に上の高官への「付け届け」として利用され、腐敗した官僚機構の中で我が身の出世とより一層の不法収入へとつながっていったのです。
 同じく古い諺に、「陞官發財」というものがあります。「發財」は、新年の挨拶でも使われるとおり、「金が儲かる」という意味です。「陞」は「昇る」という意味ですから、これは即ち「官位が高くなるほど、金が儲かる」ということなのです。
 現代でも3年間の地方赴任で2億円(1300万元)の収入になるのかどうかは知りません。しかしながら、例えば重慶市では2007年までの3年間だけでも、党・政府職員6788人が汚職や職権乱用などで司法当局・党から死刑を含む処罰を受けています。
 つまり、この悪しき伝統は、大陸中國で現代に至るまで2700年以上も綿綿と続いてきているということなのです。
 勿論、「袖の下」を渡して工事を受注した施工業者は、その契約金額から「賄賂分」を差し引いて、さらに利益を得るために徹底した工費の圧縮すなわち「資材と工期の削減」を行いますから、こうして完成した建造物は、耐震強度どころか、平常時でさえ、床が抜け落ちたり壁が崩れ落ちたりする危険が常につきまとうのです。つい2年前にも、浙江省杭州市で鉄筋ならぬ竹筋コンクリートを使った違法高層建築が発覚しています。
 施主が常に目を光らせている私有大厦では、このようなことはまず起こりません。(華商は「金があってもその使い道にはうるさい」のが常です)
 また、地方政府の官吏自らが入る政府大樓や官舎はこれもまた部下を使って徹底的に工程を監督しますから、手抜きは許されません。
 そうして、結局は一番弱い一般市民、それも子供や病人が入る學校や病院などの「公共施設」が多数倒壊してしまうという惨事を招いてしまったのです。
 無辜の子供たちや病人を死に至らしめた歴代の省政府高官の責任は、徹底的に追求されなければなりません。
(ソース元/iza!ブログ「徒然草」)


下のブログは、HNが中国人名っぽかったんで内部告発に近いんですかね?
中国人の方かどうかわかりませんが、それにしてもよほど現状を知り得てないと
ここまでのものは書けないんじゃないかと思うのですが。
TVや新聞、ネットなんかでも今回の四川大地震災害のニュース画像・映像ってのが
どんどこ出回っていますが、中にはレンガにコンクリートを塗ったものを、
鉄筋コンクリートだ!と施工してたのが倒壊してバレた、っうケースもあります。
オカラだろうが、竹だろうが、中に何か入っているだけマシ。
そういうコントみたいな、冗談の世界がリアルに繰り広がってるのが中国。
そして、その責任はすべてドコにあるか?っていうのが、政府なワケですよ。
金金金…。
そこに目が眩んで、金がないとそうにもならない政治体系こそが、悪。
そしてただ泣くばかりなのは、普通の中国人民なワケ。
さて、中国政府絡みのニュースをもういっこ。


【■日本からの援助を知らせない中国政府■ 】
外国指導者、相次いで四川大地震に支援を表明
 中国の四川大地震に対して、一部の国の政府や指導者および国際組織は13日に相次いで、お見舞いの気持ちを表しました。
 朝鮮労働党の総書記で、国防委員会の金正日委員長は中国共産党、中国政府と被災地の人々にお見舞いの意を表した上で、「中国共産党の指導の下で、中国の人々が一日も早く災害を乗り越えることを期待している」と述べました。
 ベトナム、キューバ、ロシア、モンゴル、タイ、シンガポール、バングラデシュ、韓国、カンボジア、ウルグアイ、ドイツ、フランス、オーストラリアなどの指導者も中国政府と国民にお見舞いの気持ちを表し、救援物資や義捐金の提供などを表明しました。
 このほか、スロベニア、スペイン、チリ、セルビア、チュニジア、オランダ、ニュージーランド、イギリス、イスラエル、ギリシャ、フランス、カナダなどの指導者や外相も相次いで、被害に対してお見舞いの気持ちを表しました。(翻訳:KH)
(ソース元/「中国国際放送局 日本語部」より2008年05月14日)


アメリカですら5000万円という援助金額の中、いち早く5億円を表明した日本。
まぁ、そこは敢えて責めるまい。媚中でも何でもええわいな。
しかし、それを当たり前だと思う中国政府。
それを公表して、自国の反日教育崩壊を招くのを恐れるあまり伏せる中国政府。
そここそが討たねばならん箇所なのは、もう御理解戴けるんじゃないかと。
日本人って意外と良い奴らなんじゃね?
そういう風に自国民が感じ取り始めてしまう事を、ただひたすら恐れる権力者。
政権のコントロールが効かなくなるのだけを恐れる権力者。
権力者が一番怖いのは、権力を失う事だからね。
しかし、もうその破綻が見え始めているのを象徴するニュースを続けて2つ。


【共産党指導部 感動的な報道を】
 中国内陸部の四川省を震源とした大地震で、中国共産党の指導部は、国内のメディアに対して被災者の救出の特に感動的な様子を積極的に報道するよう求めていたことがわかりました。
 これは、中国共産党指導部の1人で党の宣伝活動を担当する李長春常務委員が、12日に主宰した内部会議で出したものです。
 これについて共産党機関誌「人民日報」は14日付けの1面で、李長春常務委員が国内メディア向けに「人民解放軍や武装警察の部隊が国民が災難の危機にあるときに苦難や犠牲を恐れず救援にあたる感動的な場面や、復旧に取り組む当局の活動を強力に宣伝しなければならない」と指示したと伝えています。国営の中国中央テレビは、崩壊した学校でがれきの下に閉じ込められた子どもを救援部隊が助け出す様子を繰り返し放送しているほか、新華社通信も被災者を救出するニュースを写真なども交えて詳しく報道しています。中国のメディアの関係者は、共産党の関係部門から被災地での独自取材を認めないという指示があったために、現地の様子を伝える記事はすべて新華社通信を引用していると話しています。李長春常務委員の指示は、救助活動が震源地に近づき、被害の拡大が確実視されるなかで、災害対策に対する国民の不満や懸念が起こるのを抑え、団結を促すねらいがあるとみられます。
(ソース元/NHKニュース)


【<四川大地震>女性教諭、命投げ出し園児守る】
【成都(中国四川省)鈴木玲子】大地震で倒壊した中国四川省綿竹市の幼稚園で、女性教諭(21)が背中にセメント板を受けて倒れながら、抱えた園児の命を守ったことが明らかになった。新華社通信が13日、報じた。園児が無事に救い出された時、教諭はすでに息絶えており、園長は「子供の命を救った先生は、永遠に我々の元を去ってしまった」と涙した。
 幼稚園には地震発生当時、園児80人余りと教諭5人がおり、園児は昼寝の最中だった。
 園舎が倒壊した後、がれきの中から助けを求める園児らの声が聞こえたが、やがてか細くなり、親たちが周囲から懸命に子供たちの名前を呼び続けた。その後、救助隊によって園児約50人と教諭3人の死亡が確認された。
(ソース元/Yahoo!ニュース)


自国の政府がいかに素晴らしい体制なのか?というのを喧伝するための美談広告、
いわば政治的プロパガンダの工作を指示したという話があったからなのか、
園児をかばって死んだ、という幼稚園の先生のニュースが入った訳なんですが、
そういう政府の小細工うんぬんを抜きにしても、中国人の中にだって
こういう立派な大人がいるワケなんですよ。そんなのは当たり前の話であって。
民主主義の日本人にだって、どうしようもない悪人はいる。
ならば、独裁主義の中国人の中にだって、実に真っ当に生きている善人もいる。
その当たり前の道理を想像出来ないのは、ただの欠陥人間じゃないか?
そんな事も理解出来ないぐらい、俺達日本人は劣っているのか?違うだろ?
中国人は軒並み下劣だ!高尚な日本人と同じにすんな!という方もいるかもしれん。
だけど反論する前に、ちょっとこの画像↓を見てもらいたい。



この画像、新潟中越地震の時の中国でのネット上の書込みだそうだ。
確かに盲目的に中傷する事こそが正義だ!と考えている中国人もいるだろう。
そして残念な事に、その比率が異様に多いのも確かだろう。それは認める。
そんな畜生みたいな外道の中にも、前述のニュースのような善人も確かにいる。
もしかしたら、同一人物だったのかもしれない。
…まぁこれは詭弁だけど、でも目の前の命を必死に守ろうとする善き人間が、
中国国内にゼロじゃない。少ないかもしれないけれども確かにいる。
そこを見誤らないのが、このニュースから読み解くべき点じゃないかと思う。

そんな事言ってもよ、このニュースはどうなんだPOO!?
と叱責されるかもしれない、180度真逆なニュースをココで御紹介。
果たしてコレを知っても、POOは偉そうなコト言えるのかよ!?というニュース。


【被災者が支援物資奪い合い、運搬中の車に殺到…四川大地震】
【綿竹(中国四川省)=牧野田亨、都江堰(同)=竹内誠一郎】中国の四川大地震から3日目となる14日午後、多数の死傷者が出た四川省綿竹市の農村地区で住民たちが支援物資を積んだトラックを止め、荷台の物資を奪い合う事態が発生した。
 地震後、停電と断水が続き、食料が不足するなか、政府の支援が遅れていることに被災者の不満が高まっている。
 14日午後3時ごろ、この地区の幹線道路沿いに住民約100人が集まり、「災害支援」と書かれた横断幕をつけたトラックを無理やり停車させ、荷台に積んであった飲料水を箱ごと奪った。
 住民たちは、その後も車を止めては物資を奪おうとした。一部は支援のトラックが停車したすきに荷台に入り、支援関係者から引きずり下ろされた。制止に入った公安車両の窓ガラスを飲料水の容器でたたく住民もいた。住民の一人は「被災者なのに誰も助けてくれない。(奪って)何が悪い」と怒りをあらわにした。
 当局は、道路沿いに武装警官約30人を配置し警戒を始めた。
 数キロ離れた別の地区では、この日初めて到着した支援物資に住民たちが殺到。支援者の制止を振り切り、ゆで卵や飲料水などを奪った。
 一方、都江堰(とこうえん)市から震源地のブン川(せん)県に向かう道路は各所で寸断され、車両の通行は不可能な状態となっている。(ブンはサンズイに「文」)
 都江堰市郊外では軍が「安全確保」を理由に二重の検問所を設け、一般車両の通行を制限していた。記者(竹内)が、これを徒歩で抜け、3キロほど山道を登ると、高さ約30メートルの土砂が、長さ100メートルにわたって道路をふさいでいた。
 同県まで数十キロの区間に40〜50か所の土砂崩れが起き、途中で車両数十台が立ち往生、険しい山道のために車内の人々が取り残されているという。
 妻を同県に残している都江堰の自営業、徐暁張さんは自家用車の検問通過は許されたが、土砂のため停車していた。
 道路復旧まで待つという徐さんは、「地震後、ブン川(せん)から誰か出てきたという話は聞かない。電話が通じず、妻の安否はわからない」と途方に暮れていた。
(ソース元/2008年5月15日03時14分 読売新聞)


…このニュースの『表面』だけを読んで、だから中国人は!と結論付けるのは、
はっきり言うが、ただのバカのやることじゃないかと思う。
物事の表面だけで全てを判断するのは、とてもとても危険なコト。
このニュース、もう一度よく読んでみてほしいんだけど、
>住民の一人は「被災者なのに誰も助けてくれない。(奪って)何が悪い」と怒りをあらわにした。
ここ。
この台詞の『主語』はなんなのか?という所まで読み解かないと危険だ。
なので少しづつ、この台詞を分解しながら一緒に読み解いて行きたいと思う。
>自分が被害に遭ったのに、誰も助けてくれない。だから奪う。それのナニが悪いのか?
ま、こんな感じか。
こうして文節ごとに分解すると、なんとなく読めませんかね?
この住民の差す、『誰も』の部分が主語になっている、という点を。
この『誰か』がちゃんと助けてくれる、
もしくは、ちゃんと自分を助けてくれると信じれる相手、なのであれば奪わない、
というワケですよね、この文章の裏の意味をひっくり返して読めば。
その誰かを信用出来ない、その誰かはただの市民である自分なんかのために、
お金も出したりとか、汗を流そうとしないだろう、そう思い絶望するからこそ、
短絡的に目の前の救援物資を強奪する、という手段に走らざるをえなかったワケだ。
絶対に自分なんかを、その誰かは救いなんかしない。
そう思ってるから、出て来る台詞なワケ。
その誰かって、ダレ?

…もう書かなくても分かるよね?市民が救ってほしかった相手が誰かって。
まぁ日本人じゃないだろうし、アメリカでも国連でもないわなぁ。
阪神大震災だって、POO達はアメリカに救ってもらいたかったワケじゃない。
自分の住んでるその国、その国で政治を行っている相手に救ってもらいたかった。
しかし社会党は結局何をしたか?何をしてくれたのか?
何にもしなかった。
その、政治に対する絶望感は関西人には凄まじいモノがあったんだけど
そんな絶望感を、常日頃から感じて生きている中国人は、もっと凄まじいんだろう。
だから憎むべきは、ただの中国市民じゃない。
そんな絶望感を日々与えてる政治を憎むべきなのだ。
自国民ですら絶望する政治を行っているのは、はたして誰か?
中国共産党。
それこそを俺達日本人が討たねばならない、真の元凶なのです。
ただの市民を貶めるような情けない、そんな勘違いを決しておこしてくれるな。
討たなければならないのは、その後ろ側で胡座かいてる奴なんだ。
目の前で起きた出来事を、ただ表面だけなぞって判断する。
そういう短絡的な事だけはしない、それが民度ってもんじゃないのか?と言いたい。

最後に、こんなニュースを御紹介。
討つべき相手は、はたして中国共産党だけなのか?違うだろ!というニュース。


【「中国に遠慮があるんじゃないですか?」】
知り合いのカトリック幹部に尋ねたところ、答えは「やはりそう見えますか…」。
 いつもは人権や宗教問題に積極的に発言するカトリックが、チベット問題には消極的です。ローマ法王は当初こそ事態憂慮を口にしましたが、その後は沈黙。バチカンには中国との国交がありません。関係を改善し、念願の大陸布教に乗り出したいという思いが、消極姿勢の背景にあるという見方がもっぱらです。
 日本の宗教界も、いくつかの宗派は抗議の声をあげたり、行動を起こしていますが、全体的には消極的といえそうです。「同じ仏教者への弾圧」を理由に、聖火リレーの出発地を返上した善光寺の決断は、傑出かつ例外的。日頃、中国とのパイプを強調している宗派や教団ほど中国政府との関係を気遣い、無関係を装っています。いつも声高に叫んでいる不殺生、非暴力、対話といった精神は、チベットには関係ないのでしょうか。
 遠藤周作の代表作に、宗教弾圧を描いた『沈黙』があります。神は沈黙を保ちながらも、弾圧を受けた宗教者とともに苦しんでおられました。
 今回の宗教界の沈黙。遠藤作品とは異なり、利己的な沈黙に思えてしまうのです。(卓)
(ソース元/2008.5.14 00:35 産経新聞コラム)


獅子身中の虫。真の敵は、日本人の身内の中にもいる。
そしてそういう奴らは常日頃は、とてもとても耳障りの良い言葉ばかりを吐く。
表面だけを見て、表層だけを聞いて、流されるな。
行間を読め。
そうすれば、世界の真実が朧げだけど少しは見えて来る。
そして、本当に討つべき相手を見つけて、其処に容赦なく攻撃をかける。
そうしなければ、いつまでたっても変化は無い。
俺達の未来は暗いまま。未来ってのは黙って待ってればもらえるもんじゃない。
闘って勝ち取るしか無い。
そのためにも無闇矢鱈に人を憎むな。本当に悪いのは、国だ。
悪い現状を是正してこそ、初めて然るべき未来が待っているんじゃないかと思う。

スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • 00:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
書きたかった事を代弁してくれたのでコメントも無いわwwwwwww


ってのは冗談で。

今の中国の愛国主義、日本への敵対的感情はなぜこんなに凄いのか?を考えると、
やっぱり教育なんですよ。
んじゃその教育を行ってるのはどこのどいつだ?
そりゃ政府共産党って事に。
だから共産党を憎んで中国人を憎まず。
死して屍拾う者無し。

あのよー小学校が生き埋めだとかそんなんイヤだよオレわ。
何があっても人類みな兄弟。
水は命のおかぁさん。すいすいすいすい水曜日。
「水を大切にしよう!」
「いーちーにーちーいーちーぜーんー!」

脱線しまくりんぐ。スマソ。

まーその、綺麗事を言うつもりは無いけどね。
ただうわべだけで物事を判断しちゃダメじゃないか?
中国人も。
日本人も。
みんな。
  • ぷにこ
  • 2008/05/16 1:33 PM
POOさんこんにちは^^

いい記事ですね。
壁の向こう側にいる住人の
心理の紐解きが、阿呆な自分にも
分かりやすくてとても参考になりました。

ネットって言葉がそのまま脳に入るんで、
タバコのニコチンみたいに
いい表現でも悪い表現でも刺激が
あればあるほど脳や心臓にガツンとくる、
から快感なんでしょうね。多分。
いずれも心身にはよくないですが。
(喫煙者談)

最近、今更ですが「バカの壁」を
読みました。(パラパラと)
今更ですが、少しだけ面白かったです。

個人的には既に自分が認識していると
認識している物の中にこそ
常に新しい発想やあるいは真理が
あると思います。

例えばその事柄について、
もう既に認識している物であっても

「いや待て、
  もう一度考えよう、考え直そう」
という機会があれば、やってみる。
日本人であるという認識然り
中国人であるという認識然り
でもそれを考え直すだけで、
実は世界という認識さえガラリと変わること
さえあると、個人的に思います。

うーん、俺は何が言いたいんだ、
まぁいいか・・。

POOさん32万ヒットおめでとうございます
!これからも楽しみにしています。





  • ピース☆
  • 2008/05/16 9:32 PM
俺、今中国にいる。 その例の強奪事件の報道は一切無かった。というより本当に、テレビでは共産党についてのおだて話ばかり。
それと共産党の愛国教育はすさまじいよ?
  • black_moon
  • 2008/05/16 11:41 PM
>ALL
熱いコメント、有難うでっス。
長らくレスできんでスマンっスねぇ〜申し訳なかm(_ _)m



>旦那
なつかしいなぁ、一休さんのCMだっけ?w
ポクポクポク…チーン♪

下のblack_moonさんのコメにもありましたが、愛国無罪って
すさまじいらしいっスね〜、いやいや参った。
その背景には、敵対心や不満を政府に向けられないように
外に向かって誘導するって手口なのは天安門事件なんかでバレましたが
結局、いくら日本に不満のはけ口を求めたって生活が楽になる訳じゃないから
最終的には打倒政権!の流れに行くような気がするのよね。
ロシアの場合は、プーチンが凄いっていうのもあるけど、
結局自国資源が豊かだから不満を取り除けた訳じゃん?
でも中国は石油とかガス、結局日本とかチベットからの分捕りしか
確保出来ないから、きびしいんじゃないかと。
…久々にレスするから、なんかグダグダですまんw
ナニが言いたいか?っていうと、第二の天安門が起こる気がするんっスよ。
ソレを北京五輪〜上海万博の後かなぁと見積もってたんですが
ちょっと早まりそうな勢いだと思うのね。
その時、愛国教育の反動(愛国無罪じゃなくて政権打倒無罪)が
一気に噴出しそうな予想をしてたりして。

…すまん、なんか自分でも何書いてるのか分からんよになったwww
ま、小学生が700人も生き埋めになったっう場合に、しょ〜もない意地張るような
そんな国にはなりたくないっスね、この日本は。



>ピース☆さん
刺激的な言葉が耳に入り易い、っうのはまさに的確な読みかと。
いやぁ〜なかなか分かりやすいフォロー、サンクスですw
いやいや、ちゃんと言いたい事は伝わってますよ!
バカの壁は未読なんで、ちょっと分からないんですが、
ホントその通りだと思うんスよね、物事を観る角度を変えるっうか。
それによって新しく得るモノってのが少なからずあると思うっス。
ただ普通に生活してると、そんな時間ってのが中々ないから、
うちのブログなんかでそのキッカケ作りに利用してもらえるといいかな。
そんなスタンスなんで、こうやってコメントもらえるのは嬉しいですよ♪

…ところで、また休止にした?w



>black_moonさん
どうも初めまして、コメントありがとうございます。
中国現地からの貴重な空気を教えてもらった、
ある意味僕が一番欲しかった処からのコメントなんですが
仕事が忙しくてレスが遅くなって申し訳ない。

2chとかで色々聞いたり読んだりしてただけなんですが、
マジで共産党万歳報道ばっかりなんすか〜ひどいっスなぁ〜…。
何か、政権批判を書き込んだ人が逮捕されたとか報道ありましたが
リアルでその空気感なんでしょうかね、今の中国は。
愛国教育も凄い、ヤバい、と聞きます。
なんとなく想像出来たりするんですが、どれくらいのモノなんですかね?
このブログで色々書くんですが、そういう生の情報って入手出来る訳じゃなく、
2chとか個人ブログ経由でしか入手できなくて、ぜひとも詳しく聞きたいです。
あぁ、質問したいコトが山程思い付いてしまう(苦笑
落ち着きの無い、要領を得ないレスで申し訳ない。
black_moonさんは御自分でブログとかやってないんですかね?
もしやってれば、ぜひお邪魔しにいきたいのですが…。

最後になりましたが、中国は人もそうですが、空気や食糧も色々ヤバい!
と聞いてます。どうぞ御体にはくれぐれも気をつけて、
無事に日本に戻られる事をお祈りしております。
  • POO
  • 2008/05/21 8:08 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
【運搬中】についてサーチエンジンで検索してみると
運搬中 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
  • 気になるキーワードでブログ検索!
  • 2008/05/16 3:22 AM
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM