スポンサーサイト

  • 2016.08.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


冷やし中華、終わりました。



ついこないだまで蝉オーケストラの交響曲がクソ勇ましく鳴り響いてたような気がするが、
今ではあなた、鈴虫合唱団の夜想曲がなんとも風情ある夜になりましたですな☆ミャハ

…む、久しぶりの日記なので、歳に見合った気の利いた言い回しを考えていたんですが、
知恵熱でそうなぐらい必死に語彙を振り絞って出てきた言葉がコレ↑ですよ、ええ。
なんだ、このダダすべりな残念感マンタンな書き出しはぁぁあ!??
なんだよなんだよ、ほんの一ヶ月間ばかしブログを書かなかったぐらいで、
この頭悪いコ的な残念な文章しか出てこない低そうな知性はよぉぉお(←間違ってない

もう八月も終わりの今日この頃、皆様にはおかれましてはいかがおすごしでしょうか?
っか、そんな堅苦しい挨拶もそこそこに、ヨワイ40にして持ってしまった疑問があるんDA。
冷やし中華って、「始めました」はたいていの店で夏前になると見かけるんだが、
「終わりました」って告知は、この40年間一度も見た事がないんだZE?
気が付けば注文時に「あ〜終わっちゃったのよねぇ〜ゴメンねぇ〜」とオバちゃんに言われ、
いつのまにか喰えなくなってたりするのは、いったいぜんたい何なんだZE?
アレか?世界冷やし中華推進委員会なる暗黒組織がその終焉を知られたくないために、
告知しようとする店に一店一店乗り込んで、再教育してまわったりするのかNE?
冷やし中華の潜伏にはいったい、どんな秘密が隠されているってんだ?
何か巨大な陰謀の匂いがするZE…って、こんな時間に誰かが来たようだ、誰だ?
は〜い、ちょっと待ってk


続きを読む >>

SEVEN。


気がつけば、もう今年も後半戦に突入。
早いですな、月日が流れるのが。
どもども御無沙汰でやんス、すこぅしだけ日記的な独白を垂れ流しますですYO!
続きを読む >>

もう、こんなかんじ。


∠(゚Д゚)/イエェェェェェェェェェェェェェェガアァァァァァァァァァァァァァ!!!




まだ、こんなかんじ。


普通だ。
これが現実ってもんだろな。
俺は夢か幻でも見ようとしてたのか。
俺は知ってたはずだ、現実ってやつを。
普通に考えれば簡単にわかる。こんなでけぇやつには勝てねえってことぐらい。
続きを読む >>

いま、こんなかんじ。


あさおきたらとってもてんきがよかったのでまどをあけたんだ。
そしたらきょじんがいた。
こっちみてた。
続きを読む >>

花は桜木。


東京では桜も9分咲き〜満開で花見日和な週末でしたが皆様の地元はいかがですかね。
基本、というか最早確信犯的に「花より団子」思考な四十路なんですが、
さすがに窓から見える春の色彩に誘われ、缶コーヒーと煙草握り締めて独り花見を敢行。
まぁ小一時間ほどで退散するという締まりの無い花見だったのは内緒でもなく。

花は桜木。
美しい花の最上位にはパッと咲いてパッと散る桜がふさわしい、という一休宗純和尚、
俗に言う一休さんの言葉と伝わってますが、それを噛み締めるようなここ最近の東京。
え?男は花道じゃねぇのって?おいおい、それは「SLAM DUNK」じゃねぇか!
全力でふんふんディフェンスぶちかますぞ?(笑

「花は桜木、人は武士、柱は桧、魚は鯛、小袖は紅葉、花はみよしの」が全文。
花の中では、人の中では、とそれぞれのジャンルの最上位を褒め称えているんですが、
その真意は、桜は散り際が、武士は死に際が潔いのが美しい、という
「執着を捨てたその先に在る美」を説いている、ともいわれている言葉でして。
さすがに禅僧、洒落た言葉の中にも大悟に至る極意を潜めているっうのが凄いなぁと。
大悟どころか小悟にすらカスリもしない凡愚な四十路が、
桜をぼんやりと眺めながら思った小春日和の独白、ダラダラッと綴ってみますかいな。
続きを読む >>

会議は踊る。


さぁて昨日で二月も逃げたし、今日から去っていくだけの三月に突入。
なんとなく日中暖かくなってきたこの時期、皆様方はいかがお過ごしでしょうかの。
仕事、恋愛、友人、趣味…なんでもいいんだけど、
全力で去っていこうとする相手に、こちらの思いを届かせるってのは難しいねぇ、ホント。
春をすぐそこに望むこの季節はやがて訪れる喜びよりも、去っていく哀しみに目が行って、
なんとなく切なく、胸が鈍く疼くような、そんな痛みを覚える気がする。
四十路の場合は財布の中身が疼くんですがな、蓄えが少なくなってきて(自爆

そんな季節の移り変わり目に、忘備録としての覚え書きを少し。
多分、面白くないだろうけどオッサンの早春奮闘記、暇潰しに読んでいかれYO!
続きを読む >>

行く、逃げる、去る。


1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。
年度末の慌しさを、昭和生まれな四十路は確か小学校高学年ぐらいん時に、
こんな語呂合わせで覚えさせられたもんなんですが、今時は言わないものなのかね?
とっくに行ってしまった1月を後ろに追いやり、逃げてる真っ最中の2月も半ば。
気が付きゃ世の中は恒例のカカオ祭りな時期ですが、皆様方のご期待を裏切る事無く、
今年もそんなの関係ねぇぜ!とスケジュールカレンダーの空白とにらめっこ。
ウフフそろそろ氏のう!と毎年思いながら、今日も今日とて戯言談義に花咲かせる所存。
おおっそこのお方、暇ならオッサンの独白でも聞いていかんかね?
続きを読む >>

不惑。



POOもとうとう四十路に突入と相成りました。
もう記事文中では一人称「三十路」と書けなくなっちゃいました。何か寂しいのぅ。
これからは自分の事を四十路、と書きますんでそこんとこ宜しく脳内変換下さいYO!
んな訳で、ブログのサブタイトルやプロフィール欄なども一部手直ししました。
一応は節目の記事なんでデザイナーらしい事をやろうと思い、久々にTOP画像を自作。

Don't Deluded.
この英訳が正しいのかどうかはちと微妙な匂いがするんだが「不惑」っスな。
四十路といえばどうしてもこの言葉から逃れられないというか、付き纏ってくるというか。
男も四十歳になれば、戸惑う事も迷う事も無くなるだろ?
ってな、古代中国の哲学者・孔子のお言葉ですが、POOの場合はさぁてどうかな?
不惑の日々に足を踏み入れた男の独白を、ダラダラッと綴ってみますか。
続きを読む >>

謹賀新年。


明けました、おめでとうございます。
2013年は巳年なので、蛇の中でも縁起物の白蛇ちゃんのさらにウルトラ縁起物な画像を、
当ブログにお越し頂いている皆々様に、お年玉としてぺタリ。
今年はとうとう三十路も四十路へと強制ジョブチェンジする、まさに何か起こりそ気な年。
うむ。今んトコ、何の気配もしないんだが、視線だけは遠くの方からなんとなく。
するかなぁ、すればいいなぁ、してよそろそろ(爆
とまぁ、本年もこんな毎度おなじみ変わらずのノリで参りたいと思います。
どうぞ巳年だけに生暖かい眼差しと体温で、ひとつ…
いやいや、ふたつみっつ…よっつかいつつほど、よろしくお願い申し上げますでやんスYO!!!

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
counter
POO_TWEETS
今月の標語。
access analysis
御連絡はこちら。
Powered by NINJA TOOLS
selected entries
categories
archives
recent comment
  • デパートの屋上、少年、袋いっぱいのヌイグルミ。
    さち (04/24)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    POO (04/09)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    しば漬 (04/09)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    POO (03/25)
  • エキスポランド元従業員の独白。
    藤白台 (03/25)
  • “知的障害者”は合法的に犯罪が許されるのだろうか。
    POO (11/23)
  • “知的障害者”は合法的に犯罪が許されるのだろうか。
    三段box (11/23)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    アキゴジ (11/06)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    POO (08/28)
  • 『シン・ゴジラ』劇場観賞レビュー。
    POO (08/28)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM